ピクシブ百科事典

プロトケラトプス

ぷろとけらとぷす

白亜紀後期の東アジアに棲息した角竜の一種。

概要

白亜紀後期に栄えた角竜類の一種。小型の恐竜で、全長1,8~3m程度。モンゴルで発掘された。
後に登場したトリケラトプススティラコサウルスと比較すると原始的で角が未発達なのが特徴。
頭のフリルはオスとメスでサイズが異なり、防御だけでなく区別のためであったともされる。
尾が上下に平たくヒレの様な形をしており、現在のカピバラの様な半水生だったのではという仮説も存在する(当時の中央アジアには砂漠だけでなく湿地帯も存在したと思われるが、未だ証拠はない)。
集団で生活し、繁殖から子育てまで群れで行ったと考えられている。
肉食恐竜のヴェロキラプトルと戦ったそのままの姿で化石化していた「闘争化石」は有名。

プロケラトサウルスとは名前を間違いやすい。

関連タグ

角竜 プシッタコサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「プロトケラトプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5230

コメント