2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

キャッチコピーは同時上映の『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』と並んで「最強決戦、夏の陣。」。戦隊では初の3D映画版も制作された。

本作品以降スーパー戦隊シリーズの劇場版は35mmフィルムからテレビシリーズと同様に「レッド・ワン」によるデジタル撮影に切り替わった。

時系列は不明だが、外道衆の力が活性化する夏の時期に三途の川が増水した事を受けてクサレ外道衆が復活している所から、第二十幕から第二十六幕の間に起きた出来事だと推察される。

本作のボスキャラクターである脂目マンプクの声優には大和田伸也氏、初代シンケンレッドこと志葉烈堂役には合田雅吏氏がそれぞれキャスティングされ、日下部彦馬役の伊吹吾郎氏と並んで、水戸黄門において歴代の格さんを演じた俳優3名が勢揃いしたのも話題を呼んだ。
ちなみに合田氏はかつて『超力戦隊オーレンジャー』でオーブルーを演じた経歴があり、戦隊OBと現役戦隊の競演なのも見所だ。

上映時間は21分とテレビ本編1話分(約23分)よりも若干短く、21世紀の戦隊夏映画の中では最短。なので展開はスピーディーだが、撮影期間は逆に従来より長い時間がかかったそうである。

あらすじ

2009年夏、脂目マンプク率いるクサレ外道衆が侵攻を開始。迎え撃つシンケンジャーの6人だったが、次々と迫り来る大軍勢の前に劣勢に立たされてしまう。

この強敵を倒すためには、300年前に初代シンケンレッド/志葉烈堂がマンプクの封印に使用したとされる"初代秘伝ディスク"が必要となるのだが、肝心のディスクは現在行方不明となっていたのだった。

彦馬黒子達がその所在を突き止める事に成功するが、場所は何とクサレ外道衆が根城にしている中にあった。何とか敵の陣地に潜り込んだシンケンジャーは初代秘伝ディスクを手に入れ、反撃を開始する。

登場キャラクター




余談

後に登場する筋殻アクマロはこの戦いを夏の陣と評しており、第三十一幕では残党のアゼミドロが登場。本編に登場した恐竜折神も再登場している。
ちなみにアクマロ・アゼミドロとも最期は恐竜折神で倒された。アゼミドロはキョウリュウマル天地一閃とダイカイオーミナミの海老刀大名おろしの連撃、アクマロはキョウリュウサムライハオーの十二折神・大侍斬り。
マンプクはストーリー中盤くらいの時期だったので仕方ないとはいえ、モヂカラ大団円や十二折神・大侍斬りなど食らっていたら真の姿になるまでもなく倒されたのではなかろうか。

関連タグ

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 クサレ外道衆
脂目マンプク 恐竜折神 スーパー戦隊映画

オールライダー対大ショッカー:同時上映された『仮面ライダーディケイド』の劇場版。

BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!←銀幕版_天下分け目の戦→エピックON_THEムービー
劇場版炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー←銀幕版_天下分け目の戦→銀幕BANG!!

関連記事

親記事

侍戦隊シンケンジャー さむらいせんたいしんけんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました