ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ドラゴンクエストⅣ』の第2章のタイトル。

サントハイム王国のおてんば姫ことアリーナを抜け出し、脱出に気づいて後を追ってきた神官クリフトと魔法使いブライとともに国中を旅する。最後には隣国エンドールで開催中の武術大会に出場する…という内容。

本作では初になる、本格的な複数メンバーによるパーティバトルが繰り広げられる。第1章で培った基本的な進め方に、個性的なメンバーで構成されるパーティならではの戦術が要求される。


主な登場人物

サントハイムの。武術が大好きで、強い相手と戦いたいといつも願っている。


神官。アリーナ姫にひそかに思いを寄せている。


魔法使い。アリーナの教育係でもある。


  • サントハイム国王

アリーナの父。物語の途中で突然が出なくなる。


  • マローニ

詩人。美しい歌声の持ち主だが、その声の元には秘密があった。


  • メイ

旅芸人の娘。アリーナ姫のふりをしてサントハイムの国を旅している。


  • モニカ

隣国エンドールの姫。父親であるエンドール国王が武術大会の優勝者に姫を娶らせるとお触れを出したので困惑している。


エンドール武術大会の相手

PlayStation版では、物語が進んだ5章の移民の町にて移民として再登場することもある。

一番手で登場する巨漢の格闘家。ファミリーコンピュータ版では丸刈りのオッサン、リメイク版では『ドラゴンクエストⅢ』の男武闘家が肌脱ぎになったデザインとなっている。体力自慢だが動きが遅い。小説ではかなり出番が多い。


二番手で飛び道具使いの青年。ファミリーコンピュータ版ではブーメランの使い手、リメイク版ではクロスボウの使い手となっている。


三番手でバニー姿の魔術師。MP切れを起こさせ、力技で畳み掛けるのが上策。

PlayStation版の移民の町で再登場した際には「賞品であるモニカではなく、大会に出場してくる強い男を目当てに参加した」というトンデモない理由を語ってくる。


緑の鎧を纏った剣士。さまようよろいの色違いだが、攻守ともに優秀でやくそうで回復する難敵。『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場』では隣国ボンモールのリック皇子(モニカの恋人)の変装だと言うネタもあった。自信があったのにアリーナに負けたためか、その恐ろしさはトラウマになっている。


エンドール武術大会のラスボス。イエティの色違いであり、分身の術で4体に分かれたり火を吐いたりと多彩な技を使う。本物を攻撃しない限りダメージは与えられず、偽物に攻撃を加えると舌を出して「あかんべえ」をする。1Pコミックネタでは、敗れた後にカジノの新たなイベントとして採用されるネタもあった(残念ながらリメイク作品への逆輸入は叶わなかったが)。


アリーナ以前に5人抜きを達成していた人物。彼との対決が本来の最終決戦になる予定だったが、試合直前に失踪したため、アリーナは不戦勝扱いとなる。彼の正体を知っているプレイヤーならば失踪した理由は想像に難くないだろうが、4コマでは「恋人関連(恋人の誕生日に遅れそうだった、モニカ姫目当ての浮気と勘違いされた、など)」でのコメディ調な理由付けが多々描かれていた。


この章で訪れる主な場所

  • サントハイムの城

  • サランの町

  • テンペの村

  • フレノールの町

  • 黄金の腕輪の洞窟

  • 砂漠のバザー

  • さえずりの塔

  • エンドールの町

関連イラスト

おてんば姫の冒険サントハイマーズ。

サントハイム組ニャントハイムご一行

サントハイムの3人アリーナ御一行


関連タグ

ドラゴンクエストⅣ サントハイム エンドール武術大会


他の章タイトル

王宮の戦士たち 武器屋トルネコ モンバーバラの姉妹 導かれし者たち


レディストーカー:続・おてんば姫の冒険…になるかもしれなかったゲーム

関連記事

親記事

ドラゴンクエストⅣ どらごんくえすとふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421135

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました