ピクシブ百科事典

ヒャド(ドラクエシリーズ)

魔力によって発生させた冷気やによって敵を攻撃する呪文

初登場したのはDQ3から。同作では現在のシリーズに通ずる
呪文体系の整備が行われたが、ヒャド系は作品によって扱いがまちまちな部分が非常に大きく、
メラと並ぶ基本的な攻撃呪文として認知されている割に実質使い所が無かったり、
ひどい時は存在がほぼ抹消されたも同然だったりする事がある。

初出であるDQ3では魔法使いや賢者がLv5で習得し、消費MP3に対して威力は25~34と、
消費MP2で8~13ダメージのメラに対して倍以上のダメージが保証されているというかなり優遇された性能。
レベル帯的には味方の前衛キャラも10以上のダメージを出せるようになってきて
メラがお役御免になるあたりであり、魔法使いの火力的な優位性を示している。
アリアハン大陸の敵は勿論、敵が一段と強くなるロマリアの敵に対しても渡り合える火力である。

DQ4以降では魔法使いキャラが複数登場する場合、
片方がメラ系を得意としもう片方がヒャド系を得意とするという形で分けられるようになったが、
そのために火力は下がりブライ用のメラのような立ち位置になったが、無効化されなければ2桁ダメージが保証される為に前作から引き続き1桁になる可能性もあるメラよりは信頼性が高かった。

しかしSFC版DQ5では敵専用呪文になり味方は一切使えない(使ってくるモンスターを仲間にしても何故か忘れている)
DQ6では威力は3と同程度にまで戻ったがミレーユキメイラの専用呪文で他のキャラクターは覚えられず、前者は適切なタイミングで使用可能になるが回復役としても重要な為に乱用しづらいジレンマを抱えているが、メラは使用可能になるのが更に遅く使い道も無いので今作に限ってはヒャドの方が扱いはマシである。
DQ7ではどんなに速く転職出来てもゲーム後半になるモンスター職、死神きぞくでしか習得できない
(勿論後半に今更ヒャドを覚えた所で一切使い所はない)など、本来活躍すべき序盤で使えない作品が続いた。
リメイク版の5のみ申し訳程度に修正され取得するキャラクターが増加したが元々無かった為に影が薄い事は否めない。

再び基本呪文の位置に戻る事が出来たのはキャラが4人に減り、魔法使いポジションのキャラが
ゼシカ1人になったDQ8で、
やっと元の「メラよりやや強い程度の攻撃呪文」というポジションに戻ってきた。
ゲームバランス的には主人公やヤンガスの打撃攻撃力がそこそこ高い事もあり、
初登場時ばりの火力優位性があるわけではないが、かしこさに比例して呪文威力が上がる仕様になった事や、Lv20前後でキャップ攻撃力に達してくれるので
敵が単体であれば消費MPに対するダメージ効率はそこそこだが、ヒャダルコベギラマなどの上級呪文をボチボチ取得してきて浮気したくなる時期でもある。

続くDQ9ではメラより先に使ったプレイヤーも多かったうえに、序盤の敵に対して使い所も多く存在感があるものの
その後のDQ11では序盤の敵は火弱点氷耐性の敵が多く、メラやギラの成長速度が異常に速いために
普通にプレイしていると威力ですら劣りがちで氷弱点の敵が増えてくる頃にはベロニカがイオを覚えている事も多くAIに任せていたらトドメに使う程度に使用頻度が減り扱いが再び微妙になってしまっている。

なお、ナンバリングタイトルでは状態異常の数が煩雑にならないように
炎や氷によって起きる状態異常というものはないのだが、スピンオフ作品は例外となっており
ヒャド系の呪文には凍結や鈍足といった追加効果が存在する場合がある。
こちらが使える作品がある一方で、こちらは使えないが敵が使ってくるという作品も結構多く、
マタンゴやマージマタンゴ、スライムつむりあたりが登場すると見かける事がある。

関連タグ

ドラクエ DQ 呪文 
ヒャダルコ ヒャダイン マヒャド マヒャデドス
メラ ギラ(DQ) イオ(ドラゴンクエストの呪文)
ダイヤモンドダスト

関連記事

親記事

ドラクエの呪文一覧 どらくえのじゅもんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒャド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26344

コメント