ピクシブ百科事典

カミュ(DQ11)

かみゅ

『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクター
目次[非表示]

【頼れる相棒】
オレは信じるぜ。勇者の奇跡ってヤツを……。

CV:内山昂輝ドラゴンクエストライバルズ

概要

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクター。

青いツンツン頭と、腰にさした短剣、大きなフードのついたくすんだ緑色のチュニックが印象的な青年。シリーズではククールに次ぎ登場した左利きのパーティーキャラクター。
年齢は19歳。ただしこれは初期設定であるため製品版でも当てはまるかは不明(一応主人公よりは年上であると明言はされている)。また初期設定では主人公よりも身長が高かったが、実際のゲーム画面では主人公より若干背が低い。
レッドオーブを盗んだ罪でデルカダール城の牢獄にぶちこまれていたが、同じくして勇者を名乗っただけで投獄された主人公を見て「全ては預言の通り」と意味深なことを呟き、密かに牢の檻の中で掘っていた穴から脱出。
以後、とある目的を果たすために主人公の良き相棒として共に行動する。

やや粗野だが、面倒見が良く義理人情に厚い性格。
口もあまり良くなく、気の強いベロニカとは言い合いになりがちだが、仲間想いで、因縁がある相手でも事情を知ればすぐ打ち解けられる。
盗賊ながら博識で、本人も少しばかり知識量に自信があるらしい。基本的には常識人で、おかしな事・非常識な事に対しては呆れている事が多い。
シルビアのことは普段はおっさん呼ばわりしているが、シルビアがベロニカとセーニャを誘ってショッピングに行こうと言い出しても「全く、あの女三人は」と呆れていた。
根が風来坊なようで、どこかへ定住するつもりはあまりないらしい。
会話システムではおもに次の目的地などを話すことが多く、ナビ呼ばわりされてしまうことも。嗚呼…。
しかしロミアの悲恋物語や、ある人物の死を目の当たりにしたときは感情を露わにする一面も見られる。
ちなみに、パーティメンバーの中で一人だけ一般人であることをこっそり気にしている。

そしてシリーズファンの間では、青いツンツン髪に輪状のピアスという姿があの人物にソックリと発売前から話題になっており、同じく青髪の妹がいるという点も彼と一致している。
これは3DS版の時渡りにおいてカミュ自身も言及している。

性能

装備武器は短剣・片手剣・ブーメラン。固有スキルはかみわざ。
攻撃の片手剣、状態異常の短剣、全体攻撃のブーメランと、方向性ははっきりしている。
まずは盗むを覚える事からはじめ、その後状態異常や二刀流にする短剣スキルを中心に習得していこう。
仲間が揃ってくるとどうしても火力不足に陥ってくるが、終盤以降、装備とスキルを整えると一転して最高打点を叩き出せるようになる。
ぶんしん、二刀の心得、二刀の極意を習得し、戦闘時にバイキルトをかけてもらった上で強力な技を繰り出すと無双状態になる。
短剣ならヴァイパーファング→タナトスハント、片手剣なら心眼一閃、全ての武器で使える会心必中が優秀だが、おそらくブーメランのデュアルブレイカーが最強だと思われる。
ちなみに、意外にもブーメランも二刀流できる。
さそうおどりを受けた際の無駄にカッコ付けたキレキレのダンスは必見。

カミュ



関連イラスト

カミュ
二刀の心得


大盗賊におきがえー!
海賊カミュ



関連タグ

ドラゴンクエストⅪ ドラクエ11 DQ11
カミュ 盗賊 相棒 左利き

DQ11キャラクタータグ
主人公(DQ11) カミュ(DQ11) ベロニカ(DQ11) セーニャ(DQ11)
シルビア(DQ11) マルティナ(DQ11) ロウ(DQ11) エマ(DQ11)

カップリングタグ
主カミュ カミュ主 カミュベロ カミュセニャ ホメカミュ

以下、重大なネタバレを含みます。




































ドラクエ11



元々は孤児であり、雪国クレイモラン付近を活動拠点にしているバイキングに、妹のマヤと一緒に拾われる。
厳しくこき使われる生活の中、5年前のマヤの誕生日に首飾りを贈ったが、実は身に着けた当人の触れるもの全てが黄金と化す上に、外すこともできない呪いの首飾りだった。
喜びも束の間、周囲ばかりかマヤ本人にまで呪いが及び、助けを求められるも、伸ばされた手を取ることを思わずためらってしまい、マヤは黄金の像へと変化してしまう。
変わり果てた姿の妹を残してクレイモランを離れてからは、後悔から自暴自棄になり、盗賊に身を落としていたが、ある時預言者に「オーブを集め、地の底で出会う勇者に力を貸せば贖罪は果たされる」と告げられる。
そして、地下牢からの脱獄を予定していた当日に主人公と出会った。
このようにクレイモランにはつらい思い出があるため、クレイモランのイベントの際には町の中に入らず外で待機している。

大樹崩壊後は記憶喪失になり、再会した際は兄貴分的な性格から一転、子分のように気弱な性格に変わり、全てのスキルを忘れている。
そのため以前は忌避していたクレイモランに入ることができ、過去と向き合うことになる。
かつて妹と暮らしていた洞窟で大樹の根と主人公の力を通して過去の映像を見ると記憶を取り戻し、妹を救うため黄金城に乗り込むことを決意する。
記憶を取り戻した時点で失われていたスキルパネルも復活する。
黄金城では自らの身体が黄金になるのも厭わずに、オーブの力で鉄鬼軍王キラゴルドと化したマヤの暴走を止め、和解に至った。
そして自らの贖罪の手助けをしてくれた主人公に感謝の言葉を述べ、改めて勇者の相棒としてウルノーガに挑むことを誓った。
最終的な肩書きは「勇者の相棒」。

なお、3DS版の時渡りの迷宮では、通常時と記憶喪失時と2種類の会話がきっちり用意されている。当然ルドマンの屋敷におけるリハーサルイベントも二種類あるので、気になる人はプレイデータを分けておくといいだろう。
一応ソルティコから外海に出た時点でイベントが発生するため、カミュと合流してバンデルフォンやサマディーに行くことも出来る。(一応目立たないがムービーにも加わっている)








以下、更なるネタバレ








魔王撃破後、「忘れられた塔」にて主人公はベロニカや世界中の多くの人を救うために過去の世界へひとり向かうことに。
最初は必死に止めた彼だが、主人公の決意がかたいことを知ると「また過去で会えたら旅をしよう」と約束し見送った。

過ぎ去りし時を求めたあとはラムダ到達時のステータスに逆戻りしているが、天空の民の里で長老から力を引き出してもらうとレベルが引き上げられ、スキルパネルも解放される。
こちらの時空では自ら主人公に過去の話をし、「勇者の剣・真」の力でマヤを黄金から元に戻すことに成功し贖罪を果たした。(同時に首飾りの呪いは消えて、カミュ専用のアクセサリーとして装備可能になる)
魔導士ウルノーガ撃破後は、諸悪の根源である邪神ニズゼルファに挑むことになる。
ちなみに、パーティ内でも主人公の変化に目ざとい人物でもある。時を超えてきた主人公が以前の主人公とはどこか違うことに違和感を覚えている様子。

pixivに投稿された作品 pixivで「カミュ(DQ11)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7621109

コメント