ピクシブ百科事典

トバスピノ

とばすぴの

『獣電戦隊キョウリュウジャー』に登場する獣電竜の1体。
目次[非表示]

概要

全高:49.5m(通常時)/57.2m(バトルモード)
全幅:34.1m
全長:77.6m
重量:2500t
スピード:350km/h
出力:920万馬力
モチーフスピノサウルス

劇場版ガブリンチョ・オブ・ミュージックで登場。
スピノサウルスが進化した存在で一番最初に誕生した獣電竜0番。トリンによると、約1億年前に獣電竜に生まれ変わったと言う。

強大な力の反面その力を制御できず暴走してしまう危険性があり、それに目をつけたデーボス軍は『獰猛の戦騎』の奏でる邪悪な音楽で支配しようとした。
だが、一人の巫女の『祈り歌』によって呪縛から逃れ、戦騎の撃退に成功する。
その後長い眠りについたが、デーボスインされたトバスピノの獣電池でデスリュウジャーに強制的に復活させられ、彼に操られ凶暴となってしまった。
デーボス軍に操られる前からガブティラより荒い性格だったらしいが、とっさの判断ができる冷静さも兼ね備えている。

また他の獣電竜と強制カミツキ合体することが可能で、この力でアンキドンブンパッキーと合体し、スピノダイオーになる。なおスピノダイオーのコクピットは洗脳の影響か他の獣電巨人のそれとは異なり朽ちた柱が並ぶ廃墟のような空間となっている。
なお強制カミツキ合体自体はデスリュウジャーによってもたらされた能力ではなく、トバスピノに元々備わっている能力である事が後にテレビ本編で判明している。

本編での活躍

ブレイブ39で再び登場。
この時は、キョウリュウジャーにトバスピノの獣電池を渡そうと、日本に帰省したMeekoのメロディーで完全復活し、巨大戦ではアンキドン、ブンパッキーと合体してスピノダイオーになり、獰猛の戦騎Dを撃破した。

劇場版限定のロボがテレビ本編と連動しての再登場は、歴代戦隊シリーズ恒例行事である為、ファンの間でも復活するのではないかと前々から噂されていたが、その通りに本格的に味方サイドとして活躍を果たし、ファンに印象を焼き付けた。

また、クリスマス戦では再び登場し、パラサガン、ザクトルとの強制カミツキ合体を披露。

デザイン

頭部と背ビレ以外の胴体部分はガブティラに似ているが、カラーリングは青系統。
バトルモードになると背ビレからブーメランが出現する。

関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック 獣電竜
デスリュウジャー

関連記事

親記事

獣電竜 じゅうでんりゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トバスピノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9125

コメント