ピクシブ百科事典

脂目マンプク

あぶらめまんぷく

映画「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」に登場するクサレ外道衆の頭目。※メイン画像の右の人物。
目次[非表示]

「おのれ!2度も封印されて、たまるかぁ‼」

CV:大和田伸也

概要

映画『銀幕版 天下分け目の戦』に登場したクサレ外道衆の頭目。
300年前に初代シンケンレッドこと志葉烈堂との激戦の末、封印されるも、になって三途の川が増水し、封印された場所が浸水した事により封印が解け、復活を果たした。

その実力は外道衆の頭・血祭ドウコクが素直に認める程の高い物であり、また彼に対しても馴れ馴れしく本気とも取れるような際どい冗談を言うなど恐れ知らずで、底の知れなさを垣間見せるが、一応上下関係は弁えている模様。

武器として『采配形戦斧』という名の戦斧を携帯しており、また等身大の姿は仮の姿であり、一度斃されても、二の目の力で復活し巨大化した際に初めて真の姿を曝すという独特の特徴を持っている。

劇中では一万の軍勢と共にこの世に侵攻し、その圧倒的な物量をシンケンジャーたちに休みなくぶつけ続けるという「大軍勢による力押し」という極めて全うな作戦により彼らを追い詰めるなど軍師としても優れた才覚を見せつける。(劇中冒頭の時点で既に三日が経過しており、シンケンジャーはボロボロになっていた上、ゴールドに至っては折神が出撃できない状態に追い込まれていた。)
また他の外道衆とは違い、最後まで戦い抜く事を選んだシンケンレッドの勇敢さを褒め称えるなど堂々とした武人の顔をも併せ持つ。そのため、後に登場する彼の部下であったアゼミドロは「外道衆としては真面目すぎた」と評していた。

激闘に次ぐ激闘の末、彼が本拠地としていた場所に隠されていた初代秘伝ディスクを手に入れ、さらに自身に刻まれていたモヂカラを合わせる事で解放された『キョウリュウマル』の斬撃によって大ダメージを負う。更にクサレナナシ連中をも一掃され、5人の斬撃を一斉に喰らい倒されるも、その瞬間に二の目で復活。真の姿をさらけ出し、彼らを追い詰めるが、最期はキョウリュウマル天地一閃の直撃を受け、今度は封印ではなく完全に滅ぼされるという結末を迎え、この世から消滅した。

余談


  • 七福神をモデルにしている外道衆の幹部怪人たちの例に漏れず、彼のモチーフは七福神の一柱である布袋様。

関連タグ

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 血祭ドウコク 骨のシタリ 薄皮太夫 腑破十臓 筋殻アクマロ

pixivに投稿された作品 pixivで「脂目マンプク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94

コメント