ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

脂目マンプク

あぶらめまんぷく

映画『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』に登場するクサレ外道衆の頭目。
目次 [非表示]

「武士の情けだ クサレナナシなどではなく 拙者自ら地獄へ送ってやろう!! 怨むなら、拙者を完全に葬れなかった先祖を怨め……!!!」


CV:大和田伸也 / スーツアクター日下秀昭清家利一


概要編集

映画『銀幕版_天下分け目の戦』に登場したクサレ外道衆の頭目。

武士のような古風な喋り方をしており、一人称は「拙者」。


恰幅のいい武将のような姿をしているが、この外見は言わば鎧のようなもので、真の姿は腹部に鋭い牙の生えた長い「首」を持つ悍ましい外見の魔人である。武器として『采配形戦斧』という名の戦斧を携帯しているが、真の姿になるとこの首をアームのように伸ばして攻撃する。


300年前に初代シンケンレッド/志葉烈堂と戦うも封印という形で敗北。その後は長い雌伏の時を過ごす事となってしまうが、夏になって外道衆の総大将・血祭ドウコクの力が増幅し、その影響で三途の川が増水して封印された場所が偶然浸水した事で復活を果たした。


その実力はドウコクも認める程に高く、烈堂も勝利こそしたもののマンプクを倒しきる程の力は無く封印するしかなかった。しかし、その実力故の過剰な自信から復活後はシンケンジャーを追い込んだのを良い事に、六門船に大将気取りで居座りだした為に薄皮太夫骨のシタリからは疎まれている。さらに彼等に対して「シンケンジャーを倒したら“家臣への褒美”としてこの世をドウコクに譲る」という、下剋上を示唆するような際どい発言までしているが、流石にドウコクに敵わない事は弁えているらしく、ドウコクが船の奥から直接出てきて牽制されると「いや、これはご無礼を。」とすぐに撤回している。

ちなみにスーパーヒーローズの漫画版では、明確にドウコクに対して下剋上を目論んでいる心理描写があり、現世を支配した暁にはドウコクを消して三途の川も支配しようと企んでいた模様。


性格は、その高い実力もあってアヤカシの中でも取り分け自信家で、前述通り幹部達の前でも傍若無人に振る舞っていたが、その一方で外道衆にしては珍しく最後まで戦い抜く事を選んだ志葉丈瑠/シンケンレッドの勇敢さを認めるなど、戦いにおいては堂々とした武人肌の一面を見せた。しかし、なまじそういった武人肌な面もあって、慢心してシンケンレッドと真正面から戦おうとした事が、最終的には彼の敗因となっており、その為に後に本編に登場した残党のアゼミドロからは、一応敬称付きで呼ばれてはいたものの「真面目過ぎた」と一蹴されている。


ただし、あくまでも武人らしい一面であり、前述した真の姿となった途端に荒々しい言動に変わる他、シンケンジャーに対しては「先祖も倒せなかった拙者を倒せるものか」「怨むなら拙者を倒せなかった先祖を怨め」などと、事ある毎に烈堂の事をあげつらって嘲笑っている。

この事からも、彼等や烈堂の事をある程度は認めつつもあくまで見下しており、同時に烈堂に封印された事をかなり根に持っている事が窺える。まあ所詮は「外道」である彼が本当の意味での武人である筈もないので当然だろう。


作中での行動編集

劇中では、クサレナナシ連中やクサレノサカマタによる総勢1万の大軍勢を率いてこの世に侵攻し、その圧倒的な物量をシンケンジャー達に休みなくぶつけ続けるという、「圧倒的な大軍勢による力押し」というシンプルながらも強力な作戦によって彼等を徹底的に追い詰める。

冒頭の時点で既に三日が経過しており、彼等が水切れを起こして撤退した僅かな間で回復や立て直しをしなければならないシンケンジャーは、身体もモヂカラも消耗してボロボロになっていた上、シンケンゴールドは連日の戦闘で折神も使えない状態まで追い込まれてしまい、これによって最大戦力であるスーパーシンケンジャーダイカイシンケンオーも使用できなくなる。


しかし、丈瑠達に彼が拠点としていた場所に隠されていた初代秘伝ディスクを入手され、さらに自分の力への過信と既にシンケンジャーを消耗させていた事への油断から、本陣に斬り込んできた丈瑠と直接自身が戦った結果、丈瑠に戦いの中でディスクに残されていた烈堂のメッセージの真意に気付かれ、実はマンプク自身の身体に刻まれていた“力のモヂカラ”を合わせた事で、『キョウリュウマル』が解放され、完成した『ハイパーシンケンジャー』の攻撃で大ダメージを負う。

更に、周囲のクサレナナシ連中もロープのように伸びるキョウリュウマルでまとめて一掃され、そのままメンバー五人による一斉攻撃で倒され一の目を潰されてしまう。


二の目では、テンクウシンケンオーの天空唐竹割りで斬り伏せられ、勝負あったかと思いきや真の姿に変身して腹部の第二の首を伸ばして反撃。虎、舵木、兜折神を吹き飛ばす威力に加えて胸部からの光線を放って彼等を追い詰める。

しかし、烈堂がディスクに遺した遺志とモヂカラを受け取ったシンケンジャーは恐竜折神を召喚し、それに対して再度首を伸ばして攻撃を仕掛けるが、逆に恐竜折神の一撃で首を喰い千切られて大ダメージを負う。さらに300年の時を超えて烈堂とモヂカラをシンクロさせた事で、恐竜折神を侍武装して新たにキョウリュウシンケンオーを完成させる事に成功する。

 

「おのれ……二度も封印されてたまるか!!」

 

「封印じゃない!! お前を倒す!!!」

 

この期に及んで、シンケンジャーが自分を倒せる力を得る事を全く想定できていなかったマンプクは、そのままキョウリュウシンケンオーのキョウリュウマル天地一閃で斬り倒されて敗死。シンケンジャーは初代が果たせなかった「脂目マンプクの打倒」を遂に成し遂げたのだった。


余談編集


関連タグ編集

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 クサレ外道衆


銀幕版_天下分け目の戦


ゴズナグモ:TV本編で登場したアヤカシであり、ドウコクに対して下剋上を目論んでいたアヤカシ繋がり。さらに一人称や喋り方や第二形態を持っていた点も同じである。ただし、マンプクの第二形態は真の姿なのに対して、こちらは無理矢理力を流し込まれた暴走形態である。


フタガワラ:同じく二の目になって初めて真の姿に変わる特性を持つアヤカシ。ただし、彼と違ってマンプクには他の外道衆の幹部相当と同様にモデルになった妖怪はいない。


サラマンダー男爵翌年度のプリキュアの秋の劇場版に登場。こちらも初代(プリキュア)によって封印された敵である。


弓張重三和風モチーフの戦隊の劇場版の敵で、恐竜モチーフの劇場版限定ロボに倒された点が共通している。


スーパー戦隊劇場版ラスボス

魔鬼脂目マンプク超新星のギョーテンオー

関連記事

親記事

クサレ外道衆 くされげどうしゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 734

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました