ピクシブ百科事典

ライオネック

らいおねっく

ライオネックとは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

解説

ドラゴンクエストⅤで初登場する悪魔系の姿をしたモンスター。
下位種にシャドーサタンやイズライール等がおり、自身は終盤のダンジョンで登場し、
バギクロスや呪いを駆使して立ちはだかる。

ドラゴンクエストⅤ

最終ダンジョンのエビルマウンテン及び、隠しダンジョンに登場。隠しダンジョンのみで
仲間にする事が可能である。
敵としては上記の通りバギクロスや呪いを駆使して戦ってくる上、耐性も高めなので
こちらの呪文は殆ど決定打にならない。ステータスは平均的なので、打撃でガンガン殴るのが有効。

しかし、仲間になった場合魔界モンスターとは思えない程使えない。
その理由が・・・

恵まれなさすぎる出現時期

初期能力の時点でHP・MP以外の能力値は全て100程度、HPは200程度、仲間モンスターの中では強い部類に入る。
耐性は仲間モンスターの中でも屈指の優秀さで、全体攻撃としては非常に強力な灼熱の炎やイオナズンを大幅軽減、輝く息に関しては完全に無効化出来る。
地味に魔界モンスターで唯一ザキが通用してしまう為、たまにザキや皆殺しで倒される事もあるが、それを差し引いても耐性は優秀。

しかしコイツ、登場時期は何とクリア後。
ステータスの強化やエスタークの撃破等に目的が絞られるクリア後では、下記の理由があり、欠点の方が目立ってしまう。

能力値に難が多い事

身の守りや素早さは高い水準まで伸びるのだが、クリア後の世界では「たたかいのドラム」が登場し、打撃偏重が更に加速してしまう。ライオネックは素の力は140程度しかなく、更に強力と言われる吹雪の剣破壊の鉄球等を装備出来ないため打撃要員としては期待出来ない。
また、成長傾向も晩成型で本格的に成長を始めるのはレベル限界に近付いてから。それまではステータスもかなり微妙なので、クリア後の世界での即戦力としても期待出来ない。

ライバルの壁が厚すぎる事

ライオネックが加入する為に必要な主人公のレベルは41以上だが、このライオネックよりも遥かに強いとされるグレイトドラゴンキラーマシンを勧誘する為に必要な主人公のレベルは37以上
そして、主人公のレベルが41以上あればイベント加入以外の仲間は全て加入させられる。上記の成長の悪さも手伝い、戦力確保目的なら、他の仲間を探した方が良いと言う事態に。
また高い耐性が売りの仲間としてはぐれメタルが居るが、リメイク版(PS2版)以降ではHPが何と300とSFC版の頃が嘘の様な値になり、耐久面でもほぼはぐれメタルに劣後することになってしまった。
更にDS版ではアークデーモンまで登場。特技面も優れており、ステータスも成長傾向も殆ど簡易版ヘルバトラーと言える程の凄まじさを誇る。更に有志の調査により、種や木の実でのドーピングありならソルジャーブルメッサーラ等ライオネックより優れた素質の持ち主が多数いる事が判明。

特技が微妙な事

習得する特技はバギクロス、不気味な光、ライデイン、ギガデイン。
初期で習得しているバギクロスは魔界の敵には通用する相手が少なく、ダメージ源になり辛く、ライデインも常時マホカンタが掛かっている敵や、デイン系に耐性を持つ敵がおり、全体攻撃として使いづらい点が目立つ。ギガデインは威力こそ充分な物の、ライオネックが加入する頃には既に主人公の息子が覚えているケースも多く、更にライオネックをレベル20まで育てる手間もあり、それらの点を考慮するとわざわざギガデインの為だけにそこまでする価値はあるのか・・・と微妙。
なお、裏ボスのエスタークにはデイン系の呪文が一切通用しないのも辛い(バギ系呪文にも耐性を持っているため決定打にならない)。
更にリメイク版ではそれらの特技の立場は更に悪化。打撃偏重が極まるクリア後、よりによって全体攻撃が可能な強力な武器である破壊の鉄球が隠しダンジョンの双六で大量に入手出来る。

リメイク以降のAIは行動選択が甘い為、使い様の少ない特技を持っていると言う事は無駄な行動を行う可能性がある分、寧ろ特技が無い事よりも劣っていると言われている為、特技もお察しくださいなライオネックは大きなハンデを背負っている事になる。ただしAIの甘さについては他のキャラクターもとばっちりを受けることが多々あるため、ライオネック自身の短所として特筆できるほどのものではない。

これらの事情からの結論

数多くのマイナスシナジーが重なり、魔界モンスターでは最弱の評価を下されるどころかドーピングによって化けるメッサーラやソルジャーブル以下の存在とさえ言われたことも。
攻略サイトでは「強い」と言った評価や某書籍では「魔界のエリート」等の評価があるが、実際に使ってみると出現する敵との相性に泣かされる部分が多く、随所で「残念な子」の声も多い事から「自称魔界のエリート()」と言う不名誉な称号が付く様に。

しかし、多くの属性に満遍なく優秀な耐性が付いていることから、低レベルクリアのやりこみになると話は変わる。人間キャラの完全上位互換の汎用性を備えた耐性をなめてはいけない。
ヘルバトラーはヒャド耐性、グレイトドラゴンにはイオ耐性、キラーマシンにはメラ・ギラ耐性に不安要素を抱えるが、彼はその全てに対して高い耐性を持っている。むろん、初期能力の高さも重要な要因となっている。

やりこみテーマによっては、時に初期レベルのライオネックによってエスタークが狩られるのである。

余談

あのような悪魔めいた姿をしているにも関わらず聖なる呪文であるデイン系の呪文を使えることから、実はライオネックは悪魔ではなくむしろ天使なのかもしれない。

星のドラゴンクエストのドラクエ5イベント後半では、ミルドラースの右腕と名乗っており、モガマルにつよそうと評価された…がやっぱりそこまで強くない。しかも左腕がヘルバトラーと言った時にビアンカに「右腕ってそんな意味だったっけ?」と言われた。全くそのとうりである。

ドラクエモンスターズ1&2

ドラクエ5では逆風の多かった境遇だったが、モンスターズではそのイメージを見事払拭。
ドラクエ5でも高かった攻撃呪文に対しての耐性そのままに、ザキ系やメガンテへの耐性は万全、更には下位種イズライールの名残からかベホマラーも習得する様に。
麻痺への耐性は下がったが補助技に対しての耐性もそこまで悪くなく、中堅処のモンスターとしては悪くない実力を持つ様に。
ドラクエモンスターズ1でのAランクの試合ではグリズリーとの連携でAランクマスターのマチコ以上に苦しめられたというプレイヤーも少なくはないだろう。

配合素材としても優秀で、ドラゴン系を血統に配合するとバトルレックスが、一部の鳥系と配合させるとウイングアサシンが出来る。

関連タグ

ドラゴンクエスト5 ドラクエ5 DQ5
テリー:似ている様だが、テコ入れが利く分非なるもの

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオネック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354525

コメント