ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ダイの大冒険

大魔道士マトリフが編み出した「極大消滅呪文」
ネーミングの由来は「メラ」+「ヒャド」+「アロー」だそうである。

劇中より16年前、勇者アバン凍れる時間の秘法を魔王ハドラーに使用。
魔王ハドラーは封印された。
だがこの大呪文はアバンの技量でもLv不足で、術者であるアバンも時間凍結に巻き込まれ、1年もの間停止した状態が続いた…。この封印により束の間の平和がもたらされた。
アバンを犠牲にしてしまった己の無力を嘆いたマトリフが最終決戦用(あるいはハドラーが時間凍結している内に消し飛ばすため?)に試行錯誤の末、開発したのがこの呪文である。

劇中ではポップが、超魔生物と化したハドラーが生み出したオリハルコンハドラー親衛騎団への対抗策として、師であるマトリフより伝授された。

火炎(メラ)系と、氷(ヒャド)系の両方の極大呪文に当たる。
炎と氷、相反する呪文を対消滅させ純粋な対消滅エネルギーの塊とし、光の矢のようにして放つことで、呪文による攻撃を受け付けないオリハルコンはおろか、いかなる攻撃をも無効化するアストロンや凍れる時間の秘法が掛かったものまでも消滅させてしまう最強の攻撃呪文

物理的な防御手段は事実上存在せず、大魔王バーンですら直撃を許せば即死は免れないなど最強の二文字は伊達ではない。
そのあまりの威力ゆえ、編み出したマトリフさえ「おっかないから数えるほどしか使ったことがない」という(実際、修行中の時点でポップが小山一つを丸ごと消し飛ばしている)。

相反する力を同時に制御するという特性上、「センスが無い奴には絶対に出来ない」とのこと。
その為、短時間で会得してみせたポップを観たマトリフは「今日ほどお前を大した奴だと思った事は…ない!」と驚愕していた。

ただし、対抗手段がないわけではなく、呪文そのものの無効化・反射といった手段によって封じることは出来、魔力そのものを吸収する大魔宮中枢部の生体壁にも効果が無かった。
本編中では語られなかったが、おそらく遮断呪文(マホステ)でも無効化できるはずである。
そして本編の時系列の関係上実現しなかったが、呪文の使用自体を封じる効果を持つ氷炎結界呪法でも発動を封じることができると思われる。
そういう意味では純粋にメラ・ヒャド系の最上位である。

またあくまで「物理的な防御手段がない」だけで、移動呪文等で射線上から『避ける』ことは出来、同じメドローアでなら相殺することも可能。 

そして最大の弱点は「強力すぎること」であり、特に【反射呪文(マホカンタ)】で跳ね返されようものなら術者(あるいは術者のパーティー全員)が消滅してしまう。
事実、ポップは一度大魔王バーンにマホカンタでこの呪文を反射され、相殺のためのメドローアで魔力を使いきる事を余儀なくされた。
そして呪文を吸収して反射するという厄介な効果を持つ防具シャハルの鏡』も天敵の一つであり、その持ち主であるシグマとの一騎打ちではポップはうかつにメドローアを使用する事ができなかった。

総じて「絶対防御不可能なチート技」と言うわけではなく、むしろ使いどころの難しいシビアな技といえよう。

そのインパクトは凄まじく、連載当時行われた必殺技の人気投票(単行本第25巻末に掲載)では、作品を代表するアバンストラッシュを抑えて見事1位に輝いている

ちなみに、炎と氷の能力を持つ二人のキャラクターが対になっているイラストにこのタグが付いていることがある。実際のところ、威力、タイミング、呼吸その他諸々を完璧に合わせることが出来れば、理論上は二人がかりで放つことも不可能ではないはずである。

遂に本家進出

本家DQの育成RPG『ドラゴンクエストモンスターズ』にて遂に採用され、モンスター同士で一定確率で発生する『同時攻撃』によって編み出される。登場作品によって見た目は変わるが、その威力は700~900という他の呪文と一線を画す規格外な破壊力を発揮する。
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』では単体で使用できるようになり、威力は500程度で80ものMPを消費する(初の使用は裏ボスのオムド・ロレス)。

『バトルロード2』では「メラミ」と「ヒャダイン」を掛け合わせた、この呪文の下位版ともいえる「メヒャド」が登場。モーションはメドローアを意識したものとなっているが、呪文のパワーに伴って対消滅エネルギーも弱いのか威力は控えめである。

そしてとうとう本編ドラクエシリーズ最新作「ドラゴンクエストⅪ過ぎ去りし時を求めて」に参戦。主人公ベロニカの連携技として採用され、敵全体に大ダメージを与える高火力な技となっている。さすがにポップのように一人で使いこなす事態にはならなかった。


ドラクエ10のコミカライズ「蒼天のソウラ」では、古代魔法の再現作業として登場。
作中では一流の魔法使いがメラ担当、ヒャド担当、制御担当、発射担当と、計四名いなければ扱えない魔法とされ、強力な分反動も大きい。メラヒャド担当はすっからかんになり、制御担当は眼・鼻・口から知恵熱を吹き出させていた。
マホカンタなどの呪文そのものに対抗する手段が鬼門となる点は健在で、撃って反射されたら即全滅と、そのリスクはダイ大以上。
使用者に才能が無ければ扱えない大呪文であったメドローアが、複数の常人に負荷を分散して使用可能になった点は後世の魔法研究による技術的な進歩だが、
それでも凄腕魔法使いの技量と魔法力を限界ギリギリまで消耗する至難の業である。
「伝承の大魔導師は、この作業を一人でやったとあるけれど、誇張なのだろう」と登場人物がこぼしている。
これをたった一人で使いこなし、しかも何発も瞬時に使ってみせたポップは確かに伝説の大魔道士と言えよう。

関連タグ

ダイの大冒険 マトリフ ポップ(ダイの大冒険) メラ ヒャド

火と氷

関連記事

親記事

ダイの大冒険の技 だいのだいぼうけんのわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メドローア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メドローア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1074053

コメント