2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:吉田奈穂(アニメ「アベル伝説」)/富沢美智恵(ドラマCD版)/沢城みゆき(ヒーローズ以降)
:山根海音(舞台「ライブスペクタクルツアー」)

概要

エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたRPGゲームドラゴンクエストⅣ導かれし者たち』に登場するプレイヤーキャラクターの一人。

第四章「モンバーバラの姉妹」の主役で、コーミズ村出身。
錬金術師エドガンの娘で、ミネアがいる。
歌と踊りの街モンバーバラにおいて、踊り子として大スターとなっている。

父親の弟子であり仇でもあるバルザックを討つ為に、妹と共に旅に出る。モンバーバラで有名になったのもその旅の途中のことである。
幸運にも仇バルザックを見つけ倒すことに成功したものの、黒幕キングレオに返り討ちにされ敗走を喫してしまい、助力してくれた父の助手オーリンの犠牲を得て海を隔てたエンドールに逃げのびることとなる。

第五章「導かれし者たち」では、エンドールでカジノに夢中になり、負けていたところを主人公と出会い仲間になる。

ストイックなミネアと異なり、性格は楽天家で奔放的且つ享楽的であり、高いところを好む反面暗く湿っぽい洞窟等は嫌っている。また酒好きで酒豪でもある。
そして、何と言っても無類な浪費家且つギャンブラーで、自身が踊り子で稼いだおカネとミネアが占いで稼いだそれをカジノに有るだけすべて注ぎ込むが、毎度毎度ギャンブルに大敗しスカンピンなオケラになって、ミネアに大目玉を喰らうのが日常茶飯事である。

センシティブな作品



容姿は腰まで伸びている髪に、艶やかな褐色の肌をしている。
また、抜群のプロポーションと踊り子であった為に肌の大部分が露出した、かなり扇情的な恰好をしている(まあ、踊り子の格好のまんまゆえなわけで……)。
彼女の服(踊り子の服)を間違ってもふんどしと呼んではいけない。

踊り子。
センシティブな作品



踊り子でありながら魔法の才能に恵まれており、火炎(メラ)系や爆裂(イオ)系、閃熱(ギラ)系を中心とする攻撃呪文が得意。同じく魔法使い系のキャラでも、氷(ヒャド)系呪文を得意とし攻撃と補助をバランスよく覚えるブライとは、良い意味で対照的。

小説版

久美沙織による小説では、彼女の一人称で第四章が語られる。

性格は一見あっけらかんとしているが、その実思慮深い。女にいい顔しか見せない女衒の本性を見抜いて遠ざけたり、師を助けられなかった事に苦悩するオーリンを諭して自分を許してもいい頃だと伝たりしている。
自身の美しさを理解しており、武器として使うしたたかさもある。
ミネアとは2つ違い。関係は良好だが、アッテムトで喧嘩した時は双方折れずに大変な事になった。とは言え長続きするものでもなく、すぐにお互い謝っている。
旅の中で、ライアンの事がなんとなく気になっている。バトランドの宴会で催された舞踏会では、そのライアンからパートナーに誘われ、見事な踊りを披露して称賛を浴びた。

エドガンは実父ではなく、元は旅のジプシー。ジプシーの一団が魔物に襲撃されて両親を失うが難を逃れ、死体あさりに来たオオカミに狙われるが、間一髪駆けつけたエドガンとオーリンに助けられた。
以後はエドガンの養子としてコーミズ村で暮らし、エドガンの研究を支援していたキングレオ王や城の人々から可愛がられて成長。ジプシーの慣習に従って踊り子になる事を決め、幼い頃からレッスンに明け暮れていた。
しかし発見した「進化の秘法」を禁術として封印しようとしたエドガンが、バルザックの裏切りに会い死亡。オーリンも瀕死となり、何も知らない姉妹の許を訪れたバルザックが貯蓄の合切を持って逃走する。直後に駆けつけたオーリンから事の真相を知らされ、怒りと悲しみの内に仇討を決意するが、まずは路銀を稼ぐ為にモンバーバラで働く事を余儀なくされた。

紆余曲折の末にバルザックを倒せたものの、キングレオには惨敗。城の地下牢に放り込まれたがミネアの治癒術で何とか回復し、そこで瀕死のキングレオ王と再会する。
王の口から、かのキングレオは彼の息子が悪意から魔物に変じたものであり、自分は追放されてここにいる事、「進化の秘法」を何としても封印しなければならない事、その為に勇者を探す必要がある事が伝えられる。そして病に侵されていた王は最後に「導かれし者たち」について教えた直後に事切れた。
脱出の際にオーリンとはぐれ、ミネアと二人でエンドールへと向かったマーニャ。
王女の結婚式で連日お祭り騒ぎになっている中で遊んでばかりいるように見えたが、その実勇者や導かれし者たちについて、様々な情報を聞き出している。

プレイステーション版で追加された設定

その後発売されたプレイステーション版ではキャラクターの会話が増えたりしたため、いくつかの設定が追加された。

  • 妹と違って子供の頃から木登りが得意で、かなりアクティブだったことが明かされた。
  • 自称「泣き顔はブス」。
  • 「男を選ぶ上では、顔と金だけは譲れない」と言ってはいるが、荒らくれ男がシスターを励まそうとしているのを見て「顔は不細工だけど泣かせる。やっぱり男は顔よりハート」とも発言する。なおいただきストリートによればククールのようなタイプは苦手で、バッシュのような渋い男が好みらしい。
  • 小説版と違い、ライアンの様な熱い性格は苦手。しかし彼が同僚にノロマ呼ばわりされた際には「言い返してやれ」と腹を立てる一面も。
  • モンバーバラの興業が歌と踊りであることには強い誇りを持っており、パノンが舞台の中心となりお笑いが人気を集めていた一頃はとても嫉妬していたほど。

客演作品

ドラゴンクエストⅨ

宿屋の客として登場。
特定条件を満たす事でマーニャの衣装、アクセサリーをもらう事ができる。

ドラゴンクエストヒーローズ/ドラゴンクエストヒーローズ2

1作目ではクリフトアリーナと共に客演しているが、妹のミネアは未参戦。ちなみに参戦時期はかなり遅め。
続編ドラゴンクエストヒーローズ2では新たに妹のミネアとトルネコと共演。最初はクレティア女王の刺客として登場し、プレイヤーの前に立ちはだかるが、途中で飽きてしまいパーティに加わる事に。
因みに普段の服装のせいか雪山の霊峰レーゲンを登山する事になった際はかなり寒がっていた。

ドラゴンクエストライバルズ

ユニットとして「不死鳥と大地の鳴動」から参戦。
レジェンドレアのユニットでカテゴリはミネアが扱う「占い師」。
妹はプレイアブルだが、姉妹揃ってようやくの参戦となった。
召喚時にはミネアとの掛け合いもある。バトルでは効果次第で「ドラゴラム」も披露してくれる。

いただきストリート

PSP版にてミネアと共に登場。意外だがミネアよりもランクが高い。

小話

CDシアターでマーニャを演じた富沢美智恵氏は、CDシアターのでは女戦士ステラを演じている。

ヒーローズ以降の作品でマーニャを演じる沢城みゆき氏は、Switch版以降のⅪSで氷の魔女リーズレットを演じている。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
灼熱のファイアーダンス
マーニャ姐さん(動画メイキング有)
マーニャ
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
まにゃさん
センシティブな作品
マーニャ
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

ドラゴンクエストⅣ ドラゴンクエスト4 ドラクエ4 DQ4
褐色 踊り子
勇者(DQ4) ライアン アリーナ クリフト ブライ トルネコ ミネア
モンバーバラの姉妹

関連記事

親記事

モンバーバラの姉妹 もんばーばらのしまい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1851737

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました