ピクシブ百科事典

冥王ゴルゴナ

めいおうごるごな

冥王ゴルゴナは「ロトの紋章」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概説

大魔王異魔神率いる魔王軍の四魔王の一人にして、異魔神の側近。妖(ファントム)兵団を率いる。実質上の最高幹部。

もとは一万二千年前に栄えたムー帝国の太陽王ラ・ムー(タオ)の弟ゴルゴナであり、優れた魔道師であり召喚師であった。しかし世界征服の野望を抱いて異魔神を召喚しムー帝国滅亡のきっかけを作ったことから、兄に罰として六人の部下とともに滅びゆくムー帝国に置き去りにされた。
だが、間際に冥界の大蜘蛛と合体することにより冥王ゴルゴナとして生まれ変わり、魔王となる。
その後、宇宙に追放されていた異魔神の精神をこの世に呼びもどし新生魔王軍を結成。異魔神に仕え暗躍する。

その後、終盤でアルス一行と交戦し、一行を冥界に引きずり込んで追い詰めるが、駆けつけてきたタオ導師と一万二千年振りの邂逅を果たす。タオと戦って深刻なダメージを負った際に一緒に融合した部下を切り離して分離し、死なせた部下を蘇らせようとする。
しかし大蜘蛛から分離したために冥王の力を失っていたことに気づかず、タオを仲間に引き込むフリをして不意打ちにしようとするも見抜かれて引導を渡された。

能力など

冥界の大蜘蛛から与えられた力により、様々な幻術を扱う。

その中でも特筆すべきなのが死者をゾンビとして再生させる能力で、ゴルゴナが使うそれは、意志も痛覚も持たぬ完全なゾンビとして使役する事ができるにも関わらず、あえて意志や痛覚を残した不完全な状態でゾンビにする
ゴルゴナいわく、のた打ち回るほどの苦痛を味わうことによってより力が増幅されるということらしく、カーメン城にて差し向けたバラモスゾンビもまた、皮膚をあえて作らぬことでむき出しの肉に空気が触れただけで激痛が走るという地獄の責め苦のような状態で蘇らされ、ゴルゴナの思惑通り苦痛にのたうちまわりながら暴れまわった。

ゴルゴナによってゾンビとして復活した生物は常に死の苦痛に苦しみ続けながら戦わされる事となるが、ゾンビであるため攻撃され身体を破壊されても死ねない。更に肉片から別種のゾンビモンスターが誕生してしまうという厄介な特質をもっており、唯一の対抗手段である「聖なる力」を行使できる状況下でない限り、延々と地獄絵図が続くことになる。

元がモンスター相手とはいえ、この残忍かつ卑劣なやり口にアルスは激怒している。

紋章を継ぐ者達へ

本作の黒幕であるクインゾルマの手により、獣王グノンまさかの復活
しかも今回は青肌金髪イケメン紳士という風貌。
当人曰く、魔王軍に参画する以前から冥府の支配者として顕現しており、冥界の大蜘蛛として科学者ゴルゴナに力を貸した頃から冥界を牛耳っていたという。

クインゾルマとは同盟者といった関係で、勇者に復讐しながら生者の足掻きを嗤えればいいという愉悦思考を一意する死神的な性格がより強くなった。
同時に大魔王ゾーマ復活のキーマンでもあり、彼の魂を冥界の深奥から呼び出す役目を負っている。

グノンが倒されてから本格的に活動を始め、ローラン城を訪れたリーとユイを窮地に陥れ、またカーメン城で戦うクインゾルマによって復活したバラモスとバラモスブロスの強化体「バラモスフレア」と「バラモスブリザード」を、やはりゾンビ化させて戦わせるなど、相も変らぬ外道ぶりを発揮。
そして世界中に冥府の呪いをかけたスズランを流通させ、世界中の人々を「スズラン人間」に変えてベゼルの結婚式で勇者一行を一網打尽にする奇策を決行。

しかし前者は剣王キラの兄・サーバインの介入で、リーが傷を癒す「軟気功」を修得してユイを救い窮地を脱し、二人を仕留め損ねる。さらにチルチルとミチルによって、大地の精霊ジガンの導きで無名の英霊たちに隔離されたアロスとアニスが解放され、親世代と合流してバラモス兄弟の合体モンスター「バラモスエンペラー」を合体魔法「メテオカタストロフィ」で瞬殺され、こちらも失敗。
後者も自ら犠牲を進み出たアルスを血祭りにあげることに成功するが、直後に降り注いだ血の雨に「勇者の光の力の因子」が混ざっており、その効果で肉体を溶かされて消滅。
そして幽界の狭間でゾーマの魂の復活を心待ちにするも、またもサーバインの介入を許して失敗し、アルスに斬られて今度こそ完全消滅と相成った。


関連タグ

ロトの紋章 七福神…ゴルゴナと部下達のモデル。
蜘蛛 ネクロマンサー
吐き気を催す邪悪 だいたいこいつのせい

関連記事

親記事

ロトの紋章 ろとのもんしょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「冥王ゴルゴナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 967

コメント