ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

氷炎結界呪法

ひょうえんけっかいじゅほう

『氷炎結界呪法』とは『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』に登場する呪法の一つ。
目次 [非表示]

概要

魔王軍六大団長の一人である氷炎将軍フレイザードが使用する呪法。本人曰く『氷炎魔団の不敗を支える究極の戦法』であり、以下の手順で発動する。


発動の手順

  1. フレイザードが攻撃技『氷炎爆花散』を発動して、部下に合図を送る。
  2. その合図を受けた部下が、自分達のいる戦場の端に『溶岩で造られた炎魔塔』と『氷で造られた氷魔塔』をそれぞれ離れた所に建造する(作中ではフレイムが炎魔塔、ブリザードが氷魔塔を担当していた)。
  3. そうして造られた二つの塔がアンテナの役目を果たし、フレイザードの命とも言える体内の核(コア)に作用して、強力な結界陣が展開される。

効果

こうして展開された結界には『範囲内にいるフレイザード以外の全ての者はあらゆる呪文(魔法力に依存しているアイテムも同様)が使用不可となり、戦闘能力が5分の1にまで弱体化する』という極めて強力な妨害の効果がある。


対抗手段

強力な妨害効果のある氷炎結界呪法だが、『炎魔塔と氷魔塔から結界が展開されている』という関係上、二つの塔を破壊すれば結界は解除される(結界の範囲外からでも塔の破壊は可)。

なお『展開するには二つの塔が不可欠だが、片方の塔が残っていても結界は維持される』という不思議な特徴がある。

結界の範囲外からの攻撃に対して、フレイザード自身が塔の防衛に向かうと結界の意味がなくなってしまう。

作中では手柄を譲る形で防衛を他者に委ね、フレイザード自身は塔の防衛に参加しなかった。


ゲームでの登場

2017年にDQMSLで行われたコラボイベントにて、氷炎結界呪法が登場した。

本編とは色々と違っており、二つの塔の前での戦闘のみ発動、戦闘開始時に味方全体の攻撃力と賢さが2段階下がる。


氷炎結界呪法の チカラで パーティ全体の

攻撃力と賢さが 弱まった!


余談

作中では氷炎結界呪法で弱体化したダイが、「きたないぞフレイザード……正々堂々と戦えないのか!」と非難しているが、これにフレイザードは「オレは戦うのが好きなんじゃねぇんだ……勝つのが好きなんだよォォッ!!!!」と反論している。


戦いにおいて『相手を弱体化させたり状態異常にすることで万全の状態で実力を発揮できないようにする』というのは立派な作戦(戦法・戦術・戦略)の一つであり、原作ゲームであるドラゴンクエストシリーズでもプレイヤー側が使用できるそういった手段はマホトーンラリホールカニ等いくらでもある。


実際、これらデバフの効果はダイ達アバンの使徒側も使用しており、終盤ではミナカトールという破邪呪文を用いることにより、バーンの住まう大魔宮への魔力供給を断ち、また魔界のモンスター達の力を半減させることで地上の味方を優勢に導いている。


そもそもフレイザードは正々堂々とした力比べをしに来たわけではなく、侵略行為の為に単独で奇襲を仕掛け、相手の本陣で多数を相手に一人で戦うというリスクの高い行動を自ら担っている。

氷炎結界呪法に敵味方の区別が可能(味方は氷炎結界呪法の影響を受けない)かどうかは不明だが、もし仮に無差別(味方も氷炎結界呪法の影響を受けるの)であった場合、フレイザードは救援すら期待できない状況で戦っていたことになる。

一対多数の時点で正々堂々ではなく、弱体化させられたからといって「きたない」と称するのは筋の通らない非難と言えるだろう。


関連タグ

ダイの大冒険 フレイザード

デバフ

ミナカトール


外部リンク

ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*の『氷炎結界呪法』

関連記事

親記事

ダイの大冒険の技 だいのだいぼうけんのわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5690

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました