ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大きく丸いに、いかつい顔が付いたモンスター。

初登場したのはDQ3だが、元々はDQ2用にデザインが描き下ろされたが容量の都合などで登場できなかったモンスターの1体だったらしい。
書籍に掲載されているスケッチ時点では「ロック」というそのまんまの名称。

基本的に不気味な微笑みを浮かべているだけであまり活動的ではないモンスターだが、HPが低下すると【自分の命と引き換えにすべてを吹き飛ばす】自己犠牲呪文メガンテを使ってこちらのパーティを半壊~全滅させてくるというまさにトラウマモンスターの代表格。
ステータスはとても低いが、HPだけはかなり高いために下手に全体・グループ攻撃を使うとこいつらのHPを1/4にしてしまい、メガンテを使われるという中々嫌な奴である。

ただし、上述の通りメガンテの使用条件を満たしていない時は無駄行動がとても多い、というか初出のDQ3~DQ4の時点では笑っているだけで本当に何もしないモンスターだった。
DQ5以降ではマトモなステータスが与えられ、通常攻撃や強化攻撃を仕掛けてくるようになったが相変わらず笑っていたり様子を見ているという無駄行動の確率が高いほか、出現時に眠っていたりする事もある。

ばくだんいわだけにしたら一斉に攻撃を叩き込み、自爆させずに倒せば良い…はずなのだが、バランス調整の関係でばくだんいわのHPが低くなっている作品の場合、少しでも削れてしまうと自爆の可能性が出てくるうえ、特にDSリメイク版DQ6ではそもそも自爆するボーダーラインが従来の1/3や1/4ではなく、2/3に変更されているなどちょっとでもショックを与えると爆発するのでかなり注意が必要である。
加えて、DQ3とDQ4ではモンスターの行動はターンの頭に決定されていた為に自爆する可能性があるのは最速でも次のターンだったのがDQ5以降では倒しきれないとその低い素早さを活かして後攻メガンテをしてくる作品もある。

こうした特性を持つため、下手に触らず後回しにしたりMPを奪って0にする(メガンテはMP1を必要とし、所持MPも低いため)といった手段であれば比較的安全に対処しやすい。ニフラムラリホーなどが効く事も多い。
自信が無い、消耗を避けたいといった理由があるならば、いっそ逃げるのも一つの手。特にゲーム初心者は逃走に忌避感を持ちやすいが、全滅するよりはマシなので、一考すべき手段である。

DQ5』『DQ6』では仲間にすることが可能であり、一匹目の名前は共通して「ロッキー」となる。
二匹目以降は、5のSFC版が「ドッカン」「よんいち」「がんすけ」、PS2版以降が「ドッカン」「ヌマージ」「コジマン」、6が「ヤマーナ」「マック」「いわお」となる。
ステータスはどちらも力とHPが高め。

DQ7』では、過去のルーメン編に「ロッキー」という名前のばくだんいわが登場する。

4コママンガ劇場などの二次創作では、ラスボスも裸足で逃げ出す最強のモンスターと設定されることが多い。
ばくだんいわ=自爆という印象が強いのは、ゲーム本編よりも4コママンガ劇場の印象が強いのではないかという説もある。

「モンスター物語」ではバラモスが自らの居城を築いた際に、余った石材に対して魔力によって命を吹き込んだという出生になっている。ちなみに、このお話のラストは魔王が生み出した存在にもかかわらずちょっといい話。

不思議のダンジョンシリーズではHPが少なくすると動きを止め、さらに少なくなると自爆する。
巻き込まれるとモンスターやアイテムは全て消滅し、自分はHP1になる。(HP1のときに巻き込まれると死亡。)

ドラゴンクエストビルダーズではダメージを与えると動きを止め、「メ」「ガ」「ン」「テ」の詠唱の後に自爆する。
自爆するまで時間がかかるため、HP3/4以下という早い段階で詠唱を始める。
自爆によってプレイヤーや建築物に大ダメージを与えるという、『Minecraft』でいう「クリーパー」ポジションになっている。
2ではランダムで出現しなくなったことや拠点の近くに出現しなくなったこともあり、近くに行かない限りはほぼ無害なモンスターになった。

個別での活躍

ダイの大冒険

暗黒闘気により偽りの命が吹き込まれた岩石生命体として登場。 氷炎魔団の構成員で、バルジ島の中央塔の入り口で密集していた。 もちろん、これはただ密集してるわけではなく侵入者が刺激を与えてきたら自己犠牲呪文(メガンテ)を発動して侵入者を完全に倒すための罠としての役割を担っている。

敵・味方の識別能力もないため自分に危害を加えた者が、自軍の勢力だろうと構わずメガンテを発動させるが、爆発力は小さく、真の命を授かった生命体が発動させるメガンテとのパワーの違いが描写されている。

※実際に、自軍の勢力であるフレイムAが誤ってぶつかられても回避することもせず問答無用でメガンテを発動させて吹き飛ばした。 更に、自己判断もないため回避行動を取ったり、メガンテを発動させずに体当たりで攻撃するなどの手段を取らなかった。 メガンテ以外の行動を取ったのは、フレイザードのサインを観てから。

ちなみに、2020年版では出番その物がカットされてしまった。

スライムもりもりドラゴンクエスト

魔物の一種なのだが、この作品ではアイテムとして扱われている。普段は寝ているが、スラ・ストライクなどで衝撃を与えると起きてしまい、そのまま地面に落ちるとメガンテで広範囲に爆発する。
背負って持ち運ぶ事ができ、障害物を壊したり、戦車バトルやふねバトルでは砲弾として使える。ただし、爆発に巻き込まれて自滅する事もあるため、取り扱いには注意しなければならない。

派生系のモンスター

  • メガザルロック

DQ5で初登場した真っ赤な岩のモンスター。その名の通りメガザルで倒された仲間を生き返らせてくる。

  • スマイルロック
DQ7で初登場した黄色い岩のモンスター。上記のばくだんいわやメガザルロックと違い、メガンテやメガザルといった呪文も使わないことから同系統下位種として扱われる。

  • のろいの岩
DQ10で初登場した鈍い緑色の岩のモンスター。上記のスマイルロックの転生モンスターだが、非常に高いHPとはじけとぶといった厄介な特技を持つ。

  • オーロラウンダー
DQ10(Ver.3.2)で初登場したその名の通りオーロラ色の岩のモンスター。メガンテやメガザル、テンションため、痛恨と下位種の技を使いこなすオールラウンダーである。

  • あんこくのいわ
モンパレ、どこパレで登場した真っ黒な岩のモンスター。

  • たこやきいわ
星のドラゴンクエスト』のモガふりで手に入るご当地のカギで登場するたこ焼きのような岩のモンスター。期間限定イベント『星の夏祭り』ではたこやき屋ゴーレムのお供として登場する。

  • ギガばくだん岩
星のドラゴンクエスト』のシーズン2で初登場した巨大なばくだんいわ。

関連タグ

ドラゴンクエスト
ロッキー メガンテ
爆弾岩:表記ゆれ

宮里藍:ネットでは似ていると言われている。
黄ピクミン:第1作では爆弾岩を扱うことができた。
ゴローン:こちらも自爆攻撃をしてプレイヤーにトラウマを与えた。

関連記事

親記事

ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 どらごんくえすとしりーずのもんすたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ばくだんいわ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 314897

コメント