ピクシブ百科事典

ホメロス(DQ11)

ほめろす

ドラゴンクエスト11の登場人物。
目次[非表示]

概要

「ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて」の登場キャラクター。
知略のホメロスの二つ名で知られるデルカダール王国の将軍兼軍師。
後ろで結んだ長い金髪とやや悪い目つきが特徴的な男性で、ゲーム中でも(おもに女性モブからの)人気が高い。
相方のグレイグとならび、デルカダールの国章になぞらえて「双頭のワシ」とも呼ばれている。
またグレイグの黒い鎧とは対照的に、純白の鎧を纏っている。身長は頭ひとつぶん小さい。
すっきりとした若々しい外見をしているが、実はグレイグと同じ36歳である。
一人称は「私」あるいは「俺」。

性格は猜疑心が強く冷酷。戦闘力こそグレイグに及ばないが、戦況に応じた作戦を実行する的確な判断力と迅速な決断力を併せ持つ人物とされ、少数の部隊で魔物の軍勢を撃破する等、戦術面において数多くの功績を残している。


ネタバレ

以下に物語上の重要なネタバレ記述がされています。ゲームを未プレイ・クリア済でない方は閲覧注意。





























その正体は、魔導士ウルノーガの忠実な手下
グレイグとは双璧を成す人物として知られているが、その内心では常に自分を差し置いて栄光の道を突き進むグレイグに強い劣等感を抱いていた。
その心の弱さをウルノーガに付け込まれ懐柔された結果、ホメロスを認めたウルノーガを真の王として忠誠を誓っている。

ダーハルーネの町の海の男コンテストで主人公たちと交戦し、クラーゴンを操ってシルビアの船を沈めようとするが、町長の商船によって邪魔され主人公たちを取り逃がす。
その後はクレイモランの禁書に封印されていた氷の魔女リーズレットを解放してグレイグの抹殺を試みようと暗躍。命の大樹にて主人公たちを尾行して不意打ちで戦闘不能に追い込み、正体を現したウルノーガに大樹の命と勇者のつるぎを献上することで世界壊滅に導いた。

世界壊滅後は廃墟と化したデルカダール城に陣取っていたが、グレイグとひとときの余興を過ごし、屍騎軍王ゾルデに後を委ねて撤退。
この際グレイグに対し、初めて己の胸の内を明かした。
服装は白い鎧から黒を基調とした道化師のようなものに変わっている。

その後、天空魔城にて再登場。
恨み辛みの言葉をぶつけるベロニカの幻影を見せて動揺を誘おうとするが、本物のベロニカの決死の覚悟を受け止めていた主人公一行には通用しなかった。
シルバーオーブの力を解放して魔物化し、六軍王の長たる魔軍司令として直々に襲いかかるが敗北、消滅した。

…と思われていたが、オーブの力を失っても尚、復元させた六軍王と共に主人公の仲間を足止めしようとした。しかし主人公の仲間達の強靭な意思の前に計略は失敗。
グレイグから、彼もまたホメロスの背を追っていたことを打ち明けられた後、今度こそ消滅した。

時間遡行後は本編と同様に命の大樹で不意打ちを試みるが、主人公が未来から持ちこんだ魔王の剣により闇のオーブを砕かれて返り討ちに遭った。更に弱っていた所を口封じの為にデルカダール王にトドメを刺されてしまう。
忠義を誓った主に見捨てられ、誰にも魔の道に墜ちた理由を知られないまま消滅するという本編以上に悲惨かつ呆気ない末路を迎えた。
それでもなおグレイグはホメロスを友と認めていた。

どちらに転んでも報われることはなかった彼にとって、グレイグの存在はせめてもの救いなのかもしれない。

勝利する為なら手段を選ばない冷酷で非情な面が強調されているが、かつての彼は純真で正義感のある立派な人物であったことが、各人物から語られている。
幼い頃からデルカダール王に赤ん坊だったマルティナを守る若人として期待をかけられ、幼馴染のグレイグとはライバルとして切磋琢磨し合い、また友として本音で語り合える間柄であった。
そんな人間ですら魔に堕としてしまう恐るべき存在として、一行はウルノーガ打倒を改めて誓うのであった。


ちなみに「魔軍司令ホメロス」としての戦闘時の姿はIXのラスボス・エルギオスを彷彿とさせる。実際、同じような足技を使う。

また、クリア後のダンジョンの最奥に「無明の魔神」という強化個体が出現する。
こちらは凶悪なモンスターを呼び出し、さらに高威力の技でパーティーをつぶしにかかってくる強敵。

名前の由来は古代ギリシアの吟遊詩人ホメーロスだろうか。いくら承認欲求が強いとはいえ決して「褒めろす」ではない…筈。

関連タグ

DQ11 白騎士 軍師 グレイグ

カップリングタグ
グレホメ ホメグレ ホメカミュ

pixivに投稿された作品 pixivで「ホメロス(DQ11)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2392329

コメント