ピクシブ百科事典

アゼミドロ

あぜみどろ

アゼミドロとは『侍戦隊シンケンジャー』に登場する敵怪人にして、劇場版に登場したクサレ外道衆の残党である。
目次[非表示]

マンプク様は少しばかり真面目過ぎたのだ。シンケンジャーなど、この俺がすぐに潰してやる。奴等も所詮は人間。人の情こそ弱さ…」

CV:坂口候一

データ

【身長】一の目・194㎝→二の目・49.5m
【体重】一の目・85㎏→二の目・21.3t

概要

クサレ外道衆の残党にして、脂目マンプクの部下だったクサレアヤカシ
泥田坊伝承のルーツとされているアヤカシであり、全体的に苗が生えた泥の田んぼのの様な姿をしており、特に顔から腰にかけての右側の上半身が赤黒い蛭の集合体となっている部分が非常に悍ましい。また、左足の付け根には注連縄の意匠が見られる。

外道衆の例に漏れず卑怯者を地で行く性格をしており、特に女性や子供などの弱者を人質に取って相手を制し、戦わずして勝とうとする最低の輩である。
それでいて戦闘力も相応に高く、口からもヘドロを吐いて攻撃して来る他、数匹の蛭が絡まった様な先端をした巨大な武器「水蛭支鋲棍(すいてつしびょうこん)」を軽々と振り回し、弱った相手に嬉々として襲い掛かる姿は、まさしく腐れ外道の鑑と呼ぶに相応しい。

主君であったマンプクの事を「様」付けで呼んでいる辺り、当人が斃れた後も忠誠心はそれなりに持っている様だが、上記の台詞にある通り「真面目過ぎた」性格と言うのが彼の評価の様だ。

劇中での活躍

マンプクの死後、骨のシタリに拾われて行動を開始。シンケンジャー打倒の為だけに某所にある病院を占拠すると、其処で入院していた少年の坂井竜也を人質に取り、同病院に勤める看護師の山崎彩を脅してシンケンジャーを罠に嵌めようと目論む。
更に予防策として源太からスシチェンジャーを取り上げて彼も人質に取り、「邪智之谷」へとシンケンジャー達を誘い出そうとする。
大勢のクサレナナシ連中が源太達を包囲する中、人質がいればシンケンジャーは手も足も出せないとして、誰かの為に戦うのは弱い事だと嘲笑うアゼミドロだったが、そんな彼等に対してシンケンジャーはダイテンクウによる空襲を決行した為、これによって形勢は逆転。
源太を解放されてそのまま6人揃ったシンケンジャーにクサレナナシ連中と共に蹴散らされると、止めとしてハイパーシンケンレッドのキョウリュウマルの斬撃を喰らい倒される。

その直後に二の目となって巨大化すると、今度はダイカイオーニシを人質に取ると言う相変わらず外道な人質戦法を見せる。だが、これに対してシンケンジャー側は主君のマンプクを倒した因縁の恐竜折神を召喚。その奇襲を受けて人質を解放してしまい、最期はキョウリュウシンケンオーのキョウリュウマル天地一閃とダイカイオーミナミの海老刀大名おろしを連続で受け爆散した。

余談

モチーフは田んぼ。そして名前の由来も、畔(あぜ)と深泥(みどろ)と言う泥田坊らしく田んぼに因んだネーミングとなっている。

作品内に於ける『泥田坊』の伝承も、アゼミドロの特徴的な左半身だけを「全身」と勘違いした者が恐怖の余りにその様に言い伝えてしまった事がルーツだとされている。

『百化繚乱[下之巻]』にて、デザインを担当した篠原保氏によれば、「鳥山石燕の画集『今昔百鬼拾遺』の泥田坊の横顔をそのまま取り込んだ」らしい。

声を演じた坂口氏は前作の『炎神戦隊ゴーオンジャー』でもヤタイバンキ役で出演していた。次回作の『天装戦隊ゴセイジャー』でもタイマーのバクトフージERと言う和風っぽい敵怪人の声を担当する事となる。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ クサレ外道衆 泥田坊

脂目マンプク:主君

ドロタボウ(カクレンジャー):『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した大先輩。
ドロタボウ(魔化魍):『仮面ライダー響鬼』に登場する泥田坊繋がりのライダー怪人

ケサランパサランのペサラン挫次回作に登場する蛭モチーフの怪人。

関連記事

親記事

アヤカシ あやかし

兄弟記事

コメント