ピクシブ百科事典

主人公(DQ11)

どらくえいれぶんのしゅじんこう

RPG『ドラゴンクエストシリーズ』のナンバリング作品11作目『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』の主人公でデフォルト名は「イレブン」、通称「イレブンくん」。過去作品と同じようにプレイヤーが自由に名前を付けられる。
目次[非表示]

【悪魔の子と呼ばれる少年】

概要

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクター。

主人公(イレブン)は穏やかなイシの村にて、母ペルラと亡き祖父テオのもとで健やかに育った青年である。
サラサラのセミロングヘアーの金髪と青い瞳を持ち、紫のベストコートを着ている。サラサラヘアーはトレードマークであるらしく、行く先々で言及される。周りからはおとなしそうな優男に見られ、実際に仲間のカミュには「おっとりしてる」と言われるが、子供の頃はいたずら小僧だった。
そして左手には不思議な形をしたアザがあり、このアザが光るとき何かが起こるという…

16歳の誕生日を迎え、村のしきたりである成人の儀をおこなうため、幼なじみのエマとともに神の岩へと向かったが、とある出来事がきっかけで、自らが伝説の「勇者」の生まれ変わりであることを知ることになる。
「勇者」とは何なのか…その答えを求めて、主人公は故郷を離れ、未知の世界へと旅立つ。
しかし、若き勇者を待ち受けていたのは人々からの歓迎ではなく、""悪魔の子""と呼ばれ、追われる運命だった…。

アーケードゲームの「戦え!ドラゴンクエスト スキャンバトラーズ」では『勇者イレブン』として登場している。

性能

装備武器は片手剣と両手剣。固有スキルは勇者と剣神。序盤は剣神スキルを伸ばせない。
盾が装備出来る攻守万能の片手剣と攻撃力重視の両手剣のどちらかを習得しつつ、勇者スキル解放後はそちらに振り分けると良い。
勇者スキルにはトヘロスアストロンライデインといった勇者お馴染みの専用呪文の他、ゾーン関連やステータスを増加させるものが多い。
イベントによって新たな特技を習得する機会が多い。
歴代主人公と比べて、攻撃呪文も得意な点は特徴的。ベロニカにやや遅れてメラミやイオラといった有力な呪文を覚える上、専用のデイン系は習得が中盤以降な分だけ強力。

関連タグ

ドラゴンクエストⅪ ドラクエ11 DQ11
イレブン おさかな勇者

DQ11キャラクタータグ
主人公(DQ11) カミュ(DQ11) ベロニカ(DQ11) セーニャ(DQ11)
シルビア(DQ11) マルティナ(DQ11) ロウ(DQ11) エマ(DQ11)

ネタバレ注意‼



































その出自は、16年前に魔物に滅ぼされたユグノア王国の王子
国王アーウィンと王妃エレノアの息子で先王ロウの孫。
主人公が実は王子という設定は過去作にも何度かあったが、亡国の王子という設定はシリーズ初。
本来なら、ユグノア王子の慣習として幼い頃からドゥーランダ山のニマ大師の門下で6年間修行を重ね、16歳になれば友好国デルカダールで更なる研鑽を積むという人生を歩むはずだった。

しかし生後間もなく、ユグノアがウルノーガ率いる魔物達に襲撃され、その折、囮となったエレノアから来賓だったデルカダールの王女に託されたが、彼女に抱えられて逃げている最中に揃って川へと転落。ひとりイシの村付近に流れ着いたところをテオに拾われる。このとき、籠にエレノアの手紙も入っていたため、本名のまま育てられた。

ロトゼタシアの生命を司る「命の大樹」の申し子であり、世界中に張り巡らされた大樹の根を通じて、大地の記憶を再生する力を持つ。

命の大樹にたどり着いた時に、勇者のつるぎを取ろうとしたところをホメロスの不意討ちを受けて圧倒的な力に敗北、デルカダール王に憑依していた魔導士ウルノーガに勇者の力と大樹の力を奪われてしまう。
しかしグレイグとの和解など紆余曲折を経て、亡きアーウィンエレノアの力によって失われていた勇者の力を取り戻した。

pixivに投稿された作品 pixivで「主人公(DQ11)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7426910

コメント