ピクシブ百科事典

光魔の杖

こうまのつえ

光魔の杖とは、「ドラゴンクエスト~ダイの大冒険~」に登場する武器のひとつ。
目次[非表示]

概要

大魔王バーンが、竜の騎士ダイとの初戦時に召喚した武器。(バーン曰くロン・ベルクの最高傑作』と称するが、製作した当人は納得がいかない代物らしい)

持ち主の魔法力を打撃力に変換する能力があり、原理は「理力の杖」と一緒である。
だが、理力の杖は一定量の魔法力(ゲームではMP3程度)を打撃力に変換するが誰が使っても武器自体の強さは変わらないのだが、光魔の杖には上限がなく、持ち主の魔法力を吸い上げる量に比例して攻撃力を上げていく、装備直後は先端が展開して光の刃が現れ槍のように使用できる他カラミティ・ウォールを発動させることができる。

ロン・ベルク製の武器が持つ「自動復元機能」があるため、時間経過により修復されたはずだが、ミストバーンから長年預かっていた全盛期の肉体を返却されひとつとなった真バーンは「もう必要ない」と踏み潰した。

性能

  • 魔法力吸収

杖には触手のような飾りがついており、使用者に巻き付くことで魔法力を吸収する。上記の通りその上限は無限大。

  • 戦闘形態
魔法力と引き換えに先端部分が開き、闘気のような破壊エネルギーが噴出される。これが光魔の杖の戦闘形態である。

  • 破壊力
魔法力を無尽蔵に破壊力に変換するため強さに上限がない。膨大な魔法力を持つバーンが手にすれば、オリハルコン製のダイの剣でさえも容易く折ってしまう。

  • 防御力
光の刃の出力を最大限まで上げれば、あらゆる呪文を防ぐことができる障壁を生み出すことができる。(ドルオーラを防ぎ耐え凌いだが、連射されたドルオーラには耐え切れず杖が砕け散った。)

  • 欠点
欠点は、持っている間は常に魔力が放出状態になってしまうため長期戦になるほど攻撃力が落ちていく。
装備直後はダイの剣の刀身を容易く折るほどの威力を見せたが、そのあとで現れたハドラーの覇者の剣は、受け止めるだけで精一杯だった。

大魔王がこの杖を選んだのは何故か?

年老いた自身に護身武器が必要と判断し、当時魔王軍に身を置くロン・ベルクに幾つかの武具を依頼。彼が持ってきたのは「鎧の魔剣」、「光魔の杖」、「鎧の魔槍」の三つの武具。 魔剣は【あらゆる呪文から守る鎧】を持ち、魔槍は【多くの武器が全身に装着されている鎧】を持っている。 光魔の杖は上記のとおりの能力でしかないため、武器そのものの能力は高くないのだが 絶大な魔法力を持つバーンがこれを持つことで恐ろしく強化される。簡単に言えば、バーンは自分の膨大な魔力に耐えうる強度と効率よく攻撃力に還元する性質とは相性がよいからだ。

ロン・ベルクが身を引いた理由は全力で扱っても自分の力に常に耐えられる最強の武具を作る為であったが、魔王の力は【老体であっても、ナイフを一つ持つだけで常軌を逸脱する強さ】を持ち、上等な素材を潤沢に使えるものの、自身の力量が腐っていくのを感じた時期だったとも語っている。
またロン・ベルクは武器の使用者の力量を抜きにして武器への愛着や拘りを持つ姿勢も評価しており、バーンは光魔の杖に対し、上記の魔力を無制限に放出するために長期戦には不向きな性質を理解していない、莫大な力に任せたごり押しで応用しない姿勢、最終的に役割が終えれば踏み潰した(直前には光魔の杖は自身を崩壊させてまでドルオーラからバーンの命を守っている)仕打ちと、飽くまで光魔の杖に寄り添う姿勢は見せなかった(魔王軍に貢献したハドラーですら使い捨てているので配下や物を大事にしないのはある意味当然の成り行きともいえる)。そのため、バーンの元を去ったのは光魔の杖を選んだことよりも、職人として作品に敬意を抱かないバーンに愛想を尽かしたのが本音なのかもしれない。



星のドラゴンクエストでは

悪魔系のモンスターに有効な能力を持っており、攻撃力が「+62」(Lv1)でここから「+97」(Lv2)「+132」(Lv3)と進化する。メインスキルとして【カラミティウォール】がセットされている。

関連タグ

ダイの大冒険

鎧の魔槍:ロン・ベルク作の武具。こちらは所有者変更が起きているが、深い愛着により常時第一線で大活躍した

リボルケイン:元は斬撃兵器でないが発光して斬撃兵器のように使う武器で使用者の能力が非常に高いことも共通している

関連記事

親記事

大魔王バーン だいまおうばーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「光魔の杖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3710

コメント