ピクシブ百科事典

勇者(DQ4)

どらくえふぉーのゆうしゃ

ゲーム『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』の主人公である勇者。プレイヤーは男勇者と女勇者のどちらかを選ぶ。
目次[非表示]

概要

エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたRPGドラゴンクエストⅣ導かれし者たち』に登場するキャラクターで17歳。物語全般の主人公であり、第五章以降で登場する。
かつてブランカの北に住んでいた木こりの男性と、天空から舞い降りた天空人の女性との間に生まれたハーフで、両親の所在については父は雷に打たれて命を落とし、母は天空に連れ戻されたとされている。

本人は自らの出生の秘密を知ることはなくブランカ北にある人里離れた山奥の村で血の繋がらない両親や村人に守られながら育てられていたが、同時にいずれ来る魔族との戦いに備えて、村を守る騎士や魔術師の老人から「勇者」としての訓練を受けている。
リメイク版では「序章」にて平和に暮らしており剣術稽古に励みながらシンシアと楽しく戯れている、幸せだった頃の主人公の姿が描かれる。

その悲惨な境遇から、憂いを帯びた陰のある雰囲気のイラストが比較的多い。

劇中の活躍

魔族の王ピサロに自分の住んでいる村を発見された事によって村を滅ぼされ、両親や家族同然の付き合いであった者達、そして大事な友人であったシンシアも失い、その仇をとるべく一人で旅立つ事になる。
旅の中で、自分と同じく導かれし者であった仲間達と出会い、彼らの支えを受けながらも勇者として成長していく事になり、アッテムトでは目覚めたばかりとはいえ、封印されていた地獄の帝王・エスタークを倒す事に成功している。

その後、狂気に駆られ進化の秘法を使って異形なる怪物と化したデスピサロとデスキャッスルを越えたデスマウンテンで対峙。最終的にデスピサロを打倒し、魔物に蹂躙されていた世界に平和を取り戻す事になった。

全てが終わった後、もはや残骸しか残されていなかった自分の故郷である村に戻った勇者は、思い出の花畑で命を落としたはずのシンシアと再会(マスタードラゴンが、勇者の活躍の褒賞として生き返らせたとされている)。再び会えた事を喜び会う中、そこへ仲間達が駆けつける形で物語は終わりを迎えている。

その血筋は遥か未来である続編『ドラゴンクエストⅤ』のその子どもたちに受け継がれたとされている。
子孫を残した相手は不明だが、男主人公の場合だと、シンシアとの間に生まれた子の子孫ではないかと推察されている。

性別が選べる主人公。


評価

これまでのドラクエシリーズの主人公の中でも、その境遇は「悲惨」といっても過言ではない。
勇者としての使命を与えられて生まれた結果、ピサロによって家族や友人、村の人々を殺され、たった一人で魔物の徘徊する外の世界へと投げ出されてしまった主人公は、ピサロへの復讐だけが生きる支えになるも同然で過酷な戦いを続ける事になっている。

しかし、どんなに魔物達と戦い、復讐を終えて世界が平和になったところで、他の仲間達と違って勇者には帰る場所がなく、また平和になった世界で戦う以外の生き方が出来るかどうかさえも分からず、その未来は殆ど絶望的でしかなかったのだが、それでも最終的には天空の世界に留まらず、仲間達と過ごした地上の世界へ帰る道を選んでいる事からも、その芯の強さが伺われる。
そんな勇者が、全てが終わった後に、たった一つの生きる希望としてシンシアを取り戻す事になったのは、数少ない「救済」と言える物だろう。
と思われたのだが…。

家族や友人を虐殺され故郷を滅ぼされた主人公よりも、その怨敵で身勝手な理屈で人間を滅ぼそうとしているピサロの方に対し判官贔屓に近い形で人気や同情票が集まるようになり、その結果、ピサロナイトを倒した事で間接的にピサロの恋人であったロザリーを死に追いやってしまった主人公の方が悪いという理不尽な非難を、一部の熱烈なピサロファンから受ける事になってしまっている。

更にリメイク版では、裏に黒幕がいたとはいえ、ロザリーを間接的に死に追いやった償いをさせられるかの様に、家族や幼馴染みを差し置いて、1000年に一度しか咲かない世界中の花でロザリーを生き返らせるという行いをするだけでなく、正気に戻ったピサロを仲間にして黒幕を倒しに行くという、下手すると主人公としての立場さえ失いかねない(主人公(笑)どころか主人公(悲)な)展開を迎えている。
家族や友人の仇であるピサロを討つ為に、過酷な戦いの日々を過ごし続けてきたはずなのに、生き返ったロザリーとイチャイチャしているピサロの姿を見せ付けられる主人公の胸中は、いかがな物なのだろうか…?

特徴

多くの武具を装備する事やギライオラなどの攻撃呪文、ベホイミベホマズンなどの回復呪文、マホステアストロンなどの補助呪文を使うバランスタイプで勇者専用のデイン系攻撃呪文やそして彼(彼女)のトラウマともいえるモシャスが使える(リメイク版ではギガソードに変更)。

ステータスは全体的にHP、MP、ちからが高いが、HPはライアン、ちからと素早さはアリーナ、MPはマーニャに劣り専門家の仲間には及ばない(DS版では最高レベルになるとHPはライアンを超える)。

山奥の村の人々

商人や農民など普通の人間と、剣士や魔法使いに代表される特殊な人間、そしてエルフで構成されている。小さいながらも平穏で豊かな村であったが、魔軍によって壊滅の憂き目を見る。

  • 両親:勇者の養父母。釣り好きで実直な父は陽気で料理上手な母と共に勇者を健やかに育てた。ピサロに攻め込まれた時、今まで実の親だと嘘をついていた事を詫びつつ勇者を逃がし、滅びる村と命運を共にした。
  • シンシア:勇者の友達でエルフ。男の子を選んだ場合はガールフレンド、女の子であれば気の良いお姉さんとして勇者に接して来る。モシャスの呪文で勇者の身代わりとなり死亡。
  • 騎士魔導士:勇者に戦術を教えた先生。好々爺の魔導士はライデインなど呪文を、騎士は勇者を鍛える一方で談笑を好むなどいずれも好人物。勇者を助けるために率先して魔族と戦い、戦死した。
  • 村人達:田舎訛りの農夫やおしゃべりを楽しむ老人、そして行き倒れの男を助けた宿屋の主人など勇者を優しく育んだ心の温かい人々。だが、その温情が仇となってピサロ率いる魔族の襲撃を招き、全員皆殺しとなってしまった。

山奥の村の南に住む老人

旅を始めた勇者が最初に出会う老人。話しかけると「一晩泊っていきやがれ」と、乱暴な口調で一泊させてくれる(無料。勇者が他のメンバーと合流した後も泊めてくれる)。ブランカ城に住む老人が「北の森(=山奥の村の南)にきこりの親子が住んでおり、息子は森の中で会った娘と結婚した後に雷に打たれて死亡し、残された父親は今でも1人できこりをしている」という話をするが、その父親がこの老人のことだと思われる。

実際に小屋の横にはお墓があり、更に天空城にこの時に息子と結婚した主人公の母親で天空人の女性らしき人もいる。これらの状況を繋ぎ合わせると彼は勇者の祖父ではないかという説がある。ただし公式発表はされていないため真実はわからない。4コマでは時折、勇者と老人の祖父孫水入らずなネタもあったりする。

リメイク版ではパーティの先頭にだれがいるかで呼び方も変わり、男勇者とクリフトホフマンとピサロは「ガキ」になり、女勇者とアリーナは「じょうちゃん」になる。また、ライアンとトルネコとパノンは「おっさん」、ブライは「じいさん」、マーニャとミネアルーシアは「べっぴん」と、性別や年齢で呼び方も変化しているが、いずれにしても一泊させてくれるのに変わりは無い。

大乱闘スマッシュブラザーズ

任天堂が発売するオールスターゲーム大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALに勇者名義で主人公(DQ11)が参戦するのだがそのカラーチェンジの1人として登場。しかし登場は男勇者だけで残念ながら女勇者は登場しない。詳しくは関連項目にて。

関連イラスト

男勇者

DQ4主人公
鬱蒼


女勇者

女勇者
DQ30th


共演

【DQ4】W勇者
Sing a song



関連タグ

ドラゴンクエストⅣ ドラゴンクエスト4 ドラクエ4 DQ4 勇者 男勇者(DQ4) 女勇者(DQ4)
緑髪 ハーフ 混血児 天空装備
ライアン アリーナ クリフト ブライ トルネコ マーニャ ミネア
ピサロ ロザリー シンシア

関連記事

親記事

ドラゴンクエストⅣ どらごんくえすとふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「勇者(DQ4)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 958789

コメント