ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キョウリュウネイビー

きょうりゅうねいびー

Vシネマ「帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー100YEARSAFTER」に登場するキョウリュウジャー(画像右下)。
目次 [非表示]

概要

Vシネマ「帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー100YEARSAFTER」に登場する100年後のキョウリュウジャーのメンバーで、100年前にキョウリュウレッドだった桐生ダイゴのひ孫のダイくんが、ガブリボルバートバスピノ獣電池と変身する。


その姿は2014年2月8日にyoutubeにて公開された予告映像で初公開された。


後にダイくんは本来の色=赤色を取り戻しキョウリュウレッドとなった為、劇中では何の勇者であるかは語られなかった。

この関係でキョウリュウジャーの中で唯一、最後まで正規変身者が登場せず終わった戦士である(強いて挙げるならデスリュウジャー/獰猛の戦騎Dか)。


トバスピノ獣電池を「変身銃ガブリボルバー」にセットすれば玩具でも変身遊びが再現可能。

それも正式登場前の2013年8月10日(「獣電竜シリーズ00 トバスピノ」発売日)からこの組み合わせで遊ぶ事ができた。


容姿

大まかな見た目は劇場版「獣電戦隊キョウリュウジャー GABURINCHO OF MUSIC」に登場したデスリュウジャーとは同様だが、デスリュウジャーでは赤色だったヘルメット部分のラインが銀色になり、同じく赤色だった二の腕部分も青色になっている。

また、右腕に装着されていた金色の背びれのようなアーマーがないほか胸の金だった部分が通常のキョウリュウジャー同様銀になっている。


戦闘力

デスリュウジャーが使用していたフルートバスターも使用せず、キョウリュウジャーの基本装備であるガブリボルバーが武装となる(一方でガブリカリバーやアームド・オンは使用していない)。

変身者が臆病者かつ自分に合ったカラーリングに変身していないなどの事情が重なり、まともな活躍が与えられずに出番は終了する。この点、劇場版でキョウリュウジャーを苦戦させたデスリュウジャーとは対照的であると言えよう。


余談

紺色の戦士はクワガライジャー以来12年ぶりで、通算2人目となる。

ただし、『手裏剣戦隊ニンニンジャー&スーパー戦隊 超ひみつ300』(講談社)ではシアンの戦士やネイビーの戦士ともどもブルーの戦士扱いになっていた。


スーツは見た目の通りデスリュウジャーの改造。


出番はかなり少なかったが、『レンジャーキーセット 獣電戦隊キョウリュウジャー デーボス』にてレンジャーキー化されており、造形の関係上、肩のフィンはオミットされている。


関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー 帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー100YEARSAFTER

キョウリュウジャー ダイくん トバスピノ デスリュウジャー

関連記事

親記事

ダイくん だいくん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2865

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました