ピクシブ百科事典

ゴメちゃん

ごめちゃん

ゴメちゃんは『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』に登場するスライムの一種。
目次[非表示]

CV:國府田マリ子(劇場版第一作目)/冬馬由美(1991年TVアニメ版)/降幡愛(2020年TVアニメ版)

概要

デルムリン島の住人の一人で、ダイと幼い頃より常に傍らにいるゴールデンメタルスライムと呼ばれるスライム。 本作のマスコットキャラクター的な存在。

ゴールデンメタルスライムは“伝説の珍獣”とされ、捕らえることの出来た者は巨万の富と名声を得ると伝えられており、冒険者の中にはこれを求めて世界を渡り歩く者がいるほど。
第1話に登場したニセ勇者一行もこの伝説を知っており、欲に目が眩んでゴメちゃんをダイから奪って捕らえている。

鳴き声は「ピィ」。言葉は喋れないが人語は理解できるようで意志疎通は可能。※ダイから頼まれごとを受けた時は『ぴぴっぴ(わかった)!』と応えたり、マァムの脱出を手助けの際には『ぴっぴぴぴ(あっちかな)? ぴっぴぴぴ(こっちかな)?』と言った具合に多少は話せるようである

見た通りを備え、これで空中を飛翔することが可能。翼の先を指のように曲げて指差しをしたり、簡易的に変身してのジェスチャーも可能である。またスライムなので体も柔らかく、ちょっとした隙間なら強引に通り抜けることもできる。
戦闘面では活躍できないものの置き去りにされることは嫌がっており、荷物に紛れ込んだり、マァムレオナの衣服の中に潜り込んで密かについて来るのが定番。うらやまけしからん。※実際、功を奏した瞬間がいくつかあった

その気になるとかなりの速度(クラス)で飛ぶことが出来、非常時には全身を発光させて遠方の味方に信号を送って合図として知らせることも出来る。 ※応用で目暗ましとしても活躍させることも可能

後にチウの「獣王遊撃隊」のNo.2に指名され、左翼にバッジをつけるようになった。
主に情報伝達を行う伝令役として活躍するが勇敢なところもあり、死の大地の戦いではマァムと共に城兵ブロックに攻撃(体当たり)しているシーンが見られた。

不思議な能力とその活躍

デルムリン島のモンスター達が凶暴な性格になってしまっているなか、唯一影響がなかったという不思議な能力を持っている。

スライムらしい形体変化もできるようで、ポップに<ダイが危険>であることを知らせ、ダイ、ポップとはぐれた時に村の子供達に尋ねる時に使用した。

戦闘能力は低いが、クロコダインとの直接対決で倒れたダイを回復させ、マァムが地底魔城に幽閉された時は、彼女の服の中に潜り込み脱出の手助けをし(これによりマァムは、あるアイテムを入手することができた)、ミストバーンに攻撃を仕掛けてダイ達を窮地から脱出させたり、魂の世界でポップを現世への帰還を手助け、チウをフェンブレンから守る為にオリハルコン級の突撃で顔面をひしゃげさせ、レオナを魔力炉から守るべく、彼女の服の中に潜り込み自身のエネルギーを持って守り抜くという大活躍をしていった。

その後の大魔王バーンとの戦いでも、ダイ一行を支える仲間として活躍するが、激戦を潜り抜けて来たため身体が一回り小さくなってしまっていた。



関連タグ

ダイの大冒険 ドラゴンクエスト ドラクエ DQ ダイ(ダイの大冒険) スライム デルムリン島














































※ここから先は『ダイの大冒険』の重大なネタバレがあります。
 原作未読の方及びアニメ派の方は閲覧注意!
























『我が無敵の魔王軍が、ここまで追い詰められた理由が・・・今、わかったわ・・・!』





















【明かされた真実】

『こやつは、スライムでもなければ生物ですらない』

神々の嘆きから生まれたとされる「神の涙」と呼ばれる生きたアイテムで、力無き心を通わせた者が手にすると、思った通りの願いを叶えるとされている。

古来より天地魔界が度々形勢が逆転される事態はこれが関係されているとも言われ、「竜の騎士」と共に神話の時代から畏怖されてきたとも。
ゴールデンメタルスライムの伝承はその謂れが曲解し伝わったもので、その様な魔物は最初から存在しなかった模様。

「神の涙」に意思があるのは悪しき者の願いを叶えない為らしく、デルムリン島に落ちてきたのも、利己心に塗れた人間のいない「地上で一番汚れ無き土地」であったからである。
そして、最初に発見した物心つく前のダイの【僕の友達になってよ】という願いから現在の姿になったのである。

しかし、冒険の旅に出てからも幾度もダイ一行の願いを無意識下であれ聞き届け続けて力を消耗しており、魔力炉から魔法力を放出してレオナを救った時点で小さくなってしまっていた。

瞳を動かす力と理由を知ったバーンはレオナから奪い取るが『お願い・・・あたしたちの友達の命を奪うのは、やめて! 』と懇願されるが、バーンはそれを受け入れず握り潰し一片も残さず砕け散ってしまう。

刹那、ダイは初めて共に言葉を交わすものの、自らは死なないが、再生にも過ごした時間だけ掛かり、その時点で今までの記憶も忘れてしまっているだろうと。それだけが彼の唯一な心残りだとも。

『最後に・・・【叶えたい願い】は・・・ない?』

『今、俺が一番願う事・・・・心を一つに・・・【世界中の人々の心を一つに】できたら・・・』

『心を・・・一つに?』

『ほんの僅かな時間でいい! メルルとポップみたいに、【俺達の知っている事を、世界中に伝えられたら】・・・もしかしたら!』

『・・・やってみるよ!』

残された最後の力を振り絞り、ダイの「自分達を知っている世界中の人々の心を一つに」という願いを叶え、バルジ島ベルナの森オーザム王国に投下され残ったピラァ・オブ・バーンに内蔵した黒の核晶はそれぞれアポロマリンマトリフとニセ勇者一行により凍結。願いを実現できたことを見届けて天へ還っていく。

空が黄金色に染まっていく光景はダイ達を知る者だけでなく世界中の人々の目に焼き付けた。ミーナ、レイラ、ナバラ、フォルケル王、ジャンクとスティーヌ夫妻、メルル、バダック、フローラ、そしてダイを勇者と知らず言葉を交わした少年にも……………

ダイは涙を流しつつも決して落胆することもなく「その時は大人になっているが、いつかまた探し出して友達になってくれるように願いに行く」と笑顔でつぶやき、ポップやレオナと共に再会を約束する。

【さよなら】は、言わないよ・・・・・だから、【またね】


長い年月はかかるが、地上へと帰って来るだろう。友と交わした約束を果たすために・・・

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴメちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187195

コメント