2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

氷川総司令

げきちゅうではひかわです

氷川総司令とは、PS2ゲーム『真・女神転生Ⅲ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:小野大輔(HDリマスター版)

概要

PS2ゲーム真・女神転生Ⅲに登場するキャラクター。
表向きは通信会社サイバース・コミュニケーションの重役だが、裏ではガイア教の幹部でもある。
特徴的な前髪に目が行き易く、一見するとギャグキャラにしか見えないが、実際は劇中の黒幕の1人である。

人物像

重度のニヒリストかつペシミストであり、人間が持つ欲望を嫌悪・唾棄している。
「人間は飽くまでも、世界の構成物の一端に過ぎない」とも考えており、端的に評すれば人間嫌いそのもの。
また、極めて冷静で狡猾な策士であり、その域は機械そのものである。
一方で、過去の因縁に囚われず、相手の今ある姿を的確に把握する柔軟性も持ち合わせており、人修羅が自らの配下達を悉く返り討ちにし、強力な悪魔に成長したのを認めた上で、自らの思想に賛同する姿勢を見せた場合には、一転して協力姿勢を取る(残された幹部を加勢させる、創世の舵取りは人修羅に委ねる)意外な一面も。
使役(?)する悪魔は堕天使邪神魔王等が中心となっている。

劇中の遍歴

東京受胎以前

本編開始以前にガイア教の聖典・ミロク経典の解読に成功して、東京受胎の実行を決意し、手始めに代々木公園でガイア教の主要陣営を皆殺しにする。
その後、儀式の要たる創世の巫女高尾祐子を篭絡した後、遂に新宿衛生病院にて東京受胎を実行するが、その最中に1人の少年が自分の許に現れた為、1度は殺害しようとした……が、祐子から「彼を見逃せないのならば協力しない」と、緩やかな脅迫を受けた為に見逃した。

東京受胎後

序盤はギンザを本拠地にニヒロ機構なる組織を結成、創世に必要なマガツヒを回収していた。
途中でイケブクロを本拠地とする悪魔の集団・マントラ軍に襲撃を受けたものの、襲撃を受けたアジトはダミーであり、本来のアジトに備え付けられたマガツヒ強奪装置・ナイトメアシステムで反撃、マントラ軍をほぼ壊滅に追い込む。

オベリスクでの決戦後は行方を眩ましていたが、崩壊したマントラ軍本拠地にて主人公と再会、そこで自らが興したコトワリ・シジマの理念を語った後に再び姿を消した。

終盤ではトウキョウ議事堂にて、同地に眠るマガツヒの奪取に動き出し、を犠牲にそれを得るのに成功した。
その際、かつて協力関係にあった祐子と再会、彼女の内にあった矛盾を論破して彼女に止めを刺した。
そして、遂にシジマの守護・魔王アーリマンを召喚・合一化するのだった。

カグツチ塔

魔王アーリマンを参照。

余談

シジマエンディングでは、主人公の関係者達を差し置いて、唯1人生存し主人公と共にエンディングを迎えている

劇中では唯1人個人名が明記されてない為、『氷川』と表記されているが、『氷川』だけでは有名演歌歌手仮面ライダー、更にはプリキュアも検索結果に出る為、この項目ではニヒロ機構に属する悪魔だけが使う「氷川総司令」の呼称を用いている。

同作のドラマCDでは唯1人出演していない。但し、上記の通りHDリマスター版にて正式にボイスが付いた。

恐らく、氷川が存在しない異なる世界線を描いたであろう『真・女神転生Ⅳ』では、誰もミロク経典の解読に成功しなかった故に、東京受胎が起きない異なる終末が訪れ、中世のような「東のミカド国」と、岩盤に包まれた地下に存在する「東京」に分かれてしまった。

関連タグ

真・女神転生Ⅲ 黒幕

総統メビウス/管理国家ラビリンスプリキュアシリーズにおける同類項にして、氷川の理想を実現した理想郷。

真木清人特撮における同類項。

ラウ・ル・クルーゼフラダリ:人の醜い欲望に辟易し、半ば同じ所業を実行しようとした人物。こちらは明確な過去により、人によっては哀しき悪役に該当する。

関連記事

親記事

真・女神転生Ⅲ しんめがみてんせいすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「氷川総司令」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「氷川総司令」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44742

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました