ピクシブ百科事典

マスターピンク

ますたーぴんく

マスターピンクとは、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の登場人物。
目次[非表示]

演:沢井美優

概要

先代のリュウソウピンクでありアスナの師匠。

マスターレッドマスターブルーに比べると優しく穏やかな印象の人物。

ドルイドン族の急襲によりマイナソーが目覚め、当初はアスナやメルト、マスターブルーとともに変身して戦っていたが、神殿の異変により変身が解除されてしまう。
マイナソーの炎からアスナをかばい消滅したが、その魂はピンクリュウソウルに宿った。

それ故死後の世界の住人となっていたが、第21話でまさかの復活を果たす。蘇った理由を聞かれても、はぐらかすばかりだったが…















復活の理由(第21話&第22話ネタバレ)






生者を代償に死者を蘇らせるネクロマンサーマイナソー、それを生んだ宿主は他ならぬマスターピンクその人だった。

死後の世界で、彼女の生き残った弟子たちが心配という気持ちが発端で誕生(自然発生)。
同じく死後の世界にいたタンクジョウに唆されるまま、ネクロマンサーマイナソーは宿主を含めた死者を現世へ還し、それと引き換えに現世の生命をあの世へ引き込むようになった。

マスターピンクはアスナにのみ、自分がマイナソーの宿主だと吐露する。その後、三度蘇ったタンクジョウとリュウソウジャーの戦いを見届け、「アスナならきっとできる」と笑顔で伝えて他の死者たちと共に死後の世界へと戻っていった。


余談

この回ではマイナソーの宿主については、アスナにしか語られておらず、またマスターピンクも問い詰められなければ言うつもりはなかった様子。
何故伏せておくつもりだったか、その理由は彼女自身の「誰かの命を犠牲に生き返らせるなんて、嫌な能力だよね」という言葉に集約されていると思われる。

マイナソーの能力や言動は、宿主のマイナス感情や能力に大きく影響されている。
特に、マイナソーの鳴き声は、マイナス感情に影響するものや宿主の願望に起因している。
つまり、マイナソーが生命を犠牲に死者を蘇らせる能力を持った上で「カワッテー!(=代わりにあの世へ行って)」と鳴いているということは、宿主=マスターピンクが「生きている誰かと代わってでも生き返りたい」と少なからず願ってしまったという可能性が高いのである

もちろんそれも、弟子たちが心配という気持ち故だが、アスナが驚いたのも他のリュウソウジャーたちに説明しなかったのも道理だろう。

現代に関する知識は偏っており、デパ地下は知っていたが、タピオカが何であるかを知らなかった様子。曰く、カエルの卵みたいとの事。(味自体は高評価だった。)カエルの卵を食べた事があるのか、それとも見た目をカエルの卵に例えたのかは不明。余談だが、カエルの輸卵管と卵は普通に食用する国はある。


関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー

月野うさぎ実写版中の人繋がり。なお、マスターブルー中の人運命の恋人であった。これを意識してか、第21話では月と神殿のイメージカットを背景にしてカナロに求婚されるシーンがある。更に、アスナと再会した陸橋の場所は、黒猫ルナと初めて会ったのと同じロケ場所であった。
ハチアマゾン:特撮における中の人繋がり。

関連記事

親記事

リュウソウピンク りゅうそうぴんく

pixivに投稿された作品 pixivで「マスターピンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20598

コメント