2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

白亜紀後期の地層が拡がる中国山東省の諸城で発見され、2010年に「中国諸城の角のある顔」を意味するシノケラトプス・ズケンゲンシスと命名された。同地域ではズケンティラヌスシャントゥンゴサウルスなども見つかっている。

シノケラトプスが発見されるまで、アジアでは「角のある角竜」と言えるケラトプス科の恐竜はウズベキスタンのトゥラノケラトプスしか見つかっておらず、この恐竜は角竜の進化の謎を解く重要な存在である。近年の研究では、ティラノサウルス科や一部のハドロサウルス科と同様に北米大陸で進化してから、ベーリング海峡を通って故郷のアジアへと戻っって来たのではと推測されている。

セントロサウルス亜科の仲間で、全長6~7m・体重約2tと、北米の多くの近縁種と同じくらいの大きさで、鼻の上の1本角と180cmにもなる同系統では最大の頭部が特徴だった。また、カスモサウルス亜科プロトケラトプスにも似た特徴も持っていた。

知名度はスティラコサウルスパキリノサウルスなどに比べるとまだ低いが、2018年の映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ではこれらを差し置いて登場、カルノタウルスと死闘を繰り広げた。
また日本国内でも、2020年に放映された映画ドラえもん第50作『のび太の新恐竜』にて本種をモデルとしたトップというキャラクターが登場している。

関連イラスト

Basal Pachyrhinosaurin
JWStyle-Sinoceratops



関連タグ

角竜 セントロサウルス亜科
シャントゥンゴサウルス ズケンティラヌス
ジュラシック・ワールド/炎の王国 のび太の新恐竜

関連記事

親記事

セントロサウルス亜科 せんとろさうるすあか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23814

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました