ピクシブ百科事典

紋章を継ぐ者達へ

どらごんくえすとれつでんろとのもんしょうもんしょうをつぐものたちへ

正式タイトルは『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者たちへ~』。 『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』の続編。
目次[非表示]

「紋章を継ぐ者達へ」とは、『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~』のことである。

作品概要

作画藤原カムイ
脚本梅村崇
監修堀井雄二
連載ヤングガンガン(2004年12月3日(創刊号))~連載中
単行本28巻(既刊)


概説

月刊少年ガンガン」の伝説の冒険ファンタジー作品、その続編に当たる漫画。
執筆は前作から引き続き藤原カムイ氏が担当。

前作から25年後の世界を舞台に、前作よりもややダークファンタジーを濃くした作風となっている。
最大の特色は勇者オルテガの伝説の外伝「呪文」の存在とその成り立ちを焦点に置いたストーリーで、ロトシリーズをより全体的に包括する視点が存在することにある。
今作では「謎説き」要素が強く、冒険活劇としての前作よりも壮大な数多くの難問が山積している。

同時に中盤からからへのミッシングリング要素、さらにへの伏線ともいえる個所も登場し、シリーズ全体への穴埋めといえる設定も散見される。

あらすじ

異魔神(イマジン)が倒れてから25年……。
ある日、突如として呪文が地上世界・地下世界から消え去った
また翌日には、ラダトーム城の人々が一瞬にして消え去るという事件も発生し、世界を混沌と荒廃が支配し始めていた。
それから5年──。盗賊団【鷹の師団】に一人の少年がいた。その少年の名はアロス。
彼はラダトーム城事件の生き残りであり、また記憶を失っていた。そんな彼は地上世界から来たリーとユイに出会う。その出会いを機に、アロスは運命に導かれるように、自らの失ったものを求めて旅立ったのであった。
呪文が消滅した意味は? またラダトーム城の人々は一体どこへと消え去ったのか? 謎が謎を呼ぶ王道ファンタジーがここに!! 果たしてアロスは失ったものを取り戻す事ができるのか──?



関連タグ

漫画 RPG
ドラゴンクエスト ロトの紋章
続編

pixivに投稿された作品 pixivで「紋章を継ぐ者達へ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326

コメント