2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大魔王バーンが掌握する、嘗ての魔王ハドラーを魔軍司令として据え置いた魔物の軍勢。
その規模、構成員は15年前よりも遥かに強大で、数日間で世界を混乱に陥れ、オーザム王国、リンガイア王国、カール王国の主要3カ国(パプニカ王国も一端は壊滅する)を滅ぼした。

魔王軍メンバー

※より詳しい情報は、各々の記事を参照とする。

大魔王

大魔王バーン様


魔界の神を自称する大魔王。強者が弱者を支配する魔界の頂点に立つ。

魔軍司令

ハドラー


16年前に魔王として世界を脅かしていた魔族の男性。
色々と悪辣な人物であったが、アバンダイ達との闘いを越て武人と呼ぶに価する存在となる。

六大軍団

邪悪の六芒星を司る6つの軍団。ハドラーを頂点とし、それぞれの軍団を一騎当千の軍団長が率いている。

魔影軍団

ミストバーン


魔王軍魔影軍団長。闇に満ちたローブで身を隠す謎の人物。
誰よりもバーンの秘密を知る側近で、実質的な魔王軍の最高幹部。

百獣魔団

クロコダイン


魔王軍百獣魔団長。リザードマンに分類されるワニ獣人の男性。
武人肌な戦士であり、命を捨ててでも他人のために戦うダイ達の姿に打たれ味方になる。

不死騎団

ヒュンケル


魔王軍不死騎団長。精悍な人間の青年で、アバンに師事していた使徒の一人。
ある理由からアバンや人間を憎悪していたが、ダイたちとの戦いを経て真実を知り仲間となる。

氷炎魔団

フレイザード様


魔王軍氷炎魔団長。右半身が氷、左半身が炎で出来たエネルギー岩石生命体。
ハドラーの禁呪法により作られた存在で、残虐非道・権力に固執する性格の持ち主。

妖魔士団

ザボエラ様


魔王軍妖魔士団長。妖怪ジジイと称される魔族の老人。
高い魔力と知謀を持つ天才だが、部下や同僚を利用する事を好む生粋の卑劣漢。

ザムザや魔王軍、漫画リク絵など


妖魔士団の幹部。
ザボエラの実子兼助手で、自分自身を実験台にして超魔生物を研究していた。

超竜軍団

怒ってるバラン。


魔王軍超竜軍団長にして最後の純血の竜の騎士。ダイの父親。

竜騎衆

竜騎衆最強の男。魔族と人間の混血児で槍術の達人。バランには「もう一人の息子」と思われるほど信頼を受けている。

無意味な殺戮を好む残虐な鳥人間。兄弟同然に育ったスカイドラゴンのルードに乗って行動する。

鎧を着込む大柄なトドの獣人。武人然としているように見えるが、勝つためには手段を選ばない。

協力者

キルバーン


魔王軍の暗殺者を担う不気味な仮面の人物で、ミストバーンとは同格の存在。使い魔として一つ目ピエロのピロロを従えている。

ハドラー親衛騎団

ハドラー親衛騎団


バーンから授かった超金属製のチェスの駒を元にハドラーの禁呪法により生み出された、意思を持つ五体の金属生命体。

ハドラーの「闘志」を色濃く受け継いだポーン。
荒削りな行動が目立つが誇り高く、卑怯な戦法を良しとしない。

ハドラーの「献身」を受け継いだルーク。
まともに言葉を発することが出来ない、城塞めいた超怪力の巨漢。

ハドラーの「残忍」を受け継いだビショップ。
仲間意識はあるが、冷酷で弱者を痛めつけることを喜び、執念深い。

ハドラーの「気高さ」を受け継いだナイト。
馬の頭部を持つ騎士で、思慮深く慎重な性格の持ち主。

ハドラーの「慈愛」を受け継いだクイーン。
ハドラーの副官を務め、彼への忠誠心は誰よりも強い。

バーンパレス番人

大魔王城の守護を任されている生きた駒のキング。

大魔王城の動力炉を任されている魔物の男。
あくまで管理人で、前線に出るような胆力には乏しい。

元構成員

かつてバーンに雇われ光魔の杖など数々の武具を作った魔界の名工。当時まだハドラー、バランが配下にいなかったとはいえ2人には最後まで隠し通していた地上消滅の真意を伝えた上で魔軍司令に据えようとするほど武器職人としての腕と同等以上に彼の剣士としての腕を買っていた。
だが大魔王の信条とは相入れず、程なくして完全に袂を分かった。

前魔王軍

ハドラーが魔王の頃に率いていた四天王達。
最終的にブラスを除きアバン一行に敗れたが、資質自体は現六大団長にも劣ってはいなかった。

前魔王軍幹部である地獄の騎士
ハドラーの配下で最強とされた武人で、ヒュンケルの育ての親。

前魔王軍幹部である鬼面導師
後に人間の子供を育てることになるデルムリン島の長老。

前魔王軍幹部である人面樹の突然変異体。
貴族的なスタイルに身を包む狡猾な俗物。

前魔王軍幹部であるボストロール
トロル族とは思えない程の細身と聡明な知性を有する異端児。

旧アニメ限定

  • 幻夢魔道ベルドーサ

1991年版劇場用アニメ「起ちあがれ!!アバンの使徒」に登場するオリジナルキャラクター。幻術を操る妖魔士団の幹部で、メドゥーサを男性にしたような魔物。
アバンに化けてダイたちに近づき、洗脳する一歩手前まで来るも失敗に終わり敗死する。
後に本家において「アバンが敵に化けてミストバーンに近づく」という逆の展開が描かれている。

6大将軍

劇場版三作目『ぶちやぶれ!!新生6大将軍』に登場した、1991年版限定のオリジナル軍団。
六大軍団の予備や代理用として設立されていたらしい小部隊。
この頃は合流呪文(リリルーラ)の設定がなかったためか戦士系のキャラたちは画面端まで走って退却するというコメディのような描写がされている。

  • 豪魔軍師ガルヴァス
ハドラーの影武者を務めていたという魔族の男性。
長年の日陰物から脱却し、ハドラーに取って変わろうと目論む。ハドラー曰く「オレと違い卑怯なことを平気でやる男」とのこと。影武者と言っても実力面では(超魔生物化する前の)ハドラーを上回っており、部下たちの統率も取れている方だった。
冷徹冷酷な策謀家ということで部下にも恐れられているが、部下を捨て駒にしたり斬り捨てるような真似はしない。
「ダイと戦う際にアドバンテージを得て優位になる」「一度敗れるが倒れた部下たちへの想いを胸にパワーアップをして復活を果たす」「最後はダイと奥義同士の激突で決着を付ける」「コメディ描写の際に鼻水を垂らす」などハドラーと類似点がある。
詳細はこちら

  • 裏の不死騎団 デスカール(不死将軍)
自らアンデッド化したという邪教の神官。6大将軍最強の男。
武器と光の闘気を使うヒュンケルとは違い、呪文や暗黒魔術を駆使する。更にはミストバーンやフレイザードの技も使う。
またヒュンケルとハドラーは犬猿の仲だったが、デスカールが援護を求めた際にガルヴァスが速やかに応じるなど上司部下の仲は良好だったことが窺える。

  • 裏の妖魔士団 メネロ(妖魔将軍)
魔王軍の中でも珍しい女魔将軍だが、その正体は植物系のモンスター。
6大将軍のNo.2で、デスカールの副官でもある。老魔族のザボエラとは違い若い女性の姿をしている。ただし副官(補佐)という部分は共通。
同じくハドラー新衛騎団の紅一点であるアルビナスも副官(秘書)というポジションで類似点がある。相違点としてメネロは「女の愛や献身」というものに理解を示しており自分を女と任じているが、アルビナスは他者への愛も献身も自分が女であることも否定している。またどちらも「二つの姿を持つ」という点でも共通する。
詳細はこちら

  • 裏の百獣魔団 ザングレイ(百獣将軍)
クロコダインより大きいミノタウロスの様な獣人。
ブレーガンとコンビを組み、ダイのバギで吹っ飛ばされた彼を受け止めるなど仲間意識を見せており、クロコダインと重なる部分もある。
同じく動物をモチーフにした外見で騎士道精神の持ち主というのはシグマに通じるものがある(シグマは負傷したブロックを支えて撤退するなど仲間想いであり、またブロックの巨体を支えられる腕力の持ち主である)。
少し苦しいが敗因も「一度ピンチになるもすかさず反撃して優位に立ったと思ったところで逆襲を受ける」というもの。

  • 裏の氷炎魔団 ブレーガン(氷炎将軍)
炎と氷を操る三節棍を武器とする魔族の武道家。
強者との戦いを求めており、対戦相手にヒュンケルを指名しておきながら一騎討ちで追い詰めるほどの実力者。フレイザードとは違い「戦うのが好き」であることが窺える。
「ヒュンケルとの一騎討ちにこだわり勝利を目前にするも逆転敗北を喫する」というのはヒムとよく似ている(三節棍と徒手空拳という違いはあるがどちらも「武道家」の戦闘スタイルである)。

  • 裏の魔影軍団 ダブルドーラ(魔影将軍)
リビングアーマー(動く甲冑)。頭部と右半身、左半身の三つに分解することが可能。
幽霊のようにふわふわしているミストバーンとは違い、重量感のある見た目をしており頑丈でダメージを与えるのは難しい。ただし「ダメージを与えにくい」という部分はミストバーンにも共通する。
また「重量感のある見た目で左右の半身が分離できる」というのはブロックと似ている。

  • 裏の超竜軍団 ベグロム(超竜将軍)
ガーゴイルのドラゴンライダー。
バランとは違い6人の中では最弱だがプライドだけは高い。
最初の戦いでダイに圧倒されたことを怨んでか、後半の戦いでは一番手としてダイに襲い掛かるも一と両断にされて敗死する。
「一度敗れた恨みから襲い掛かるもダイによって一刀両断にされ最初の戦死者になる」というのはフェンブレンとよく似ている。

余談

原作および1991年版では、ハドラーが各軍団の詳細を語るのだが、身も蓋もない事を言えば読者や視聴者への説明である。
そのため流れ的にも不自然と判断されたのか、2020年版ではクロコダインが初戦でダイ達に説明する形になっていた。

ネタバレ

表面上は地上界制圧が目的と思われていたが、実際は数千年前から魔界で着々と進行していた計画の前段階に過ぎず、これら計画全容の全ては上層部のごく限られた者しか知らない。
六大軍団も後々の世代まで通用する組織を夢想する、大魔王の余興に過ぎず、仮に全滅した所で魔界に本命の軍団が控えており、上層部からすると何の痛痒もなかった模様。

ミストバーンとロン・ベルクの回想によると魔界ではバーンは普通に素顔を見せていたのだが、地上に来てから結成された魔王軍の中では魔王軍結成前からの部下や協力者であった側近二人を除き、魔軍司令であるハドラーすらバーンの顔すら見たことがなかった程度の扱いである。

(ついでに言うならバーンから「自分に鬼眼を使って怪物化したらこうなるであろう姿を模した玩具」程度の扱いだった鬼岩城の機能やバーンパレスに関しても軍団長クラスですら知らされていない)。

関連タグ

ダイの大冒険
六軍王ドラゴンクエストⅪ):軍団長が六人、魔軍司令がいる点が共通している。

関連記事

親記事

ダイの大冒険 だいのだいぼうけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔王軍(ダイの大冒険)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「魔王軍(ダイの大冒険)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24251

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました