ピクシブ百科事典

主人公(DQ11)

はじまりのゆうしゃ

ゲーム作品「ドラゴンクエストⅪ~過ぎ去りし時を求めて~」の主人公である。
目次[非表示]

【悪魔の子と呼ばれる少年】

プロフィール

年齢16歳
身長約170cm
体重約60kg
出身イシの村※
好きな食べ物シチュー(母親の得意料理)
宝物「だいじなもの」のアイテム
好みのタイプご想像にお任せします
座右の銘正々堂々
日課にしていること冒険の記録をつける
ファッションのこだわり冒険道具の詰まった鞄
英語版名Eleven(※デフォルト名)
CV斎賀みつき(Switch版、スマブラSP)

※本来の出身地は後述

概要

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクターで過去作品と同じようにプレイヤーが自由に名前を付けられる。

デフォルトネームは「イレブン」。アーケードゲームの「戦え!ドラゴンクエスト スキャンバトラーズ」では『勇者イレブン』として登場している。

穏やかなイシの村にて、母ペルラと亡き祖父テオのもとで健やかに育った青年。サラサラのセミロングヘアーの茶髪と青い瞳を持ち、テオのお下がりである紫のベストコートを着ている。特にそのサラサラヘアーはトレードマークであるらしく、行く先々で言及される。

キャラクターデザインの鳥山明氏曰く「"追われる勇者"なのでちょっと真面目で地味な感じにした」とのこと。堀井雄二氏は主人公のイメージを「ちょっと影があって、線が細くて芯が強い」と語っている。

周りからはおとなしそうな優男に見られ、実際に仲間のカミュベロニカには「おっとりしてる」「ボーッとしてる」などと言われるが、子供の頃はいたずら小僧だった。 また、一度言い出すと考えを曲げない頑固なところがあるとも言われている。

そして左手には不思議な紋章のような形をしたアザがあり、このアザが光るとき何か不思議なことが起こるという。

16歳の誕生日を迎え、村のしきたりである成人の儀をおこなうため、幼なじみのエマとともに神の岩へと向かったが、とある出来事がきっかけで、自らが伝説の「勇者」の生まれ変わりであることを知ることになる。

「勇者」とは何なのか。その答えを求め、故郷を離れて未知の世界へと旅立つ。

しかし、彼を待ち受けていたのは人々からの歓迎ではなく、""悪魔の子""と呼ばれ、追われる運命だった…。

出自

その出自は、16年前に魔物に滅ぼされたユグノア王国の王子
国王アーウィンと王妃エレノアの息子で先王ロウの孫。顔立ちは父、髪色と瞳の色は母から引き継いでいる。「主人公が実は王子」という設定は過去作にも何度かあったが、亡国の王子という設定はシリーズ初。

本来なら、ユグノア王子の慣習として幼い頃からドゥーランダ山のニマ大師の門下で6年間修行を重ね、16歳になれば友好国デルカダールで更なる研鑽を積むという人生を歩むはずだった。しかし生後間もなく、ユグノアがウルノーガ率いる魔物達に襲撃される。その折、囮となったエレノアから来賓だったデルカダールの王女に託されたが、彼女に抱えられて逃げている最中に揃って川へと転落。ひとりイシの村付近に流れ着いたところをテオに拾われる。このとき、籠にエレノアの手紙も入っていたため、本名のまま育てられた。

ロトゼタシアの生命を司る「命の大樹」の申し子であり、世界中に張り巡らされた大樹の根を通じて、大地の記憶を再生する力を持つ。

無题



命の大樹にたどり着いた時に、勇者のつるぎを取ろうとしたところをホメロスの不意討ちを受けて圧倒的な力に敗北、デルカダール王に憑依していた魔導士ウルノーガに勇者の力を奪われてしまう。しかしグレイグとの和解など紆余曲折を経て、亡きアーウィンやエレノアの力によって失われていた勇者の力を取り戻し、魔王に挑むことになる。

過ぎ去りし時を求めて

魔王を倒し世界を救った後は束の間の平和を謳歌するものの、「忘れられた塔」において彼は自らや仲間、そして世界の運命をも大きく揺るがす決断を迫られることになりここでようやく副題の「過ぎ去りし時を求めて」の意味が判明する。

過ぎ去りし時を求めた彼は世界を闇に堕とす元凶を事前に倒し、世界中の人々と大切な仲間の命を救うことに成功する。その後は先代勇者ローシュらの足跡を辿りつつ、真の敵である邪神ニズゼルファに挑むことになった。

そして、彼こそが初代「勇者ロト」その人である。 邪神ニズゼルファを倒し命の大樹に「勇者のつるぎ・真」を奉納した際に、大樹の真の姿である聖竜と対面。

「ロトゼタシアの勇者」略して「ロトの勇者」と呼ばれ、いつか再び世界が闇に覆われた時、彼あるいは彼のような勇気ある若者が再びつるぎを手に立ち上がるだろう、ということが示唆されてDQ11の物語は幕を閉じる。

DQ11 主人公



元々DQ1~3のロトシリーズの作中では「ロト」という言葉の具体的な意味や由来は語られておらず、リメイク版やスピンオフ、小説版では「ロト」とは「アレフガルド創世期に世界を救った勇者の名」「神に近しい者という意味」等々語られていたが、今回のDQ11で公式からひとまず答えが出たという形になるのだろうか。

性能

装備武器は片手剣と両手剣。固有スキルは「ゆうしゃ」と「けんしん」。
何気に剣しか装備できないドラクエの主人公は彼が初

歴代主人公と比べて、攻撃呪文も得意な点は特徴的。ベロニカにやや遅れてメラミやイオラといった有力な呪文を覚える。
本作におけるデイン系は他の呪文系統とは異なり、デイン・ライデイン・ギガデインの3段階しかなく、ジゴデインやミナデインは連携技に栄転している。そのため、デインは下級と中級を兼ねた性能となっており、当初はギラに毛が生えた程度の威力しか出ないが、最終的には中級呪文に匹敵するダメージを叩き出すようになる。なお、消費MPは8と中級呪文並みで、あまり早期に習得しても単に燃費が悪い呪文にしかならない。

片手剣は、盾を装備できるが範囲攻撃に乏しく、ギガスラッシュまでお預け。また、当のギガスラッシュも消費MP16と重く、早い段階で覚えても連発はあまりできない。
両手剣は、渾身斬りやぶんまわしなど、単体にもグループにも有効な技を覚えられる。特に、ぶんまわしは威力の減衰がない上に消費MP4とコストが軽く、使い勝手良好。ただし、盾を装備できない分、必然的に防御方面は薄くなる。
ゆうしゃはその名の通り、デイン系を始めとした勇者の呪文を中心に習得。スキルパネル拡張後は、より高度な呪文を覚えられるようになるが、攻撃系と回復系が真逆の方向に設置されるため、どちらから取りに行くかで戦闘中の立ち回りにも差が出やすい。
けんしんは、強力な剣技を覚えられる。しかし、パネルが中央で分断されており、片手剣スキル方面からは片手剣技、両手剣スキル方面からは両手剣技しか習得できず、事実上これらの上位スキルに当たる。
各スキルの方向性がはっきりしており、どこから進めていくかによって使い勝手が大きく変わる。序盤は強い盾がなく、先述のようにデインを早期習得してもすぐにガス欠を起こすので、両手剣から取っていくのがいいだろう。

新たな伝説へ…



2019年6月12日のE3の発表にて『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』に「勇者」名義で、有料追加ファイターとして参戦する事が発表された。配信日は同年7月31日。

国内外ではSwitch版DQ11が未発売(発表時点)なので、宣伝も兼ねて選出された可能性もある。何気にシリーズ初の漢字使用のファイター(名前を入力出来るMiiファイターは除く)になる。キャラクターウィンド等に表示されている英語名は「HERO」になっているが、ナレーションからはむらびとゲッコウガ等の日本語名キャラ同様「勇者」となっている。

勇敢なる者達



また、ドラゴンクエストシリーズの歴代の勇者の中から『』、『』、『』の勇者もカラーバリエーションとして参戦する。最後の切りふだではそれ以外のナンバリングシリーズの歴代主人公()が全員集結(彼らのグラフィックはアーケード版から流用。)し彼らの力を集めギガスラッシュを放つ。

勇者がスマブラ参戦と聞いた時に勢いで描いた漫画



さすがにゲーム内で勇者として登場していた女勇者(DQ3)女勇者(DQ4)グランバニア王子(ドラゴンクエストⅤの勇者)、アンルシア(ドラゴンクエストⅩの勇者)までは登場しない。

スクウェア・エニックスからはクラウドに続き2人目(旧エニックスからとしてでは初。ⅧもPS2版ではレベルファイブも携わっていた為、レベルファイブが直接携わった作品としては初)の参戦。

参戦ムービーではリンクが『灯火の星』でダーズに操られたファイター達に苦戦していた所から助太刀するシーンから始まる。だが、リンクはかつてある形勇者ロトに纏わるもの(?)と遭遇していたりする。詳細はこちら

最大の特徴はMPゲージ。各種必殺ワザを発動する際に消費し、足りないと不発になってしまうため管理が重要。また、下必殺ワザはまさかのコマンド選択。入力するとランダムに選ばれる4つのワザから、好きなものを選んで発動できるがMPも消費するので注意が必要。使いたいワザが無ければシールド等でキャンセル→再度下Bでシャッフルもできる。このコマンド選択の存在により、現時点で全ファイター中最多のワザ数を誇る。

コマンド選択一覧

コマンド性能・効果MP
イオ光の呪文で相手に当たるか時間経過で爆発する弾をはなつ。9
イオナズンこちらも相手に当たるか時間経過で爆発する弾をはなつ。爆発前に相手を引き寄せ、イオより大きく強力な爆発を起こす。37
ギラ高速で閃光を飛ばす、炎の呪文。閃光は、相手や地形にあたると、燃え上がる。8
ベギラマこちらも相手や地形にあたると、燃え上がる閃光を飛ばす。ギラよりも弾が大きくなり、威力も高くなる。20
ザキ当たった相手をたまに即撃墜する。自分や相手の蓄積ダメージが高いほど、撃墜確率が上がる。10
ザラキこちらも当たった相手をたまに即撃墜する。ザラキは、より広い範囲に効果がある。30
メガンテ自爆して、周囲の相手にダメージを与える。自分はミスとなる。このミスは、1対1の対戦では、相手の得点になる。しかし吹っ飛ばし力は強烈で攻撃範囲も広くガード不可1
マダンテ全てのMPを消費して、自分を中心にした大爆発を起こす。消費したMPが多い程、爆発の範囲や威力が大きくなる。-
ラリホー相手を眠らせる弾を放つ。弾が飛ぶうちに、眠らせる範囲が徐々に広がるが、早めに当たるほど相手は深く眠る。16
ホイミ自分の蓄積ダメージを回復する。何回か使うと、一度ミスになるまで、選べるコマンドに出てこなくなる7
バイキルトしばらくの間、自分が出す直接攻撃の攻撃力とふっとばし力をアップさせる。代わりに、防御力が少しだけダウンする。16
ピリオムしばらくの間、自分の移動速度とジャンプ力をアップさせるが、少しだけ、吹っ飛ばされやすくなる。13
マホカンタしばらくの間、相手の飛び道具を反射するようになる。跳ね返したものは、受けた時より、少し攻撃力が上がる。14
アストロンしばらくの間、自分を鋼鉄化して、あらゆる攻撃を防ぐ。ただし、効果が切れるまで動けず、自分で解除することも出来ない。6
ルーラ真上に大きく上昇してから、足場へと安全に戻ることができる。上昇中は相手の攻撃を受けないが、頭上に地形があると、頭をぶつけて落下する。8
かえん斬り炎を纏った剣で斬りつける。12
マヒャド斬り氷を纏った剣で、斬りつける。あたると、少しの間、相手を凍らせる。11
まじん斬り渾身の力で、相手を斬りつける、攻撃までに少し時間がかかるが、相手に当たると必ず『かいしんのいちげき』になり、大ダメージを与える。15
メタル斬りメタル化、又はアストロンで鋼鉄化している相手に当たると、一撃で倒せる。他の相手には、1しかダメージを与えられない6
ためる力をためて、次に出す直接攻撃を、1回だけ強化する。相手に攻撃を当てると効果が切れるが、空振りした時は切れない。14
パルプンテ何が起きるか分からない、運任せのワザ。他のコマンドが発動することもあれば、自分の状態や大きさが変わることもある。4
※スマちしきより記載。

他の必殺ワザはメラ、デイン、バギ系の呪文で、いずれも溜めで3段階に変化し通常必殺のメラのみ溜め段階の保持も可能。更にスマッシュ攻撃は確率でかいしんのいちげき(クリティカルヒット)となる。かいしんのいちげき時は操作する勇者ごとに異なるSEが発生するのも原作再現。

運要素もあるが多数の飛び道具と剣のリーチと攻撃力を兼ね備えた遠距離型兼パワーファイター。素の性能でも優秀な飛び道具と攻撃力を両方持っているので中遠距離戦でも戦えるファイターになっている。
難点としてはコマンドが豊富な上、MPを少なくなると急激に不利になる。MP自体は時間経過と通常技で回復できるが、使いすぎると威力が落ちるので急激に不利になり、復帰できず時に撃墜する事も。さらに剣を使った隙の大きさと出の遅さ。基本的に剣使った攻撃は大振りなワザも多く、反撃されやすい。コンボもそんなに無いため、単発攻撃メインで戦うしかない。

MP調整とコマンドの複雑さが難点だが、玄人系のプレイヤーではそこまで苦労しない。特にタイム制大乱闘では絶大な能力を発揮する。

ファンファーレは参戦PVでも流れた「序曲」のアウトロ。ロックマンのように戦闘勝利時やレベルアップ時の曲では短すぎるからで、逆にミニゲームや派生作品等でよく使われるカジノ大当たりのファンファーレだと少し長すぎるからだと思われる。ちなみに序曲自体はスマブラでは収録されていない。

勇者とセットで配信されるステージは「天空の祭壇」。ロトゼタシアの上空を飛び回る祭壇が戦いの舞台で、スライムやヨッチ族、ミミックといったキャラクター達が登場する。
BGMは新規アレンジこそ無いものの、『Ⅺ』、『Ⅲ』、『Ⅳ』、『Ⅷ』からそれぞれ通常戦闘曲とフィールドBGM、合計8曲から選べる。

オンライン対戦ではやはり使用頻度は高い。
下必殺ワザのコマンド選択や全スマッシュ攻撃の会心の一撃などの運は必要になるがマホカンタでサムスルフレなどの飛び道具の対処やまじん斬り、会心の一撃で重量級ファイターをたやすく撃墜可能と行った対応の幅は広い。バイキルトやピオリムで自身の強化やザキ(ザラキ)でダメージが溜まっていれば手軽に撃墜するなども出来るなど色んな戦術が出来る。
その分、メガンテ以外は全部ガード可能なので多用は禁物。カウンター持ちや飛び道具反射持ちのワザ。それとネスリュカのサイマグネットで吸収される事にも注意。

余談だが、勇者は全てのキャラクターの中で理論上最も高いダメージを叩き出せる
その方法がバイキルトやためると言ったドーピング技にかいしんのいちげきを組み合われるというもの。

勝ちあがり乱闘「勇者たちの記憶」はカラーリングに登場している勇者(仲間含む)とドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターをモチーフにしたカラーリングのファイターとボスが登場。ステージも作品に因んで意識している。ROUND4でドラゴン繋がりでリオレウスが登場している。ROUND2はⅪ勇者に金髪と魔法繋がりでベロニカを意識した小さいルフレ(女性・赤)。ROUND5はⅧ勇者にネズミ繋がりでトーポを意識した小さいピカチュウ。ボスはりゅうおうを意識してルフレ(男性・青)。撃墜後にこちらも竜王に変身する再現でかなり巨大化したリザードン(紫)が登場する。(ただしジャイアントリザードンは対戦前のカットでは登場しておらず、前情報なしでの戦闘には注意が必要)

ディレクターの桜井政博氏がファミ通で連載しているコラムによると「勇者同士の乱闘は御法度だったが、特別に許可してもらった」とのこと。生放送では「人気作品のドラゴンクエストⅤの主人公も候補に挙がっていたが勇者ではなく魔法使いだったことや武器が杖なので没になった」と告げている。

71.ジョーカー72.勇者→73.バンジョー&カズーイ

余談

ドラクエシリーズにはロト装備という物が存在するが「"ロトの剣"を除き、彼が装備したものではないのではないか」と言われている。

実は、国外版初代ドラクエは、任天堂販売として発売されていた(参考ツイート)。また、過去にドラクエとsplatoonとのコラボをしたことがある。

ドラクエシリーズで(一部モンスターを含む)主人公に関わったキャラは、以前マリオスポーツMIXや任天堂ハード版いただきストリートでマリオキャラと共演したことがあったが、ナンバリングシリーズの主人公と直接共演するのはスマブラSPが初である。

スマブラ参戦記念にアプリ版348が期間限定で割引サービスが実施されている。

ドラクエシリーズのマスコットであるスライムは、アピールやホームステージの背景に登場。また、スピリットや参戦ムービーと全員参戦のイメージイラストにも登場している。

参戦ムービーにて、勇者が原作では覚えないじゅもんやとくぎを使っている様子が確認できるので、ネスリュカ同様に、参戦にあたって仲間達から教わったかもしれない。

最後の切りふだのギガスラッシュの演出が、後に「スキャンバトラーズ新3弾」で、「究極ギガスラッシュ」として逆輸入され、参戦ムービーのワンシーンを含めた歴代シリーズの勇者が勢ぞろいされている。

関連イラスト

勇者
【DQ11】主人公まとめ(バレあり)


主人公 鉛筆
D 1 1 Q



スマブラ参戦

スマブラ参戦!!
ドラクエ、スマブラ参戦!!


参戦やったー!
Nintendo Direct E3 2019



関連タグ

ドラゴンクエストXI ドラゴンクエスト11 ドラクエ11 DQ11
勇者 ドラクエヒーローズ 主人公 悪魔の子
イレブン おさかな勇者 バイオレットヒーロー

勇者(DQ3)勇者(DQ1)ローレシアの王子サマルトリアの王子ムーンブルクの王女:後継者達。

ダイ:「ドラゴンクエスト~ダイの大冒険~」の主人公でDQ11の主人公と同じく不思議な紋章を持つ少年。

アルスアランアステア:「ロトの紋章」に登場する勇者ロトの子孫で彼らも後継者に当たるのかもしれない。

ティズ・オーリア:…中の人&スクエニ&主人公繋がり。

DQ11キャラクタータグ
主人公(DQ11) カミュ(DQ11) ベロニカ(DQ11) セーニャ(DQ11) シルビア(DQ11) マルティナ(DQ11) ロウ(DQ11)
エマ(DQ11) グレイグ

カップリングタグ
主エマ 主ベロ 主マル 主セニャ
主カミュ カミュ主 主シル シル主 主グレ グレ主

スマブラ関連
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 他社組 DLC組 剣士組
勇者(DQ3) 男勇者(DQ4) エイト

関連記事

親記事

ドラゴンクエストⅪ どらごんくえすといれぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「主人公(DQ11)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22118718

コメント