ピクシブ百科事典

ブラギガス

ぶらぎがす

『獣電戦隊キョウリュウジャー』に登場する獣電竜の1体。
目次[非表示]

概要

全高:61.6m
全幅:47.3m
全長:101.8m
重量:3500t
スピード:300km/h
出力:1300万馬力
モチーフ:ブラキオサウルス
パートナー:キョウリュウシルバー

ブラキオサウルスが進化した獣電竜賢神トリンの1番の相棒。

ブレイブ18ではキョウリュウグレーの口から語られ、ブレイブ34で初登場した。
獣電竜の中でも特に巨大な体格を持ち全獣電竜の要でもある。

恐竜時代に全ての獣電竜と共にデーボスと、デーボスが生み出した魔神ガドマと戦った。
その際にガーディアンズが倒された事からトリンの制止を振り切り、禁断の技であるギガント砲を使ってデーボスとガドマを封印したが、その反動によって自身もダメージを負い、ガドマの最後の抵抗で地中へと引きずり込まれて封印されてしまった。
そして長き眠りを経て時は現代、キョウリュウジャーが集めた秘石の力で復活した。

全ガーディアンズの親のような存在であり、ガーディアンズがデーボスによって消滅させられた際には涙を流している(この涙によってガーディアンズの肉体の一部は『秘石』となった)。
そのため全身にガーディアンズのレリーフが描かれている。
また、背中にガーディアンズ獣電池を合計13本セットでき、それらの能力を最大限に発動できる。
発動時の音声は『ギガ〇〇!』(〇〇は対応する獣電池の音声)。

プテラゴードンプレズオン同様に単体で獣電巨人ギガントブラキオーに変形可能であり、変形の際『ギガガブリンチョ!』という音声と共に胴体が口のように閉じられる。
コックピットはキョウリュウジャーの基地となっているスピリットベースであり(復活時に一体化した)、変形時に操縦用の台座が現れる。ある意味基地メカである。

余談

ブラキオサウルスがモチーフの戦隊メカは恐竜戦隊ジュウレンジャーの守護獣キングブラキオン、爆竜戦隊アバレンジャーの爆竜ブラキオサウルスについで3体目。
いずれも巨大な体格で他のメカを収納するタイプだが、単独で人型に変形できるのは今回が初。

関連記事

獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウジャー

関連記事

親記事

獣電竜 じゅうでんりゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラギガス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 299586

コメント