ピクシブ百科事典

カミュベロ

かみゅべろ

ドラゴンクエストⅪに登場する、カミュとベロニカのカップリング。
目次[非表示]

概要


ドラゴンクエスト11において、人気のカップリングの1つ。

発売前から目をつけていた人もいたようだが、あくまで一部の間でのみだった。
しかし、いざ本編を見てみると……

  • 比較的冷静で達観しているカミュが、やたらとベロニカをからかう
  • ベロニカの実年齢を知っても尚、「おチビちゃん」とお子さま扱い
  • にも関わらず、盗られたベロニカの杖を率先して取り返してくれるイケメンぶり
  • 捕らわれたカミュを誰よりも心配そうに見つめるベロニカ
  • ベロニカがカミュに対して「(美しい女性に)見とれてた」と非難すること複数回
  • ベロニカイベントにおける一連のカミュの言動(珍しいくらいに取り乱すカミュ)

……などにより、2人の関係性に萌えるプレイヤーが続出した。

さらに2人は、

  • 喧嘩っぷる
  • 良いとこのお嬢さん(勇者を導く巫女)と出自不明の盗賊という身分差
  • 青年×幼女(ただし実年齢は同年代)

という要素も併せ持っており、多くのプレイヤーを悶えさせた。

そんな中、8/2、公式からとんでもない爆弾が落とされる。
「勇者をダメにするクッション」の販促画像として、PS4版プロデューサーの岡本氏によりツイートされた、勇者たちがスライムクッションでダメになっている画像である。
その画像に登場していたのは、3人。
クッションに顔を埋める主人公、クッションにもたれかかりダメになった顔を晒すカミュ、そして、なぜかクッションには一切触れずにカミュの膝枕で眠るベロニカである。
これによってカミュベロに嵌ったという人も少なくないだろう。
この画像は多くの反響を呼び、クッションは即完売となった。

余談だが、岡本氏はカミュとベロニカの膝枕2ショットをツイッターのアイコンにしており、先のツイートに寄せられた「ベロニカをダメにするカミュの膝枕」というツイートにいいねをしている。

そしてその2日後、再度爆弾が落とされた。
同じく「勇者をダメにするクッション」の販促画像ではあるが、今度は3人に加え、マルティナとセーニャも登場した。
しかしカミュベロ好きの間で話題となったのは、今度はクッションの上に乗れて嬉しそうにはしゃぐベロニカと、そんなベロニカを優しく見つめながら頭に手を添えるカミュである。
一部から「彼氏面」と呼ばれるその穏やかな表情は、さらに多くのカミュベロ好きを生んだのであった。


後日、なぜ2人が膝枕に至ったのかの経緯について岡本氏はこうツイートしている。

いい感じにダメになれそうとおもって近づいたら、自分より激しくダメになってる人がいたので、なんか悔しくなっちゃったんだけど、そのまま帰るのもそれはそれで悔しいので、苦し紛れに寝てみたら、想像以上にしっくりきたので気づかぬうちに寝ちゃいましたとさ。めでたしめでたし(めでたくはない)

尚この発言は、あくまで岡本氏の個人アカウントにてツイートされたもので、決して公式設定というわけではないので注意していただきたい。
ただ、この画像自体は岡本氏とは別の開発スタッフが作成していること、そして岡本氏が開発陣をとりまとめるプロデューサーという立場であることを踏まえると、この2人の関係性を公式でどのように捉えているかが垣間見える形となった。


関連イラスト

カミュベロ
カミュベロ


カミュベロ
カミュは ベロニカの かみを みつあみたいようだ ▼



関連タグ

ドラゴンクエストⅪ
カミュ(DQ11) ベロニカ(DQ11) アラサーカミュベロ
NL 青年幼女 ケンカップル

ネタバレ


この先極めて重大なネタバレが掲載されています。表クリア後のストーリーを進めていない方の閲覧はなるべくご遠慮願います












表クリア後のストーリーを見ると、カミュがベロニカの話題に触れることが多い。
ベロニカが亡くなってしまった後の世界なので、他のメンバーもそれは同様なのだが、それにしたって多い。
一例を挙げると……

  • 祝賀会で「ベロニカが羨ましがるくらい楽しもう」
  • ベロニカの大人になった姿はべっぴんさんだろうなと、やや照れながら想いを馳せる
  • ホムラの里でベロニカと出会った時のことを思い出す
  • ベロニカが生き返る可能性があるならそれに賭けようとメンバーを積極的に後押し
  • ベロニカが生き返るなら、またお小言を言われるのも悪くないと語る
  • 過去に戻る直前、うじうじしてるとベロニカに笑われると発言


さらに、ベロニカを救うために過去へ戻ることになったきっかけとなる謎の遺跡を発見したのはカミュである。
しかも発見した後、実際に謎の遺跡に行くまで、なかまコマンドにおいて「あの遺跡が気になる」というニュアンスのことしか話さない徹底ぶり(クレイモラン近辺を除く)。
ひたすら業務連絡しかしないカミュに苛立ったプレイヤーも多いと思うが、ベロニカと再会するための伏線だったと考えると……。


このように、表クリア後はカミュからベロニカに対する発言が目立つが、過去へ戻った後クレイモランへ行くと、様子のおかしいカミュに対して「あたしらを頼れっての」というベロニカの発言が聞ける。

pixivに投稿された作品 pixivで「カミュベロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4107209

コメント