ピクシブ百科事典

ハドロサウルス

はどろさうるす

ハドロサウルスは白亜紀後期の北米大陸に棲息した鳥脚類。カモノハシ竜を代表する恐竜で、アメリカでは最初に命名された恐竜である。

データ

属名は「頑丈な爬虫類」を意味する。1938年に最初の化石が発見され、1858年に命名された。ドリプトサウルスと並んで、アメリカでは最初に研究・命名された恐竜である。

化石は近縁種と比べて僅かしか見つかっていないため、詳細はあまり分かっていない。しかし近縁種の研究から、全長は7メートルを超え、カモのような嘴と無数に生えた歯で植物を食べていたと考えられている。
因みに化石の発見されたニュージャージー州は、白亜紀当時は内海によって東西に分かれていた北米大陸のうち、東側のアパラチア大陸に属しており、ハドロサウルスはアパラチア大陸の恐竜相を調べるのに重要な存在である。

関連タグ

恐竜 鳥脚類 サウロロフス

pixivに投稿された作品 pixivで「ハドロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389

コメント