ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

全高46.1m(通常時)/49.9m(バトルモード)
全幅34.1m
全長73.3m
重量2100t
スピード350km/h
出力800万馬力
パートナー戦士キョウリュウレッド
モチーフティラノサウルス
待機場所南海の孤島の火山
CV山寺宏一

概要

赤いティラノサウルス型獣電竜。とある島でデーボス軍相手にも勇敢に立ち向かうダイゴと出会い、その力を見極めるため一か月にも渡り戦い続けた末に、彼を相棒と認めた。


だが敵の恐ろしさを知っており、戦いに巻き込みたくない思いが有りすぐに変身能力を与えなかった。仲間思いで熱い性格。鋭い牙を使った噛みつき攻撃が得意。


キョウリュウジンへのカミツキ合体ではボディほぼ全体を担当するが、この合体の際にはやはり噛みつかれるのは痛いのか悲鳴じみた鳴き声を上げている。


容姿

黄色のトサカがチャームポイント。獣電池により戦闘モードへ移行するとこのトサカが展開し、大きさを増す。

スーパー戦隊シリーズでは比較的多くモチーフにされるティラノサウルスだが、羽毛が生えた姿のものがモチーフなのは初。


なお、ティラノ羽毛説は近年提唱されたもので、否定する声も大きいなどかなり割れた学論である(しかもガブティラ自体、羽毛があるのは頭部だけである)


ミニティラ

君の傍にいたいんだ

カーニバル獣電池の力によりガブティラが人の肩に乗れるほどの大きさまで小型化した姿。玩具名によると正式名称は「ガブティラオーバーチャージモード」で「ミニティラ」は通称(最初に言い出したのはアミィ)。


この状態では主に格闘戦を行う他、キョウリュウレッドをキョウリュウレッド・カーニバルへ強化させたりその武器として自身をガブティラ・デ・カーニバルへと変形させるなどの能力も獲得した。


この能力により巨大戦以外でも活躍の場が増えた、戦闘以外にもその愛らしい姿からキョウリュウジャーのマスコット的な存在を確立。

ブレイブ32ノブハル以外がバーカンスによってだらけてしまった際には、戦闘が終わったあとにミニティラの姿でダイゴを叱っていた。


客演

最強メカであるゼンリョクゼンカイオーの技のひとつ「スーパー戦隊全力ジュラシックパワー」でオーラとして登場。同じティラノサウルス型メカであるジュランティラノティラミーゴと共に召喚され、ニュークダイテストに突撃した。


32話の段階では、ステゴッチとドリケラと共にデーボス軍に捕らえられていたが33話にてアミィとプリンスギラの手により救出され、次のレッドの証としてダイゴからプリンスに継承された。


更に34話ではギラ達のチキューにミニティラの状態でついて来ていたことが判明。ゴッドトンボゴッドカマキリゴッドパピヨンゴッドハチと合体し、キングキョウリュウジンとなって巨大化したキンバエジームを撃破した。

40話では、ミニティラの状態で1人サナギムと交戦するドゥーガの援護をするも、ゴッドトンボ達が暴走したため、ガブティラを探しにシュゴッダムにやって来ていたプリンスが、本来トバスピノが持つ「強制カミツキ合体」(あるいはそれに似た能力)を実行し、キングキョウリュウジンになってサナギム達を撃破。戦いが終わるとプリンスと共にプレズオンに乗って地球に帰った。


ガブティラの真の能力

歴代の客演を見たり知っている人は察しているだろうがガブティラには

『他作品であっても胴体と手足が合体するタイプの戦隊ロボの構成マシンならキョウリュウジンの構成パーツとする事が出来る』のである(合体コード等は合体先の戦隊のものに準拠する(※))。

この能力は烈車(トッキュウレッシャー)との合体の際にはガブティラ側が烈車の姿に変わるという非常に適応性が高い物であり余程の事が無い限りガブティラが単騎戦闘を行う事はないと言える。

更にキングオージャーの34話では変形して一部のシュゴッドたちと合体した姿、キングキョウリュウジンとなった。

ティラノサウルスは『暴君恐竜』という意味だが殆どの戦隊マシンが自分の手足という点は悪く見れば暴君と言えるかもしれない。

なおこの能力を応用出来ればゴーカイオーキシリュウオー等、

『本体のマシンとそれ用のパーツのみが必要な最強合体を行う戦隊ロボの余剰パーツを手足として再利用出来る』という夢のある事も出来るかもしれない。

シュリケンジンは揶揄される時に良く

『他のロボの余りをくっつけた様な姿』と言われるがガブティラはリアルにこれが出来ると思われる。

ある意味、理論上はスーパー戦隊が保持する史上最強の巨大戦力と言える。


(※トッキュウオーキョウリュウジンfeat.デンライナーだと「烈車合体」、キングキョウリュウジンだと「降臨せよ、キングキョウリュウジン」になる。)


余談

ナレーターがあのお方のため某海老炒飯が好きな破壊大帝を思い浮かんだ人もいる。


ちなみに『恐竜戦隊ジュウレンジャー』本編の続編及び外伝的作品である『パワーレンジャー・ダイノフォースブレイブ(獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ)』にはガブティラの後釜とも言える獣電竜『ガンティラ』が登場する。


関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー 獣電竜 ティラノサウルス

キョウリュウレッド 桐生ダイゴ

ミニティラ


戦隊レッドが使役する巨大戦力

CB-01チーターガブティラレッドレッシャー

関連記事

親記事

獣電竜 じゅうでんりゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195299

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました