ピクシブ百科事典

フタガワラ

ふたがわら

フタガワラとは『侍戦隊シンケンジャー』に登場するアヤカシの1体である。
目次[非表示]

「お前等ぁッ、食事の邪魔をするな!」
CV:小谷津央典

データ

【身長】一の目・209㎝→二の目・52.0m
【体重】一の目・91㎏→二の目・22.0t

概要

鬼瓦の様な、埴輪の様な姿を持つアヤカシ筋殻アクマロの5人目の部下で、『ぬりかべ』伝承のルーツとなっている。
まるでハンマーの様な頭部に巨大な腕をしており、頭と腰の辺りからもコードの様な物が何本も生え、同時に縄文土器の様な複雑な文様が刻まれた外見を持つ。全体のカラーリングも、頭部を含む胴体は黒ずんだ灰色で所々青いが、四肢は赤錆色となっている。

両手が口になっており、文字通りに手当たり次第に何でも食べるが、これは単なる下準備の為の行動であり、その真価は二の目になって巨大化した時に発揮される。
そして二の目になると同時に、それまでの食事によって体内に蓄積された栄養を一気に使い、両腕を身の丈を超えた頑強な鬼瓦へと変貌させる。
この鬼瓦は固く閉じる事であらゆる攻撃から身を守る鉄壁の盾となり、その両目から発射する不気味な光線で周囲を焦熱地獄にする事も出来る。他のアヤカシの様に武装して使う武器は持ち合わせていない物の、強いて挙げれば二の目で顕現するこの鬼瓦こそが彼の最大の得意武器であり、同時に最強の防具と言っても過言では無い。

劇中での活躍

現世に現れると二の目に備えて只管に周囲の物を食べ続け、腑破十臓薄皮太夫のサポートもあり、満腹になるまで食事を続けて行く。
その過程で流ノ介ショドウフォンをも食べてしまうが、満腹になったところで十臓達の攻撃を受け倒される(※その直前、スーパーシンケンレッドが右腕を切り落とし、ショドウフォンは取り戻せた)。

その直後、二の目となって巨大化し、同時に両腕が巨大な鬼瓦となった真の姿へと変貌。
ダイカイシンケンオーの攻撃を完璧に防御し、鬼瓦の打撃と両腕のパンチで圧倒するが、全ての折神を全侍合体させたサムライハオーが誕生し、虎ドリルと海老バサミを耐え切るが、ダイシンケン覇王斬りには耐え切れずに怯み、最期はモヂカラ大弾円を受け爆散した。

尚、彼もまたドクロボウクグツカイハッポウズの3体同様、アクマロが真の狙いをドウコク達に悟られない為の囮に過ぎず、アクマロの計画はまた最終段階に1歩近付いた。

余談

モチーフは鬼瓦埴輪で、名前の由来は2つの瓦

現代の伝承に於いて、『ぬりかべ』は正体の不明な人間を遮る壁の様な化け物らしいが、フタガワラが二の目となった際に不動の壁其の物となった姿がそのルーツになったと思われる。

10年前の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でも、ゴレムサイマ獣と言う巨大化後に姿が変わる怪人が登場しており、1度倒されて命を落としてからの巨大化と言う点も共通しているが
あちらは巨大化後に自我を失うのに対し、フタガワラは自我を失っていないと言う差異が有る。

声を演じた小谷津氏は2004年の『特捜戦隊デカレンジャー』でティタン星人メテウスを演じて以来5年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ ぬりかべ

ヌリカベ(カクレンジャー):『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した大先輩。
妖怪ヌリカベ:『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場した後輩。
ヌリカベ(魔化魍):『仮面ライダー響鬼』に登場するぬりかべ繋がりのモンスター。

タグレドー:『星獣戦隊ギンガマン』に登場する怪人で、こちらも自身の能力の発動に食事が必要な点が共通している。
ザキュラ2年後に登場する怪人で、こちらもヒーローの変身アイテムを飲み込んでしまう大食いの怪人。

関連記事

親記事

アヤカシ あやかし

兄弟記事

コメント