ピクシブ百科事典

しにがみきぞく

しにがみきぞく

しにがみきぞくとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエスト4』。死神になった貴族の亡霊で、生前は民衆を迫害したり自分たちだけ贅沢したりと外道に堕ちた末に、怒りを買った民衆によって処刑されたらしい。両手に槍を持っており、馬に乗っている。デビュー作であるドラクエ4では、ザラキを唱えてきたり、さまようたましいを呼んでくることがある。ドラクエ7ではヒャダルゴや氷の息といった氷系の攻撃をする。ドラクエ8では空中に自らの紋章を刻みつけて、相手を攻撃することがある。

しにがみきぞく系のモンスター

ボーンナイト
ロバ型のモンスターにまたがる骨の騎士。シリーズによっては下級種だったり上級種だったりする。べホイミ五月雨斬りなどを使う。ファミコン版では別の色だったが、リメイク版以降ではボーンライダーと同じ色になった。最近、骨密度が下がっていてカルシウムをとるため牛乳をたくさん飲んでいるという健康志向を持つ。しかし、身体が骨だからそのまま流れちゃうんじゃないかというツッコミは無粋。

ボーンライダー
ドラゴンクエスト7にのみ登場。最初は砂漠の城の地下で死体をいたぶるという残忍なことやってたところを主人公一行とハディートと出会い戦うことになるというイベント戦になるが、ルカナンを一度だけ使ってくる程度であまり強くはない。戦闘後は女王の首飾りを盾に「この首飾りは女王からもらった」と嘘をつきながら命乞いするが、ハディードがそれを許すはずもなくトドメを刺された。以降は通常エンカウントで登場することになるが、攻撃方法がうってかわって氷系の攻撃を使う。

グレートライドン
地獄の馬にまたがって死を予言する亡霊騎兵。ドラクエ4とドラクエ10に登場する、しにがみきぞく系の最上位モンスター。作品によっては「グレイトライドン」という名前になる。乗っている馬から何故か激しい炎を吐いてくる。まあ、自分の乗っている馬からブレス系の攻撃を使うのは、この系統のモンスターだけではないので気にしないほうがいい。後に3DS版ドラクエ8でも「グレイトライドン」名義で登場。ブレス系は使わず、ベホイミとさみだれ突きを使ってくる。

シャドーノーブル
闇の奥底で生まれた影をまとう高貴なる黒騎士で、凶悪な獣を乗りこなす。「ラリホーマ」や「さみだれ突き」を使う。呪い状態にする攻撃も使ってくることもある。倒すと「魔影貴族ハンター」という称号が手に入る。

関連イラスト

しにがみきぞく



関連タグ

ドラクエ アンデッド 貴族 死神

pixivに投稿された作品 pixivで「しにがみきぞく」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17726

コメント