ピクシブ百科事典

シールドオーガ

しーるどおーが

シールドオーガとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエスト7』。両手に観音開きするドアのような盾を持ったモンスター。例えるならば、キン肉マンジャンクマンだろうか。そのドアのような盾には、魔人の顔が彫られており、そこから氷の息を吐いて攻撃することがある。外見通り守備力が高く、「におうだち」や「だいぼうぎょ」で守りを固めてくる。通常攻撃はキック攻撃で、扉のような盾を使って挟んで攻撃することはない。『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードⅡ』にも登場、両手に持っている盾で相手を挟んで攻撃する「シールドクラッシュ」と原作でも使用した「氷の吐息」。僧侶と組むことで、「シールドクラッシュ」が「鉄壁の守り」に変化する。
この技は、攻撃を受けるたびに守備力が上がる技である。ドラゴンクエスト10では、オーガキングとたてまじんと共にシールドで攻撃を防御する能力が追加された。

シールドオーガ系のモンスター

オーガキング
魔人の盾が封じられてると言われている盾を持っているオーガ達の王。その盾から、怪しい瞳や凍える吹雪を使ってくる。もちろん防御もする。見た目からして守備力が高そうだが、周囲のモンスターと比べてそれほど守備力が高いわけではない。ちなみに、見かけに寄らず小心者らしい。

たてまじん
ドラクエ10で登場した、シールドオーガの下位種。盾には魔人の顔が彫られてない。防御力は高めだが、「シールドバッシュ」というダメージを与える上に相手を吹き飛ばす効果がある技を使ってくる以外は特にいやらしい攻撃を仕掛けてこない。しかし守備力は高め。これまで散々な魔人人生を送ってきたが、でかい盾を得て再起を図ろうと決意した魔人である。

謎の武装兵
クエスト「修羅への道」で戦うことになるモンスター。外見はシールドオーガに似ている。
使用技は「あやしいひとみ」、「だいぼうぎょ」、「つめたいいき」、「シールドバッシュ」。

マッスルオーガ
3DS版ドラクエ7で追加されたモンスター。盾を持っていないシールドオーガのような外見をしているが、実は守備力はシールドオーガとオーガキングより高めである。
使用技は「せいけんづき」と「すてみ」。

じごくのドアボーイ
オーガキングの転生モンスターで、地獄の門を開け閉めしてくれる礼儀正しい紳士な魔物。見かけによらぬ温厚な人柄だが怒ると扉ではさんでくる。誰であろうと地獄に招き入れるウェルカム精神の持ち主。ドアのような盾には顔が付いているが、トゲ状のものがついてない。倒すと「地獄扉番ハンター」という称号がもらえる。
使用技は「痛恨の一撃」と「大ぼうぎょ」と「シールドバッシュ」と「盾ガード」

れんごくの番兵
ドラクエ10(Ver.3.0)に追加されたモンスター。工房両面のバランスが優れた戦闘のプロフェッショナルで、試練を与える存在として人々の前に立ち塞がってくる。

関連タグ

ドラクエ ドラゴンクエスト オーガ

pixivに投稿された作品 pixivで「シールドオーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21207

コメント