ピクシブ百科事典

竜闘気

どらごにっくおーら

漫画『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』に登場する闘気。画像検索をすると「紅美鈴」の方が多くヒットする。
目次[非表示]

「この竜の紋章が輝くと、わたしの体は竜闘気と呼ばれる生命エネルギーの気流に覆われるのだ……。
 それは、全身を鋼鉄のように強化し、あらゆる呪文を跳ね返す防御幕となる!
 そして、この竜闘気を全開にし、その威力をもって闘えば……
 この地上のいかなる生物も太刀打ちできんっ……!!!

概要

竜の騎士だけが持つ闘気。額に竜の紋章が輝く時に発揮され、竜の騎士の攻防力を飛躍的に向上させる。
竜の騎士の超絶的な戦闘力の根幹とも言える能力であり、あらゆる呪文を跳ね返し、物理的な攻撃もある程度は防ぐことが可能となる。
身体能力や魔法力も増幅された状態となり、並の戦士とは離れた存在に変じることになる。中でも防御面については、竜の騎士に覚醒したばかりのダイが竜闘気砲呪文(ドルオーラ)を弾いていたことからもその強大さが窺い知れるだろう(逆に竜闘気をゼロに抑えれば、人間の放つメラ級の呪文でも火傷するとバランが語っている)。

ただし、使い手の力量によってはダメージを受ける。バラン曰く「あらゆる呪文を防ぐ竜闘気も、それ以上のパワーや闘気を受ければ貫かれ体を傷つけられてしまう。よってクロコダインのようなタイプが一番恐ろしい」とのこと。

欠点は燃費の悪さと強大すぎるエネルギー。上記にもある通り生命エネルギーを放出するためダイが竜の紋章を任意発動できるようになった当初は、右拳という一点にエネルギーを集中していた事やコントロールが上手くできなかった事もありすぐガス欠を起こしてしまった。
また、竜闘気を帯びた武器は超金属オリハルコン製のものでなければ戦闘中に一度振るうか振るわないかのうちに消滅してしまう。特にダイは右拳にエネルギーを集中するためこの傾向が強く、鎧の魔剣でも耐え切れなかった。 ※竜闘気を発動させなければ、従来の武器でも問題なく使用することができる。

性質的にはレオナの推察だと「暗黒闘気」に近いらしく、竜闘気を帯びた状態だと魔法の効果が受けにくい。実際にダイの場合はレオナのベホマを受け付けるのに時間が掛かり、回復魔法を使えば一瞬で黒焦げの肉体を全快させられるバーンでさえも竜闘気で傷つけられた時は怪我を治す描写がない(若バーン戦でレオナが推察している)。ちなみにバーンは自己再生もできるが回復力を司る心臓を潰されていたので使用不可になっていた。
この事から竜闘気は魔法と相反する性質を持ち合わせていると考えられる(実際にダイも竜闘気を完全に身に付ける前の時は肉体に回復魔法を受け付けていた)。

ドルオーラ(竜闘気砲呪文)

竜闘気を魔法力で超圧縮して放出する呪文。過去にバランがアルキード王国を滅ぼす、どころかアルキードが存在した大地が丸ごと消滅させるほど。(後の時代の地図にはアルキード存在した陸地が完全に消えている)

呪文とは言っても魔法力を竜闘気を圧縮するために使用しているので、発射されるのは竜闘気そのものである。このため、マホカンタなどで反射・無力化することはできず、コレに対抗する手段は耐えるか、避けるかのみ。十分な闘気量があれば同質攻撃による防御は可能である。
その分圧縮に使用する魔力は莫大で、一日に二発が限度とされる。

関連タグ

ダイの大冒険 竜の騎士 竜魔人 ダイの大冒険の技
竜騎将バラン ダイ(ダイの大冒険)

関連記事

親記事

竜の騎士 どらごんのきし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「竜闘気」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 451179

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました