ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

スーパー戦隊の戦士で劇中で死亡した戦士の事。話の途中で戦隊のメンバーが一人死んでしまうというなかなか衝撃的な展開であるが、始まりはなんと初代の『秘密戦隊ゴレンジャー』からである。


昭和期ではスケジュールや役者の都合上等の理由等により割と中盤でメンバーの誰かが死亡してしまうという展開が多く、そのため変身者の途中交代がよく行われていた。一方で平成期以降の作品では死ぬ人間は大体がいわゆる後から来た追加戦士番外戦士で、なおかつ死ぬ時期も話が終盤に入るかあるいは戦いが終わった後だったりして、戦隊側の戦力に直接的な問題が出ないよう配慮されている。


なお、そのメンバーが使用していた固有装備はその後、他のメンバーが受け継いで使用する場合もある。


殉職したメンバー

※シリーズ順


※1:最終回で死亡。ただし凱についてはバイラム壊滅後の戦闘とは無関係な出来事が原因であり、厳密には「殉職」ではない。

※2:3人とも第1話で死亡

※3:第30話で死亡。変身したのはハーカバーカから一時的に蘇った第49話


外伝作品


なお、シュリケンジャー及びソノイは殉職しているか疑わしいのでここには含まれない。


元々死亡した状態から登場した者


何故かコミカルなキャラが多い。

なお一度死んで復活していたドラゴンレンジャーはこちらにも含まれる。過去に死亡して、現代で何らかの形で再登場していない者は含まれない(コーサス・ハスティー/オオクワガタオージャー等)。


殉職フラグをへし折った者


実際に死亡確認された及び寿命問題を抱えてた者たちであり、明確な死亡確認されていない者や命の危険にさらされていた程度では含まれない。賢神トリンも元々はこちらに含まれていた。マスターブラックは先代と言う立場が死亡フラグのようで発生しなかったからこちら扱い。ラクレス・ハスティー/オオクワガタオージャーに至っては、第42話にて最期の時と見せかけて一命を取り留めた為、微妙なライン。それどころか逆に自身が生かされて正規メンバー6人が死に急ぐ展開になりかけた。ところが・・・?


余談

関連タグ

死亡 殉職 緑の死亡フラグ 追加戦士

番外戦士

黒い八手三郎

泊進ノ介/仮面ライダードライブ:放送時間帯を同じくする仮面ライダーシリーズにて、文字通り「殉職」した警察官(蘇生したが)

殉職ライダー:仮面ライダー版殉職組

関連記事

親記事

スーパー戦隊 すーぱーせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4537

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました