ピクシブ百科事典

竜騎将バラン

ばらん

漫画「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」登場人物、魔王軍超竜軍団団長。
目次[非表示]

概要

魔王軍超竜軍団団長で、ダイの実の父親にして正当な竜の騎士
CV:石塚運昇

竜騎将バラン



かつて魔王ハドラーが地上を脅かしていた頃、待ち望まれていたはずの竜の騎士は現れず、勇者アバンとその一行によって魔王が打倒される。当時バランは魔界に棲む冥竜王ヴェルザー相手に激戦を繰り広げていたからである。瀕死の傷を負って地上へ戻った彼は、竜の騎士の力を回復する奇跡の泉に向かう途中で力尽きかけたところを一人の女性に助けられる。

その女性こそが後にダイの母親となるソアラであった。彼女はアルキード王国の王女であり、王は素性が不明のバランを受け入れ、城に迎え入れようとしていたものの、彼の存在を良しとしなかった家臣たちの嫉妬と陰謀により、城外へ追放されることになった。
ソアラから子供を妊娠したことを知らされたバランは共に駆け落ちしてテラン王国の森へと逃げ延び、そこでダイが生まれたのだった。

しかし、城の追っ手の手は伸び、バランは妻子の安全の保証と引き換えに投降。ところが、公開処刑の際ソアラが身を挺してバランを庇い、命を落としてしまう。思いもがけぬ行動に憤慨し、娘を恥晒しと侮辱した国王に激怒し、竜の力を一気に解放、怒りと共にアルキード王国を一瞬で壊滅させる。

妻と息子を失い、竜の騎士として守るべき人の醜さに失望したバランは、大魔王バーンの呼びかけに応じ魔王軍に加入。超竜軍団の軍団長となる。醜い生き物である人間を抹殺することを己が使命とし、実の息子であるダイを自分の側に引き込むべく立ちはだかり、それを拒む彼を力ずくで従わせるべく親子で死闘を演じることになる。

悲しい過去故に人を徹底的に憎み、邪魔立てする者には容赦はないが、基本的に女子供には手荒なマネはしない。かつてソアラとであった時も荒立てることを好まず、自ら縄に着いたことから人間らしい優しさの心を持ち合わせていたことも伺わせている。それだけに、守るべき人間に(嫉妬と猜疑心で)裏切られ、愛するものを目の前で奪われたことによる怒りと悲しみ、そして憎悪が強かったのだ。

屈強の騎士団を有するカール王国を攻略後、ザボエラから偶発的にダイの力を聞かされ、ハドラーの真意を看破。4番目の刺客としてテランへと赴きダイ一行を襲撃。このことがハドラーの地位を危めた。

テラン王国の竜の騎士だけが中に入ることのできる竜の神殿で成長したダイと邂逅、魔王軍に誘ったが撥ね付けられ、そのまま交戦。この際アバンストラッシュを受けるも全くの無傷で耐えた。
吹き飛ばしたダイを追い、地上に出てポップレオナ姫も交えての戦いになる。
この際ポップの重圧呪文ベタンも通用せず、ダイに必殺剣ギガブレイクを放ち戦闘不能状態にしている。
直後、救援に現れた獣王クロコダインと戦い、竜闘気を集中して首を狙った一撃を棒立ちで防ぎ、右腕を破壊した挙句に目にもダメージを与える。
その後、ベホマで回復したダイのアバンストラッシュとクロコダインの獣王会心撃を同時に浴び、流血。その力に危機感を覚え、竜の紋章を共鳴させ、記憶を奪い退いた。

ダイを奪還すべく、ポップの真意を悟ったクロコダインとレオナと交戦。竜騎衆を打ち破って救援に現れたヒュンケルから説得されるが、葛藤の末に戦う道を選び竜魔人に変身。
圧倒的な力でその場にいた全員を圧倒するがポップの捨て身の自己犠牲呪文により記憶を取り戻したダイが参戦し、竜の騎士同士の壮絶な戦いが開始される。だが、武器の力の差で優勢だったが仲間達の行動によりギガデインすら撃てなくなり、ライデイン]]を用いた不完全なギガブレイクとダイの全竜闘気をこめた魔剣を用いたライデインストラッシュの激突の末、死体となったポップが呪文で援護するという奇跡もあり相討ちとなった。
この時己の罪を知り、ポップに竜の血を与えた上で息子に討たれる事で罪を清算しようとテランより去る。

竜の騎士として


魔王軍を離れた自分を暗殺しにかかったキルバーンを容易く退け、バーンの目的が地上の消滅にあると知り、独自に行動する。
死の大地にてチウをいたぶるハドラー親衛騎団の一人僧正フェンブレンを発見、両目を剛竜剣で貫き撤退させる。
その後、ヒュンケルとクロコダインに遭遇、ダイの為、捨て石となろうとする自分を止めようとするヒュンケルと一騎打ちになるもヒュンケルが無刀陣の対象を割り込んできた女王アルビナスに切り替えたことでヒュンケルに再起不能に陥る傷を負わせてしまう。
その覚悟と意思を汲んだ思いに応え、ダイと協力して魔宮の門を打ち砕いている。

パワーアップを果たした超魔ハドラーと激突。その体内に「黒の核晶」があることで思うように戦えなかったがダイが自分をかばい重傷を負ったことにより、ダイを眠らせ二度とならないと誓った竜魔人に再び変身。
ハドラーすらも圧倒し、自身の竜闘気によって体内にある「黒の核晶」の爆発を防いでおり、これはバーンをも驚嘆させている。
だが、闇の衣を解放したミストバーンの魔力で核晶が起爆、自らの全ての力と命を代償にダイ達を守り抜いた。

「私は真の竜の騎士ではない・・・力も魔力もあったが心が無かった。お前にはそれがある」と息子に言い残し、最期を迎えた。もはや意識も残されていなかったが今際の際ダイに最初で最後「父さん」と呼ばれた。
遺体はバーンによって焼き尽くされ滅したが、竜の紋章はダイに受け継がれ、死後も幻影として現れて彼を奮い立たせ、最終決戦の最終盤で真魔剛竜剣を受け継がせている。

バランの場合は直接の死因ではないのだが、敵に焼き尽くされるという彼に似た最期を遂げたドラゴンクエストシリーズの主人公の父親にはドラゴンクエストⅢオルテガドラゴンクエストⅤパパスがいる。

また、戦闘シーンのあるドラゴンクエストシリーズの主人公の父親で死亡していないのはドラゴンクエストソードバウドくらいである。

使用した武器、呪文、特技

真魔剛竜剣
竜の騎士に代々受け継がれている竜闘気の衝撃に耐えうる武器。神が作ったとされるオリハルコン製の片刃の大剣で、自己修復能力を持つ。最終決戦の際、ダイの武器として再登場したものの従来の竜の騎士よりも潜在能力以上の全力では一撃しか耐えられなかった。
余談だが、ロン・ベルクはこの剣に匹敵する武器を作ることが最大の目標であった。

竜の紋章
竜の騎士の額に輝く紋章。人間との混血であるダイの紋章は手の甲にある(元は額にあったが、自力で移した)。バランの死後、ダイが紋章を受け継いで双竜紋となった。

竜闘気
竜の騎士の基本にして最大の能力。竜の紋章が輝くとき、生命エネルギーの気流が体を覆う。
攻防どちらにも優れ、メガンテ以外のあらゆる呪文を受け付けず、クロコダインの渾身の一撃さえ棒立ちで防ぐがそれを上回る力で攻撃されるとダメージを負ってしまう。現に彼自身も「私がクロコダインを徹底的に叩いたのは奴のようなタイプが一番恐ろしいからだ。竜闘気をもってしてもそれ以上の力で攻撃されれば私の体も傷つけられてしまうからな・・・奴の様に力や闘気を持って戦うタイプが一番怖い」と発言している。

紋章閃
竜の紋章に力を集中し、相手に撃つ技。全開で放てばをも吹き飛ばすほどの威力を持ち、この技で剣の技では自分に引けをとらなかったカール王国最強の騎士ホルキンスを一撃で沈めている他、ダイも使ったことがある。

・竜の牙(ドラゴンファング)
左目を覆う形で装備している、ドラゴンの頭を模したアクセサリー。竜魔人に変身する際にはこれに雷を受け、変身するほか、ハドラーとの戦いの際には隙を作るため攻撃に使った。

ギガデイン
電撃系最大の呪文。ダイたちとの二度目の戦闘の際には仲間の捨て身の援護によりMPが足りずライデインになってしまったことがある。

バギ
真空呪文。レオナに対して使用。

ラリホーマ
眠りを誘う呪文。バランは竜魔人となった姿をダイに見せないために使用。ある程度以上のレベルの相手には効きにくい呪文だが、重傷を負っていたダイにはこの呪文の効果があった。(ダイが眠った後 『相変わらず、寝かしつけるのが下手だな・・・』と昔の頃を思い出した)

ギガブレイク
ギガデインの魔法剣で、最強剣。ハドラーに「オレの首ひとつはねられん威力だとは絶対に思えん」と言わしめる凄まじい威力を持つ。息子であるダイはこの技とアバンストラッシュを合わせた最強剣「ギガストラッシュ」を編み出している。
後にドラゴンクエストⅧにて主人公の特技として公式化。

竜魔人
竜の騎士の究極戦闘形態。圧倒的な戦闘能力に加え、変身すると血が青く変色する。
竜の騎士の中の3つの力の内、『竜の力』が強く作用するため、バラン自身の人間に対する憎しみも合間って彼自身でも制御しきれるかどうか分からないという程の力を見せ付けるに至った。
かつてダイとの戦いで変身した後、二度とこの姿にはならないとの誓いを立てる。結局はその誓いを破ってしまうが、それはダイを守らんがためであった。

ドルオーラ
竜闘気砲呪文。魔力で超圧縮した竜闘気をかめはめ波のように放つ(魔力は竜闘気の圧縮に使っているだけなのでマホカンタでも反射できない)。
アルキードの国の人々を国ごと吹き飛ばす程の威力を持ち、竜魔人となったバランが撃つ際には拳が竜の口を思わせるフォームとなる。
消耗が激しく、バランでも3発は打てない。

関連タグ

ダイの大冒険 ダイ 父親

pixivに投稿された作品 pixivで「竜騎将バラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85259

コメント