2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

RPG「ドラゴンクエスト」シリーズの呪文デイン系の最強呪文。初出はドラゴンクエストⅣ。下位呪文に当たるライデインギガデインドラゴンクエストⅢが初出だが、こちらは一作遅れて登場している。ライデイン、ギガデインと同じく勇者専用の電撃呪文。基本的にミナデインを唱えるターンは、他のキャラクターは行動出来なくなってしまうので、使いどころが難しい呪文。

ドラゴンクエストⅣ

勇者である勇者(DQ4)がレベル37で習得する。バトルメンバー4人全員がMPを15ずつ消費し、敵1体に300~350のダメージを与えるのだが、MPを持たないライアンアリーナトルネコがいると唱えられないというかなり問題のある呪文となっている。何しろ今作はアリーナが最強であり、会心の一撃製造機になっているので、アリーナを馬車に入れるデメリットの方が遥かに大きい。

また、バトルメンバーが3人以下だったり、ミナデインを唱える前に誰かが戦闘不能になると不発に終わってしまう。勇者がミナデインより先に覚えるギガデインを使い、他のバトルメンバーがバラバラに攻撃した方が普通はダメージが出ることもあり、初出作品にも拘わらず使う場面が全くないという不遇な呪文となってしまっている。例として敵単体攻撃呪文のメラゾーマは消費MP10で180前後のダメージを与えると言えば、ダメージもMP効率の悪さも窺えるだろうか。せめてダメージが500台ならばまだ使えたのだろうが。

ちなみにクリフトブライマーニャミネア以外にも、パノンルーシアといったMPを持つNPCキャラクターがバトルメンバーでも使うことは可能。まぁ習得レベルの関係上まずお目にかかれる機会は無いのだが。

ドラゴンクエストⅤ

本作も勇者が使う呪文であり、主人公(DQ5)息子がレベル38で習得する。ライデインとギガデインを習得する仲間モンスターが登場し、デイン系の使い手が増えたことでミナデインだけが勇者専用呪文となった。本作はバトルメンバーが3人な上に消費MPが10になったので相対的には強化されているが、結局他のキャラクターが行動出来ないという致命的な欠陥がそのままなのでやはり使い辛い。しかも、呪文を重複して発動させるやまびこのぼうし+メラゾーマが余りにも強力。ちなみにやまびこのぼうしと併用しようにも、装備出来ないというオチが待っている。

リメイク版ではやまびこのぼうしが削除されたことで相対的にマシになったかと思いきや、バトルメンバーが4人に戻ったことでやはりどうにもならない。しかも威力は据え置きという。挙句の果てにはプチヒーローがレベル60で習得することになったことで、勇者専用呪文という立ち位置すら消えてしまった。酷過ぎる。

ドラゴンクエストⅥ

勇者が誰でも転職可能な職業となったことで、全ての仲間キャラクターが覚えられるようになった。とはいえ、基本的には主人公(DQ6)が最初に覚えることが出来る。ダメージが600~700と、なんと威力が倍増した。また、必ずターンの最初に唱えることが出来る。しかし最大の他キャラクターが動けない欠点はそのまま。しかも今作は特技がやたらめったら強いせいで、せっかく倍増した威力よりも簡単に高いダメージが出せてしまう。とはいえ、今作では前作で出来なかったやまびこのぼうしとの併用が出来るので、1200以上もの大ダメージを出すことが可能なので、全く使えないということは無くなった。まぁそこまでやっても、高レベルになると4人それぞれが特技を使うことでそれ以上のダメージが出せてしまうのだが。

リメイク版ではやまびこのぼうしは削除されなかったものの、発動対象外にされるという謎の弱体化を受けた。強過ぎる訳でも無いのにこの弱体化は酷い。

ドラゴンクエストⅦ

前作同様、転職して誰でも習得可能になった。まぁ今作で転職可能な仲間は5人だけだが。しかし相変わらずの特技優遇で、ミナデインより先に覚えていても不思議でないアルテマソードで500ダメージ以上出せてしまうため、全く話にならないというレベルになってしまっている。なんでダメージを据え置きにした?

一応本作もやまびこのぼうし対応なのだが、裏ボスである神さまを3回以上倒した後に行ける隠しダンジョンに行かないと手に入らないということで、その頃にはバトルメンバー全員がアルテマソードを使って2000ダメージ超えしててもおかしくない状況になってしまう。1200ダメージが基本でも使われるか怪しいので、調整が甘いとしかいいようがない。

リメイク版ではアルテマソードを使えるのはゴッドハンドという職業だけになったので、全員でアルテマソードなんて場面はまず無くなった。しかし、威力は相変わらず据え置きな上に、せっかく早めに手に入るようになったやまびこのぼうしに非対応となってしまった。ここまで来ると嫌がらせかと思ってしまう。

ドラゴンクエストⅩ

Ver.5のラスボスへのトドメとして世界中の人々の祈りの力を込めたミナデインが使用されたが、イベント用なので通常戦闘で使うことは出来ない。

ドラゴンクエストⅪ

呪文ではなく4人れんけい技となった。主人公(DQ11)がギガデインを習得することで使えるようになる。今作から全体攻撃になっており、威力はバトルメンバーの攻撃魔力の合計に依存し、最大ダメージは約1500とマダンテを除けば最強の威力を持った攻撃呪文に返り咲いた。れんけい技になったことで、他のキャラクターが自由に行動出来るようになったことで致命的な欠点がようやく改善されたものの、使用には戦闘メンバー4人がゾーン状態になっている必要があり、攻撃魔力の無い仲間が入っている状態で発動すると威力が伸び悩むので注意が必要。同じく4人れんけい技のギガバーストがあるが、こちらは威力は高いものの敵一体への攻撃となるので差別化はされているが、ギガバーストの方が使いやすいのは言うまでもない。

演出・メディアミックスでの扱い

『仲間の力を一つに合わせる』というドラマチックなイメージから、漫画作品では最後の切り札として重宝されている。
ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』や『ドラゴンクエスト 幻の大地』にて、多くの人の力を集めて放つ様子はまるで元気玉である。特にラスボス戦では世界中の人々の祈りを結集し、本来のスペックをはるかに超えた「正義の鉄槌」が放たれている。
またゲーム外ではメイン画像のようにMPを持たないキャラは武器の魔力を使用するという形で参加している。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ DQ
雷属性 ライデイン
切り札 元気玉

関連記事

親記事

ライデイン らいでいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミナデイン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミナデイン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118073

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました