ピクシブ百科事典

鉄砕

てつさい

鉄砕とは、獣電戦隊キョウリュウジャーの登場人物。
目次[非表示]

※メイン画像の左が普段着で、右は変装姿。

概要

演:出合正幸
1500年前の中国で活躍したキョウリュウジャー
初めて獣電池を使いキョウリュウグレーに変身した人物。
現在はラミレス/キョウリュウシアンと同じ様に、死してなお戦い続ける魂である。

中国の拳法使いであり、頭の硬さが自慢のスキンヘッドの人物。
冷静ながら頑固な性格で、すこぶる頭の固い男とは本人の弁。
キョウリュウジャー達を未熟と判断し、己の相棒である獣電竜ブンパッキーを託すに相応しいか試すべく試練を与え鍛え上げる。

『光と闇、白と黒を象徴する灰色の戦士』の名の通り、自分の弱さを認めた上での強さこそ真の強さであると考えを持っている。
それ故、空蝉丸以外のキョウリュウジャーを認められなかった。
例え試練を突破したとしても、弱さが無いことでそれ以上強くなれない者は不当とする。
しかしそれは、デーボス軍の成長、愛するものを失う恐怖を他の誰よりも熟知しているからこその考えである。頑固であっても冷酷ではない。
実際、弱さを見つけられず森を彷徨うダイゴを、別人(メイン画像の右)になりすましてでも見守り、川へ突き落とした彼を救出しその怖いもの知らずを指摘。「怖いものがなければ駄目なのか?」と呟くダイゴへ「そりゃあそうだよ。山の怖さを知らない登山家なんかいないだろ?」と答え、これが切っ掛けとなってダイゴは自分の弱さ=「戦いで仲間を失う恐怖」に気がついた。

キョウリュウジャーを認めた後は、ラミレス/キョウリュウシアンと共に、獣電竜ブラギガスを探しに向かった。

初登場の時点では坊主だったのが、新撮のOPや弥生と初めて共演するブレイブ29では毛がフサフサになっている(すでに死亡した存在なので成長する筈は無い)。
そのブレイブ29で坊主自体もカツラである事が判明した。

被ってた



彼の子孫

ブレイブ38にて、彼の子孫である津古内真也(つこうちしんや)が登場(出合氏の一人二役)。何と、アミィラッキューロがファンである漫画「らぶタッチ」の作者:青柳ゆうである事が判明した。

当初スピリットパワーが完全に戻っていなかった鉄砕は彼をグレーの後継者にしようと考えた。
が、アミィに代役として病気のファンのお見舞い(ホントはラッキューロの芝居)に行かせた真也に軟弱だと激怒。わざわざ本人の宅まで駆け込み「ファンに真実を告げろ」と彼をファンの許へと向かわせる。しかし、道中でデーボス軍に襲われた女性を無意識だったとはいえ助けた真也の姿に「一瞬でも戦いを躊躇した自分よりも強い」と心を動かされ、スピリットパワーが復活。戦闘後、真也を改めて後継者にしようと考え、「一つ試してみるか」と修行用の箱庭を取り出すが、6人に止められる。しかし、ブレイブ47ではラミレスとともに大地の闇で戦っているトリンの援護に向かうため、彼を新しいキョウリュウグレーに任命した。

ちなみにこの回は鉄砕メイン回なのだが、冒頭のパンクロッカーや中盤の「ご先祖様」と言いつつも仙人だか神様みたいな恰好したりとコスプレでもあったりした。
なお、「なんで中国人の鉄砕の子孫が日本人なの?」と疑問があるかもしれないが、鉄砕が活躍したのが1500年前(日本では大和時代)なので、その後の子孫の誰かが「渡来人として大陸から渡って来た」とすれば説明がつく(ただし、子孫と言っても真也が鉄砕の直系とは限らない)。

余談

その1
演者である出合氏はかつて『轟轟戦隊ボウケンジャー』で高丘映士/ボウケンシルバー、『劇場版 仮面ライダーW』で芦原賢/トリガー・ドーパントを演じている。

銀
TRIGGER



その2
単純に「鉄砕」でpixiv内を検索してみると「鉄砕牙」と混同されてしまう。

その3
カツラだったとはいえ坊主戦士はスーパー戦隊シリーズとしては珍しい(シリーズ初?)。


関連イラスト

【トレス】鉄砕のカンフー
キョウリュウグレー/鉄砕



関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウジャー 拳法家 陰陽
キョウリュウグレー ブンパッキー スピリットレンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「鉄砕」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129349

コメント