ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

白亜紀後期に栄えた角竜の一種。小型の恐竜で、全長1,8~3m程度。モンゴルで発掘された。

後に登場したトリケラトプススティラコサウルスと比較すると原始的で角が未発達なのが特徴。

頭のフリルや嘴の差異から性的二形があったとする説があったが、現在では成長段階の差と考えられている。


尾が上下に平たくヒレの様な形をしており、現在のカピバラの様な半水生だったのではという仮説も存在する(当時の中央アジアには砂漠だけでなく湿地帯も存在したと思われるが、未だ証拠はない)。

集団で生活し、繁殖から子育てまで群れで行ったと考えられている。

肉食恐竜のヴェロキラプトルと戦ったそのままの姿で化石化していた「闘争化石」は有名。


なお、古い図鑑では最初にの化石が見つかった恐竜として紹介されているが、現在ではその卵はオヴィラプトロサウルス類のものだったと判明している。プロトケラトプスの卵の殻は、現在の多くの爬虫類の卵と同じく柔らかかったために化石として残りにくく、2020年になって漸くそれらしき化石が発見された。


4足歩行で嘴を持つことから、古代にこの恐竜化石を見た者の伝聞が幻獣グリフォンの正体だとする説がある。


関連タグ編集

角竜 プシッタコサウルス


始祖マイナソー

関連記事

親記事

プロトケラトプス科 ぷろとけらとぷすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19004

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました