ピクシブ百科事典

主人公(DQ10)

しゅじんこう

MMORPG「ドラゴンクエストⅩ」の主人公。外見はプレイヤーによって異なる。
目次[非表示]

概要

DQ10の主人公。デフォルトネームは「エックス」。
公式では茶髪の男性として描かれ、戦士の服装を着ていることが多い。「エックスくん」と呼ばれ親しまれて(?)いる。

本作はオンラインゲームである都合上、DQ9と同じくキャラクターメイキング制であり、主人公は名前と性別を自由に決められる。
また、人間としての姿とは別に「五種族」としての姿を、オーガウェディエルフドワーフプクリポから選ぶことができる。
ゲーム開始から少しの間は人間として過ごし、その後選んだ種族の姿でストーリーを進め、ある程度まで進めると二つの姿を切り替えられるようになる。
また、主人公のほかにきょうだいのキャラクターを作ることになる。兄・姉・弟・妹のうちどれかは自由に決められるが、種族は人間で固定。

人物

※シナリオのネタバレを含みます。閲覧には注意してください。

ver.1

アストルティアと呼ばれる世界の中央にある秘境「エテーネの島」の村で生まれ育った青年。
きょうだいや幼馴染のシンイと共に平和な日常を過ごしていたが、ある時冥王ネルゲルの襲撃を受け村が滅ぼされる。
襲撃の理由はエテーネの民は「時渡りの力」という大いなるチカラを持っていることが原因であり、襲撃時に主人公はまさにその時渡りの力をきょうだいを助けるために無意識に発動させてしまう。
これにより冥王に目をつけられ、命を落としてしまった。

目を覚ますと主人公は魂だけの姿となり、不思議な声に導かれるまま五種族への転生を果たす。
同じ日に命を落とした五種族の若者の肉体を借りて、主人公は何もわからぬままアストルティアの広大な世界に旅立つこととなる。
流浪の賢者ホーローに、主人公の目的はレンダーシア大陸へ渡り、勇者と共に戦うことだと告げられる。
時には自身の時渡りのチカラを発揮しながら強者の証である「キーエンブレム」を集め、仇敵冥王ネルゲルを打ち倒し、レンダーシア大陸へと渡った。

ver.2

レンダーシア大陸では謎の男クロウズの予言に導かれながら、記憶喪失の少女ミシュアを助け、勇者アンルシア覚醒への道を拓いた。
その過程でレンダーシアに隠された大いなる秘密と、大魔王の存在を知る。
アンルシアと共に大魔王の配下である四魔将と戦いつつ、「盟友」のチカラに目覚める。盟友とは勇者と共に戦う友でありとなる存在である。
戦いの中で絆を育みながら彼らは大魔王待ち受ける魔幻宮殿、悠久の回廊へ向かい、世界を自分の思い通りに創り変えるという野望を持つ大魔王マデサゴーラを滅ぼした。

ver.3

アストルティア各地で謎の竜族による誘拐事件が相次ぎ、主人公もまたさらわれた友人を救うために竜族の世界「ナドラガンド」へ向かった。
ナドラガンドではナドラガ教団と呼ばれる人々が、救済を求めて五つの「領界」をつなぎ、竜の神ナドラガを復活させようとしていた。
神官エステラに力を貸した主人公は教団から「解放者」と呼ばれ、五つの領界をつなぐために奮闘することとなる。
だがナドラガンドで再会したクロウズと主人公の兄弟からは「主人公はこのナドラガンドで死んでしまう」という不吉な話を聞かされる。
はたしてその予言は的中し、主人公は教団の人物に裏切者扱いされた挙句、邪神ナドラガの肉片から生まれた存在である総主教に刺殺され再び死んでしまう
…が、これまで主人公に助けられてきた「神の器」と呼ばれる友人たちの生命を削った祈りにより奇跡を起こし、息を吹き返す。
そして主人公は多くの人々の助けを得て遂に復活した邪神ナドラガを滅ぼし、竜の世界をめぐる一つの物語が終わったのであった。

ver.4

主人公のきょうだいが別れ際に残していった不思議な箱。それは主人公の持つ時渡りの力を制御し増幅する装置だった。
箱に宿る時の妖精・キュルルから、近い未来に起こりうるであろう「世界の滅亡」を見せられる。
その原因を探るため主人公は遥か昔のアストルティアにタイムスリップし、世界の滅亡を回避するために奮闘することに…。

余談

エテーネの民としての「タイムスリップ能力」及び、勇者の盟友としての「盟友の盾」の能力を持つなどチート能力に満ちた主人公である。しかし、ドラクエではよくあること。
勇者の盟友に始まり、竜族世界の解放者、はたまた伝説の転校生などさまざまな肩書きを持つ主人公でもある。
また、作中で明確にザオリクも効かない「」が描かれた主人公でもある(それも二回も)。

関連タグ

ドラゴンクエストⅩ 主人公 ドラゴンクエストヒーローズ DQ10マイキャラ紹介

pixivに投稿された作品 pixivで「主人公(DQ10)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント