ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

リンガイア王国の将軍バウスンの一人息子。16歳。故郷の民からは『北の勇者』と呼ばれる。
闘気で剣を形成し、最強の金属であるオリハルコンをも切り裂くほどの威力を発揮する「闘気剣」(オーラブレード)を使いこなす。同時に氷系呪文のマヒャドも唱えられる。

当初はダイに対してライバル心を抱いており、自分さえいればバランの来襲を退けリンガイア王国を守ることが出来たと考えるほど自負心が強かった。
それゆえ当初は単独行動が目に付き、レオナ「壮絶に自己中心的な勇者」といわれてしまう傲慢な性格であった。ポップにも、「自分が正しいと思いこんでる分 ニセ勇者とかよりタチが悪いぜっ!!!」と言われる始末だった。

北の勇者の挫折と復活

ハドラー親衛騎団に徹底して敗れて以降は後方支援に徹し、大魔王バーンに再戦するダイの修行に(アバンの書を見ながら)付き合うも、その力量差を知っていき『僕は、君に嫉妬していただけなんだな・・・すまなかった』と謝罪する。 しかし、ダイから『【一番強い一人だけが、本物の勇者】なんて考えは、間違ってるよ! ノヴァの力で救われている人がいるのなら、俺も【勇者】でノヴァも【勇者】だ! どっちも【勇者】なんだよ!!』とかけられたことで自身を取り戻した。


ミナカトール攻防戦にて


魔王軍の無数のモンスターを前に、歴戦の勇士であるクロコダインが動揺してしまい『【この窮地で、守り抜けるか】どうか・・・』と消極的な考えを口にしてしまった時に『いいや、逆に【如何に敵を全滅させるか?】だ。 未知の魔物だろうと40体~50体は確実に倒せる!』とクロコダインを精神的に支えた。 ※その際にクロコダインから『よくぞ言った、北の勇者!』と賞賛されている。


ロン・ベルクとは種族や立場、価値観の相違で嫌悪の対象でしかなかったが、自分らの命を護る為に自らの両腕と星皇剣を犠牲に超魔ゾンビを倒したその姿に感動し、最終決戦後は彼の代わりに剣を完成させんと鍛冶師としての道を征く事になる。

名前の由来は「nova(新星)」から。原作者によれば、「さっそうと登場した新キャラなので」とのこと。

落書き。ノヴァ
護る背中 預ける命




装備


  • 鋼鉄の剣
    • 鋼鉄を鍛えた片刃の刀身を持つ剣。

  • 旅人の服
    • 旅人のために製作された丈夫な服。


特技・魔法


  • 闘気の剣(オーラブレード)
    • 闘気を纏わせた剣で相手を斬り裂く技。その斬れ味は、超金属(オリハルコン)をも容易く斬り裂く。

  • 闘気弾
    • 圧縮した闘気をエネルギー弾のように発射する技。攻撃力は高く、天井を容易く破壊し穴を空けた。

  • ヒャド、マヒャド
    • 氷系呪文。 中でもマヒャドは、ハドラー親衛騎団がある物を持っていることを明らかにしポップの切り札の発動を踏みとどまらせた。

  • ルーラ
    • 瞬間移動呪文。目的地をイメージすることがコツで、自身が行ったことがある場所ならどこへでも行ける。

  • ノーザン・グランブレード

  • 生命の剣
    • 武器に自身の生命エネルギーを纏わせた剣技。使用する時間が長ければ長い程、生命エネルギーを消耗していくため危険が伴う。

関連タグ

勇者 鍛冶 職人

関連記事

親記事

ダイの大冒険 だいのだいぼうけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノヴァ(ダイの大冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5304

コメント