ピクシブ百科事典

異魔神

いまじん

マンガ「ロトの紋章」に登場する破壊邪神であり、ラスボス(メイン画像右側の巨人。ちなみにこの姿は第2形体)。
目次[非表示]

概要

魔界をも震撼させる程の力を持つ血と破壊と混沌を司る破壊神で、ロトの紋章におけるラスボス

その余りにも強大な力を持つため自ら異空間にその身を潜ませていたが(魔界を追われ空間に封印されていたという説もある)、物語が始まる1万2千年前、世界を我が物にしようと野心を抱く古代ムー帝国の魔導士にして科学者、そして太陽王ラ・ムー(後のタオ老師)の弟・ゴルゴナ(後の冥王ゴルゴナ)によりその精神を召喚され、世界を支配した後、その世界の半分をゴルゴナへと渡す変わりに、世界樹のエキスから精製した細胞を使った不死の肉体を得るという交換条件の元、生き神としてムー帝国を恐怖政治で支配するも、実際の所、世界征服なんぞには全く興味は無く、ある目的(後述)のために着々と準備を密かに推し進め、ある日を境に暴走、一夜にしてムー帝国を崩壊させ、暫く身を潜める。

そしてその数年後、再び姿を現したところを精霊ルビスの放った究極の大転移魔法「オメガルーラ」によって精神を宇宙の彼方へ飛ばされてしまい、肉体は闇のオーブに封印されるが大魔王ゾーマによりルビスが封印されてしまった事を契機に復活した冥王ゴルゴナによりゾーマが倒されてから数年後その精神の身が召喚され現世に舞い戻り、再び世界に破壊と混乱をもたらす為、再び活動を開始する。

真の目的(ネタバレ注意)







































上記にある通り異魔神の目的は世界の征服ではない。その真の目的は自身を疎み、異世界へと追放した精霊ルビスへの復讐であり、自身の持つ聖核(セイントコア)と世界樹のそれを融合・臨界させることにより世界を再び原初(カオス)へと戻す事。ようは世界を消滅させることが真の目的である。
その為にゴルゴナの野心を利用し、魔王軍メンバーを甘言で欺きつつ、自身の野望達成のため着々と時を待ち続けてきた。

そしてジャガンの暴走により遂に肉体を取り戻した異魔神は目的のために事を運ぶが、アルス達の決死の活躍によりオメガルーラによって再び肉体は封印され、精神はかつての様に宇宙の彼方に飛ばされたかと思われた。

しかし実は、密かに自身の精神をアランの体に移し難を逃れていたため、アランの体を乗っ取ることで再び復活、時が熟したため、世界を消滅させるため、世界樹の元へと向かうも、精霊ルビスの命がけの行動により世界樹が消滅していたため、目的が達成できない事を悟り、激昂、闇のオーブの封印を解き真の姿である最終形体となり、半ばヤケクソ八つ当たりでアルスたちのとの最終決戦へと挑む。

当初はその圧倒的(?)な力で次々とアルスたちやその仲間たちを追い詰めて行くが、アルスたちが今までの冒険で育まれた絆によっり集いし人々の尽力の前に次第に追い詰められて行き、産まれて初めて恐怖感を抱き始める

最後はアルスのもとへ集まった世界中の人々の魔法力を結集させたミナデインの前に敗れ去り、その際「自らを破滅させる事こそが真の目的だったのかも知れない」と呟く。
そんなことの為に多くの人たちを犠牲にしてきたことを感じ取り激昂したアルスに剥き出しとなった聖核(セイントコア)を拳で破壊されるも、そこへムラクのお札から飛び出た世界樹の種とこの聖核が一体化、肉体は瞬く間に新たな世界樹の母体なるのと同時に精神体も消滅し滅び去った。

なお、完全版ではそのあたりの有耶無耶な部分の補足がされており肉体が世界樹の母体となった瞬間に現れた精霊ルビスの言葉を聞き、自分の過ちを悟り精神的に救われたことが判明している。

各形態の概要

異魔神(精神体)

物語当初の姿。ゴルゴナが制作した精神投影機に浮かび上がる強大な顔(もといお面?)の姿をしており、投影機に映し出されるホログラフィの様なものなのか、アステアから攫まされた偽の闇のオーブを精神投影機に挿入した所、画像が乱れるようなシーンが存在する。

この状態でも強大な魔力を有しており、再び召喚された直後、世界中の旅の扉の使用を封印し、世界を混乱に陥れた。

なお、普段は闇の虚空に浮かぶ不気味な白い無表情の巨大な顔の身の姿だが、場合によっては巨大な腕を自身精神の機能をつかい投影することが出るようで、また精神投影機の影響で自身が見る夢を周りに投影されることが有る模様。

ちなみに口数は少ないものの、彼のこの形態の時が一番、威厳がある姿だったりする。

異魔神(第一形態)

魔人王ジャガンがそうとは知らず、肉体が封じられた闇のオーブを破壊したことで復活した肉体と精神体が一つになろうとした際の姿。

スライム状の不定形の肉塊は周囲にエネルギーや生物を取り込んで成長していき、機が熟すと精神と肉体が一体化し第2形体へと成長する。

異魔神(第二形態)

異魔神(第一形態)が力を満し、成長し切った形態にして魔界の異空間に潜ませていた時の姿。
巨大な人型の巨人姿もとい怪獣形態

この形態になる事で「りゅうせい」に代表される幾多の高密度魔法言語と呼ばれる強力な魔法を使用することか出来るようになり、その凄まじい破壊力は周囲の地形さえ変化させる。さらにその咆哮の衝撃波だけでもあたりの物を破壊し尽すことが可能。

また、その巨体ゆえに通常の攻撃が殆ど通じず、さらに世界樹のエキスから抽出され生み出された細胞は極めて高い再生能力を持っているため、いくらダメージを与え続けてもすぐに再生してしまうほか、死者の魂を高密度魔法言語「げっこう」で幻の月を作り、それにより世界樹の活動を促進させることで、元からある再生能力を上昇さているため、脅威の回復力を得ている。

その代わり、強力な魔法攻撃には弱いという弱点を持つため、かつて大魔王ゾーマが纏っていた闇の衣を身に纏って魔法攻撃を遮断している。またオメガルーラ対策としてロトの血を引くアランの聖なる力を吸収しているため、多少の聖なる力には対抗で来るが、強力な聖なる力には流石に抗う事は出来ないようだ。

ぶっちゃけスケールがデカすぎて、前述の様に目的が世界の消滅だのFFのボスと言われた方がしっくりくる。

ちなみに高密度魔法言語が全て平仮名になっていることや精神体時よりも更に口数が少なっている事などの影響であまり頭が良くないような印象を与えてしまうが、その圧倒的な攻撃力や都市を次々に襲撃し、大量虐殺や破壊活動をするその姿は物語中最大の絶望感や悲壮感差が漂っており、まさに破壊邪神としての姿を読者に焼き付けてくれた。

なお余談だが、この形態の姿が明らかになるのは終盤であり、それまではシークレット扱いのはずなのだが、実は第1話の初期段階にて小さなシルエットとして何気にネタバレしていたりしちゃっている…(・_・;)。いいのか?

異魔神(最終形態)

魔界をも震撼させた異魔神の真の姿。
ロト紋ではグノンに続く一応、美形の男性の姿をしており、巨大な巨人(怪獣)形態~人型形態(ロ)へと変わるという形態変化はあまり見られない珍しいパターンである。この形態へとなると口数が多くなり、常に他者を低く見た言動が目立つようになる。

なお、本人曰はく「あれだけの質量のものが凝縮されたのだ。魔力は変わらないものの、パワーやスピードは以前とは比べ物にならない。よってお前たちには勝ち目はない」とのこと。
ところが実際には魔法の規模は縮小されている上、剣等による物理攻撃でもダメージを受けやすくなっているため、全っ然そのようには見えない。
そのほか、アルスたちと戦う理由自分の真の目的を邪魔したことによるただの八つ当たりだったり、ポロンの放ったマダンテで瀕死の重傷を負った際、回復が遅い原因がタオ老師が幻の月を1つ浄化した事を知った途端、怒りに任せて大事な月をタオ老師ごと吹き飛ばしちゃったりと、感情に任せて行動する場面が多くなったことやセリフがいちいち小者くさいため、全く強そうに見えないのが玉に傷。

とはいえその幻の月が潜在だった時のチート級の回復能力や次々とアルスたちの嘗ての仲間を惨殺していくその姿はある意味絶望感を漂わせているため、全く弱々大魔王という訳ではない
あくまで第2形体の強さが目立ってしまっているだけなのだ…きっと…。

pixivに投稿された作品 pixivで「異魔神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8661

コメント