ピクシブ百科事典

シャントゥンゴサウルス

しゃんとぅんごさうるす

白亜紀後期の中国に生息していた大型のカモノハシ竜の一種である。

概要

全長12~16m、体重5tほどの大型のハドロサウルス類である。
名前の由来は「山東(中国の地名)のトカゲ」から来ている。
ハドロサウルス科に属する恐竜の中では、最も大きな恐竜である。エドモントサウルスに似たしているが、頭骨は長く幅広、逆に胴体は上下に幅が広いという特徴がある。から尾にかけても隆起部分は、帆になっていたかも知れない。

関連項目

恐竜 鳥脚類 ハドロサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「シャントゥンゴサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154

コメント