ピクシブ百科事典

始祖マイナソー

しそまいなそー

『騎士竜戦隊リュウソウジャ― THE MOVIE タイムスリップ!ドキドキ恐竜パニック!!』に登場する、マイナソーの一体。
目次[非表示]

※本記事には映画のネタバレが含まれています。































全ての始まり


CVスーツアクター:岡元次郎

概要

6500万年前のリュウソウ族ユノから自然発生、最初に地球上に誕生したマイナソー

岩石の様な質感の体表を持つ角竜恐竜人を思わせる外見で、宝石が埋め込まれたリング型のフリルが特徴。鼻先には第二の顔にも見える三日月状の角がある。
宿主は強大な力に溺れて野望に走る父・ヴァルマの行動を傍観するしか出来ない自分の無力さを思い詰めたマイナス感情を抱えており、歴史上初めてマイナソーを誕生させた人物となった。

頭部のフリルにある楕円状の宝石3つから発するリングを連ねる事で、周辺の時間を狂わせてタイムスリップを引き起こす能力を持つ。巨大化後は局所的にタイムホールを発生させる能力も得ている。なお、宿主であるユノが強いマイナス感情を発生させるのをタイムスリップ発動のトリガーとしている様子。
戦闘では鼻先の角からの光線や、巨体とパワーを生かした肉弾戦でキシリュウオーファイブナイツと互角に渡り合う強さを見せる。

活躍

ドルイドン族の妨害により、巨大隕石の迫る地球からリュウソウ族が脱出出来なくなった極限状況の中、暴走を始めたヴァルマの姿に苦悩を募らせたユノより誕生。自身と宿主を遥か未来=現在の地球へとタイムスリップさせる。

未来に飛んだユノは、そこでリュウソウジャー達と出会い心を落ち着かせていくが、彼女がリュウソウジャー5人と話をしている所に始祖マイナソーが出現、リュウソウジャーとの交戦に突入(※タイムスリップで飛んだ先の時間軸が、ユノとマイナソーで僅かにズレていたのだろうか)。
だが、マイナソーを倒せば自分が元の時代に戻れなくなるのを察したユノが大声でリュウソウジャーを制止。するとその感情に反応したのか、マイナソーはユノをリュウソウジャー諸共元の時代=太古の地球にタイムスリップさせ、自身は未来の世界に残った。

その後、元の時代で野望を加速させていたヴァルマにユノがマイナス感情を煽られたのをトリガーに、再度タイムスリップを発動してリュウソウジャー諸共宿主を未来の世界へ飛ばす。更に途中、少しずつ宿主より吸い上げていたエネルギーが溜まって巨大化を果たし、タイムホールを複数発生させ建物等を飲み込ませ始めた。
当然これを見過ごせないリュウソウジャーはキシリュウオーファイブナイツを繰り出し再度交戦。だがマイナソーの激しい攻撃に付け入る隙を見付けられず、更にマイナソーを滅ぼせばユノを元の時代に戻せなくなる事に気付いたリュウソウジャーは攻撃をためらい防戦一方の状況に。

しかし、悲惨な状況の元の時代には帰らなくていいと強がるユノの姿を見たリュウソウジャーは奮起。彼等の操縦でビルの間を軽快に駆け回るキシリュウオーファイブナイツの動きに翻弄、反撃される。
最後はその流れから『ファイブナイツインフィニティレイ』に貫かれ爆散。その際に生じた大きな時空の歪みへ、リュウソウジャー5人はノビソウルで伸ばしたリュウソウケンで引き寄せたユノごと飛び込む事で彼女を元の時代へと返した。


そして、自分達が帰れる可能性は二の次にして過去に飛んだリュウソウジャーは、ユノの心と地球の未来を救うべく、過去の時代を脅かす脅威に立ち向かっていった。

余談

毎年定番の劇場版限定戦隊怪人だが、劇中では2つの時代を繋ぐ舞台装置としての役割が強く存在感は薄め。これはドルイドン族も同じであり、原初のナイトロボであるキシリュウジンその操縦者の敵役として序盤のみの出番となっている。
もっと言えば本映画のメインストーリー構成は『現在(=未来)と過去のリュウソウ族の対立』であり、その繋ぎに本編の敵役が回ると言う大胆な構成が成されている。

関連項目

騎士竜戦隊リュウソウジャー
タイムスリップ!恐竜パニック!! マイナソー ユノ(リュウソウジャー)
ドルイドン族(※厳密には無関係)
ミイラマイナソーネクロマンサーマイナソー:現在のリュウソウ族の女性から自然発生したマイナソー(後者の宿主は死者でもある)。

ギガノイド第3番「時計」恐竜スーパー戦隊第2作目『爆竜戦隊アバレンジャー』においてヒーローをタイムスリップさせた巨大怪人。

関連記事

親記事

タイムスリップ!恐竜パニック!! たいむすりっぷきょうりゅうぱにっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「始祖マイナソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69

コメント