ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスター。
ドラゴンクエストの全シリーズに登場する唯二のモンスターであり、もう一種はメタルスライム
青い横長の雫型笑顔が付いた姿をしており、「骨の無い半液体状のブヨブヨした軟体生物」と説明される。
一般的なスライムとは異なり、普通に殴る事でも簡単に倒す事が可能で、『ドラゴンクエストⅤ』までは最弱のモンスターであった。
攻撃手段は体当たりとされる。この体当たりのうち、体をパチンコの要領で後ろに引っ張った勢いで放つものを「スラ・ストライク」という。このネーミングは「スラ・バーニング」、「スラ・スマッシャー」、「スラ・スクリュー」という風に派生していった。
鳴き声は「ピキー!」。他にも「スラー」と言ったポケモンじみたものや、「プル」や「キュル」などの質感由来の鳴き声もある。

ドラゴンクエストⅣ』以降においてはキングスライム合体する個体も登場。
ただ、こちらは能力に大きな違いが存在しており、公式ガイドブック上では「合体スライム」と称されている。
なお、合体で誕生したキングスライムは王冠を取られると元のスライムに分裂する。
会話する事ができる襲ってこない個体も存在し、話し掛けると「ボクわるいスライムじゃないよ」と答えるのが定番となっている(派生としてリメイク版ドラクエ6では「ほっといてよ。アタシ悪いマリンスライムなの」と少し変わったマリンスライムが発している)。
スライムが人語を喋る場合、一人称は「ボク」である事が多いが、かねこ統版「スラもり」のスラリンは一人称が「オイラ」となっている。

派生は『ドラゴンクエストⅠ』の時点では、色違いのスライムベスとメタルスライムのみであったが、『ドラゴンクエストⅡ』で登場したバブルスライム系やホイミスライム系をはじめとして、多くの派生キャラクターが存在している(「DQモンスター・スライム系」を参照)。

ドラゴンクエストⅤ』ではモンスターを仲間にできるようになり、おそらく多くの人が真っ先に仲間に加えたであろうモンスター。実際、仲間にしやすく、レベル限界こそ低いが頑張って最後まで育てると、ブレス系では最強の「しゃくねつ」を習得する大器晩成型に仕上がっている。
ドラゴンクエストモンスターズ』でも、「テリーのワンダーランド」では最初のモンスターとして「スラリン」が、ほしふりの大会クリア後に「スラきち」が加入するなど、要所で戦力に加わってくる。例え弱くても、出会いや努力家があれば頼れる戦力にもなれる。ドラゴンクエストXではまもの使いに転職できてから低レベルの段階で仲間になれる。現在は「超便利ツール」でもコインやジェムがあればログアウト時に好きな時に仲間にできる。

スマブラSPにも登場。こちらでは勇者のアピールや勝利演出(原作のモンスターが現れてコマンドを選択する時の再現)、ステージの背景に登場する他スピリットとしても登場し合体ではなく超化してキングスライムになる。
対戦時は小さなカービィ5体→大きなカービィキングスライム扱い?)との戦いとなる。

このように『ドラゴンクエスト』という作品におけるモンスターの代表的するマスコットキャラクター的な存在となっており、『ファイナルファンタジー』のチョコボ、『ポケットモンスター』のピカチュウのように、本シリーズのアイコンとしても機能している(スマブラでは彼らと共演し、チョコボに関してはスライム共々Miiファイターの帽子として登場)。
マリオとは共演の機会もそれなりにあり、上述のスマブラの他、「いただきストリートDS」、「MARIO SPORTS MIX」に出演している。

「スライムぴぴぴ」(こちらは絵本)や「スライムもりもり」といったスライムを主人公に据えた作品も存在している。

デザイン誕生の背景

ドラクエのスライムのデザインが誕生した背景には、初代ドラゴンクエストのソフト容量の限界があったとされている。
バブルスライムを思い浮かべてみればわかると思うが、古典的なスライムの持つアメーバ状の雰囲気を出すためには結構複雑な書き込みが必要となる。
しかし初代ドラゴンクエストは容量をギリギリまで切り詰めて作られていたため、スライムのためだけにそんな容量を確保する余裕もない。
そこで、できる限りシンプルな色数とドット数でなおかつ液状生物の雰囲気が出せるデザインとして鳥山明が提唱したのがこの「水滴型」だとされている。
いわばグラフィックの省力化のたまものなのだ。

色違い系のモンスター


JRPG最弱ザコのアイコン

先述の通り、『DQⅥ』のぶちスライム登場までは序盤モンスターの定番かつ最弱の代名詞だった。
これはシリーズのメジャー化に伴い、作品の枠を超えて「スライム=最弱」の印象を日本中のゲーマーにインプットすることになり、大抵どの作品でも「なんだスライムかよ」と、本家海外ベースのスライムでない限りは強敵扱いされるケースはかなりレアであった。
ぶちスライム登場に際してもひと悶着あり、プレイヤーから「スライムこそ最弱なんだ、ぶちスラとか変な新種に序盤任せんなよ!!」と怒り心頭に発し、ぶちスライムへのヘイトを募らせたスライムファンがいたほど。

しかし『Ⅴ』での「しゃくねつ」の習得、『テリワン』での「マダンテ」(ただし配合値なしではスラリンとスラきちのみ)の習得、合体スライムの存在などなど、味方に引き入れれば育成に見合った強力な呪文や特技を習得し、中盤に突然登場したかと思えばキングスライムへ合体するなど、最弱という印象だからこそ出来る意外性を発揮するケースが増えていった。

大ヒットライトノベル転生したらスライムだった件』は、この【最弱のアイコンと最強の素質】てんこ盛りにして詰め込んだものいって過言ではなく、いかに日本の古典RPGにとっていかに「ザコモンスターとしてのスライム」が大事にされてきたかを示す碑石といえる作品と言い得る。


関連イラスト

溶解妖怪



関連タグ

表記ゆれ:スライム(ドラクエ)

DQモンスター・スライム系 ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 スライム
ドラゴンクエスト スライムもりもりドラゴンクエスト
マスコットキャラクター 雫型 タマネギ型 永沢君男
ジェーナス(艦隊これくしょん)(ジェーナスライム)
スライム肉まん

関連外部リンク

関連記事

親記事

DQモンスター・スライム系 どらくえもんすたーすらいむけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スライム(DQ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スライム(DQ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144799

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました