ピクシブ百科事典

アリーナ姫

ありーなひめ

ドラゴンクエストⅣの登場キャラ・アリーナの通称。本項目では、アリーナ自身についても紹介する。
目次[非表示]

CV:吉田小南美(ドラマCD版)/中川翔子(ヒーローズ以降)
:中川翔子(舞台「ライブスペクタクルツアー」、ドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」)

概要

エニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたRPGドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』のキャラクター。
第2章『おてんば姫の冒険』の主役で、サントハイム王国の
初出は30年前と古いが、シリーズでも上位に入るであろう人気女性キャラ。ゲーム初版の発売時にはあまり公式側の各種メディアミックスでもプッシュされなかったが、(むしろ、当時はバブル期の流行的なマーニャミネアの「モンバーバラの姉妹」のほうがよほどプッシュされており、ゲスト出演や類似キャラが多かった)2000年代以降、キャラ趣向やデザインがむしろ現代的であることから人気が再燃し始め、メディアミックスにも反映され現在に至る。

人物

『おてんば姫』の異名の通り、活気に溢れやたらと腕っぷしが強く、格闘技に秀でている。
PS版では「この国いちのおてんば姫なんだから」と自分で言っているあたり、自覚はあるようだが、やはり何度も言われるのは苦痛らしい。

壁を蹴破る4秒前


窮屈なお城暮らしを嫌がり、ストレス発散なのか、自分の部屋の壁を壊した事がある。
自分の腕前を試す為、再び壁を蹴破って城から抜け出し、従者クリフトブライと共に旅に出る。

エンドールにおける武術大会で優勝をしたが、帰国した際にサントハイム城の住民が謎の失踪をしていた。その事件解決の為に、新たに旅に出る事となる。
ミントスの宿屋でクリフトの病気が回復後、同じ目的を持つ主人公に同行するようになる。
明朗活発な性格が災いして、周囲を振り回すこともあるが正義感は強く、困っている人を放っておけない優しい心の持ち主である。

容姿はカールした髪に、青色のとんがり帽子マントを着用し、ミニスカートの下に黒いタイツを穿いている。
リメイク版では外見に大きな変更は見られないが、PS版リメイクから耳にピアスをつけ、DS版リメイクでは更にベルトのバックルの模様が変わった(後者は宗教的な理由によるものか?)。

性能

すばやさが高く、加えて恐ろしい程高確率で『かいしんのいちげき』(会心の一撃)を連発するなど、その恵まれたステータスも相まって、DQシリーズ歴代の仲間キャラクターでも最強の一角を誇る。
いわゆる武闘家ポジションに相当する。
2回攻撃が可能となるキラーピアスを装備させればまさに鬼に金棒。
運が良ければ会心の一撃が2度も発生することも。
そのため彼女にこれを装備させ、メタル狩りに勤しんだプレイヤーも多いのではなかろうか。
さすがにDS版では多少発生率が修正されたが、それでも強力なことには変わりない。

弱点としては、装備できる武器が少ないことと盾を装備できないので、あまりタフではないことが挙げられる。だが本人は「強い武器があればそれでいい」と言っているあたり、あまりこだわりはない様子(プレイヤー的には悩みどころだが)。
中でも『鉄の爪』は大層お気に入りなようで、名前を聞くだけで「素敵な響き」とうっとりしている。
また故郷サントハイムは魔法国家であるが、彼女は呪文を一切使えない。

プレイステーション版

  • 1人っ子であるため、兄を欲しがっている。
  • 卵料理はしっかり焼いたものが、鶏肉はゆっくりふっくら焼いたものが好き。
  • 旅の扉が苦手。


CDシアター版

父「アルタス」や家臣の二人から武術大会に出ることを反対される。その時、父から『部屋に籠っていたら技術が鈍るだと? 日頃のお前の暴れっぷりは、何だというんだ!?』と質問される。その暴れっぷりはブライ曰く『兵士は、ぶっ倒すわ 壁はぶち壊すわ・・・産まれを間違えてしまったのかもしれない。』とのことである。 また、外の世界における何かを知らない状態のため盗賊が持っていた一振りのナイフに油断するなど未熟な一面が見られた。
エンドールの武術大会出場前に、クリフトとブライが資金を出して大会用に「鉄の爪」を購入してくれたことに感謝・装備し武術大会を制したが・・・?

小説版

久美沙織氏が執筆する小説版では、なんとボクっ娘である。

派生作品への登場

モンスターバトルロードシリーズ

スペシャルカード『ほしふるうでわ』・『キラーピアス』で登場。
このカードを使ってとどめの一撃を使うと、巨大な火の玉を放つ「閃光烈火拳」をする。
ちなみにこの技、『ダイの大冒険』で同じく武闘家ヒロインであるマァムの必殺技「閃華裂光拳(せんかれっこうけん)のアナグラムと考えられる。

ドラゴンクエストヒーローズ、ドラゴンクエストヒーローズ2

クリフトと共に参戦。
マントがスカーフ、タイツがスパッツになるなどコスチュームが変更されているが、アップデートで配信された闘技場バトルをクリアすることで従来のコスチュームにも変更可能になる。
2では原作に準じたコスチュームに変更されている。武器は小手

DQH_らくがきまとめ
本気で行くわよっ!



ドラゴンクエストライバルズ

プレイヤーキャラクターの1人として参戦。
「武闘家」という職業に属しており、「武術カード」などの低コストカードを用いた戦術が得意である。

いただきストリート

雷が苦手であることが明かされているほか、「DQ&FF 30th」によると、上記の壁を蹴破ってまで城を飛び出したかった訳は、本人曰く「特訓には狭かったから」であり、あのままだったら天井に穴を開けていたらしいとのこと。

余談

CDシアターでアリーナの声を務めた吉田小南美氏は、その後も同シリーズでは主人公の少年時代と主人公の息子バーバラを演じており、天空シリーズ皆勤となっている。

ヒーローズ以降の作品のアリーナ役のしょこたんこと中川翔子氏は、ドラクエのキャラの中だとアリーナの大ファンであり、担当になった時は相当嬉しかったとか。
また、中川氏はバラエティ番組「アメトーーク!」の「ドラゴンクエスト芸人」の回に出演した際もアリーナのコスプレをしていた。

関連イラスト

FOR GIRLS
てつつめ
後でね
アリーナ姫



関連タグ

ドラゴンクエストⅣ ドラゴンクエスト4 ドラクエ4 DQ4
王女 お姫様 お転婆 格闘家 女子力(物理)
勇者(DQ4) ライアン クリフト ブライ トルネコ マーニャ ミネア
クリアリ

プリンセスアリーナ:アリーナ姫を主人公とした外伝漫画。

マルティナ:ドラクエシリーズの僧侶系能力が全くない生粋な女子武道家兼お姫様繋がり。

マァム:ドラクエシリーズの女子武道家繋がり。ただし、アリーナ・マルティナと異なり、僧侶系能力がある。

ラプンツェル中の人が同じ、お転婆お姫様繋がり。

関連記事

親記事

おてんば姫の冒険 おてんばひめのぼうけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アリーナ姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1149277

コメント