ピクシブ百科事典

ベビーサタン

べびーさたん

ベビーサタンとは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

ドラゴンクエストⅢで初登場した。
手にフォークのような武器を持った(トライデントと見せかけて本当にフォークっぽい形状)
かわいらしい姿のイタズラ好きの悪魔系モンスター。
一部の作品での図鑑解説文などによると、これでも上級悪魔の子供らしい。

登場するのは決まって序盤~中盤にかけてだが、その段階でイオナズンザラキメガンテといった強力な呪文を唱えて来るので一瞬驚くが、
MPが足りず絶対に失敗してしまうので驚かされるだけである
DQ8以降では、呪文を使おうとして失敗すると
そのまま横にコテンと転ぶかわいらしいモーションが付いた。

しかし、呪文が使えなくても悪魔は悪魔。初登場時から氷の息の使い手であり、
一番弱い15ダメージ前後のバージョンとは言え全体攻撃してくるために注意が必要。
特にDQ3ではスライムつむりとセットで現れる事があり、スライムつむりの
ラリホーで眠った所にこれを連打されると結構危険である。
後発作品では氷の息系の技の再編等で技名や使用時のメッセージは変わっているが、
呪文失敗という実質的な無駄行動が多い代わりに氷の息系を使うという点は変わっていない。

基本的にこのような扱いだが、ドラゴンクエストⅩではver2.0~で登場と、
実装が遅れた為に若干強くなっており、冷たい息は凍える吹雪に、
イオラを使用可能になっている。仲間にするとMPが成長するため、
前述のような強力な呪文も使用可能になる。

実は登場作品はDQ3、DQ4、DQ8、DQ10と意外と少ないのだが、
カジノで遊べるトランプゲームのジョーカーの柄として登場している事や、
色違いモンスターが代わりに登場している作品もあるため存在感はそこそこあったりする。

また、このかわいらしい姿からはとても想像が付かないが、親の上級悪魔は
アークデーモンである事を匂わすような描写が多い
(確かに、イオナズンを使うし武器も三叉の槍だが…)。
特にDQMシリーズではベビーサタンとアークデーモンに共通する特性を持っていたり、
図鑑などでアークデーモンの子として断定されていたりする。

ちなみにドラクエⅢに登場する町「アッサラーム」の魔法の鍵を入手した後に入れる民家に夜訪れるとこいつがいる。
台詞によると猫に化けて侵入したつもりが化け損ねた模様。
また余談として、FC版同作の格闘場のモンスターとしても登場するのだが、
どういうわけか格闘場ではザラキのMP消費がなくなっているためにベビーサタンがザラキを使う事がある。
使用頻度が高いわけでもなく、更に使用したとしても成功するかどうかは運任せなのだが
格闘場の2強モンスターと言えるエビルマージひとくいばこに勝つ事が稀にあり、
ある意味ダークホース的な枠となっている。

なお、トルネコの大冒険シリーズではトルネコからアイテムを盗むモンスターとして登場している。

ベビーサタン系のモンスター

  • つかいま

魔王の手下が偵察のために地上に放つというスパイであるモンスター、なのだがよく任務を忘れて遊んでしまうことが多い。しばらくナンバリング作品に登場できなかったが、Ⅹで久しぶりに登場した。

  • ミニデーモン
小悪魔みたいな見た目とは裏腹に強めの呪文が使える悪魔で、メラミを唱えたり冷たい息を吐いて攻撃してくる。ドラクエ5の時の外見はベビーサタンと同じ姿。

  • わんぱくサタン
リメイク版Ⅶでトクベツなモンスターとして登場。体色はベビーサタンと同じだが、フォークの代わりにスプーンを持っている。見た目に反して「凍える吹雪」と「ザラキ」を連発してくるVIデススタッフを連想させる非常に危険なモンスター。

  • ベビンゴサタン
Ⅹに登場するベビーサタンの転生モンスター。ビンゴ好きのベビーサタンが連戦連勝を重ねた末に変身したものらしい。ハッピーブレスを吐いてくる。左手のフォークは突けば突くほどツキを呼ぶ縁起物で、ビンゴに勝てるとウワサが流れ突かれたがる冒険者続出中らしい。まぁ、当然ゲーム内では特に影響はないが。

  • ベビーりゅうおう
星のドラゴンクエストの期間限定イベント『星の夏祭り』で登場したりゅうおうのお面をつけているベビーサタン。

その他

4ではこれによく似た使い魔みたいな者が天空の城にいて、主人公たちに貴重なアイテム「せかいじゅのしずく」をくれる。

関連タグ

DQ 悪魔 モンスター アークデーモン
イオナズン ザラキ メガンテ

関連記事

親記事

ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 どらごんくえすとしりーずのもんすたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベビーサタン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100781

コメント