ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

ドラゴンクエストⅣ』の第4章「モンバーバラの姉妹」以降に出てくる悲劇


鉱山の町であるが、あるとき鉱山からおかしなガスが湧いて住人がバタバタと倒れたという。

4章でマーニャミネアが訪れた時には、大勢の住人がベッドに伏せていて、既に死亡者も出ていた。ガスの吹き出し口である坑道の入り口前には毒の沼地が広がっている。

どうやらが採れる見込みがあったらしい。


第5章「導かれし者たち」後半では、鉱山のさらに奥深くで魔王エスタークの眠る城が見つかったことが明らかにされる。


アッテムトのBGMは、本来ならば全滅時に流れる暗い音楽で、楽曲の陰鬱さがアッテムトの現状の悲惨さにさらに拍車をかけている。


この手の廃墟の街はドラクエでは毎回のように登場するが、

ことアッテムトに関しては「日々悪化し続けている」のが他の廃墟と一線を画す。


後日談として『ドラゴンクエストⅣ ワールド漫遊記』(エニックス刊 1991/4/12初版発行)では、怪我の療養を終えたオーリンが鉱山からのガスを利用して気球を量産する事に成功し、「気球の町」として見事な復興を遂げている。


関連タグ

モンバーバラ コーミズ キングレオ ハバリア

夕張市:かつて炭鉱があった、毒ガス発生時件が起きたなど、元ネタになったという説がある。

関連記事

親記事

モンバーバラの姉妹 もんばーばらのしまい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17079

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました