ピクシブ百科事典

獣王グノン

じゅうおうぐのん

獣王グノンは「ロトの紋章」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概説

大魔王異魔神に仕える四人の魔王の一人。動物系のモンスターからなる獣(ビースト)兵団を率いる。
精悍な顔立ちに金髪の男前だが、後述の性格から暴君然とした印象を強める。
大鎌を武器とし、野生の感性と卓越した格闘戦のセンスで、近接戦闘では無類の強さを誇る。
翼の生えた獣人の姿をしているが、真の姿はスフィンクスのような魔獣。

魔王軍の中で、唯一の真正の魔族である。
(ジャガンと冥王ゴルゴナは元々人間、竜王は善なる竜の一族の血を引く聖なる存在)

性格

傲慢・尊大にして強気、かつ残虐で、例え部下であっても敗者を切り捨てる冷徹な性格。
獣らしく直情的かつ短期で粗暴な面があるがその一方で異魔神の方針に疑問を抱いたり、アルスを追い詰めるために策略をめぐらして孤立させる等、得物を追い詰める肉食獣がごとき狡猾な一面も併せ持つ。

劇中での活躍

アルス一行が海王リバイアサンを退けてアリアハンに到着したことを受け、10万もの兵を招集してアリアハンへと侵攻。
勇者の故郷として各国から矛を向けられた経緯から、厭戦主義が染み付いたアリアハンに魔法での通信で宣戦布告し、アルスを指し出すよう要求する。

1対10万という絶望的な戦いを強いることで勝利を確信するが、アルスの決意と彼を助けようとするパーティーの仲間たちの決死の後援、さらにキラの到着とポロンの賢王への覚醒、彼らの雄姿に忘れかけていた“戦う勇気”を取り戻したアリアハンの人々によって窮地に立たされる。

そして魔獣形態となって勇者と三人のケンオウを迎え撃つが、激戦の果てにミナデインを纏った光の剣が眉間に突き刺さり生、命や魔力も使い果たしても反撃に転じ立ったまま絶命するという壮絶な最期を遂げた。

遺体はそのまま放置されたが、ジャガンがアルスを襲撃する際、嘲笑いながら破壊している。


続編への登場

紋章を継ぐ者達へ』においてクインゾルマの手によって再生され、アリアハンを襲撃する。

以前よりもパワーアップし、さらに自らの配下である四天王の骸が変化した鎧をまとって鉄壁の防御を獲得、さ人間に対して「蛆虫」という蔑称を吐くほど憎悪が加速し、その怒りから今まで以上に容赦がない。
特に“勇者”という存在に特大の憎悪を募らせており、アロスを執拗に追い回す。

クインゾルマから新たな兵力を与えられ、彼女の餌なる恐怖と憎悪の感情をかき集めるべく魔物たちを率いる。
ゾルマの目的などハナから意に介しておらず、ただ勇者と人間への復讐を目的に戦い続ける。

関連タグ

ロトの紋章
魔王軍 モンスター 幹部
獣王 暴君
スフィンクス

pixivに投稿された作品 pixivで「獣王グノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35

コメント