ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アレフガルドとは、RPG『ドラゴンクエスト』シリーズのうち、いわゆるロトシリーズに登場する重要な地域名である。最初を意味する「アレフ」と国を意味する「ガルド」を組み合わせて「始まりの国」を意味すると言われる。精霊ルビスによって作られた。
中央に島が一つある内海をかかえた島の集まりで、中央の島には大魔王ゾーマ竜王のラスボス二者が共に本拠地を構えていた。

上の世界にあるギアガの大穴へ処刑として投げ入れられた罪人や、投身自殺を図った者たちの子孫が住まう国であり、当初の大穴を抜けてこの地へ降り立った上の世界の住人から見れば一つの死後の世界のような空間と言える。

世界の規模はシリーズでも最小クラスで、1つの大国の他は小さな村が点在する程度と、他のシリーズにおける一大陸に近い。
公式でも、ドラゴンクエストビルダーズの舞台をアレフガルドにした理由として、世界が小さいからと明言されている。

ドラゴンクエストⅠ

ドラクエ1の竜王の城


登場した当初であるFC版の時は、カタカナの制限があったため、この地名は出てきていないが、取扱説明書や公式ガイドブックには町、ダンジョンの地名が記載されている。
冒険できる世界全体でアレフガルドである。竜王の猛威にさらされている。
冒頭で述べたように、ラスボス竜王が中央の島に城を構えているが、スタート地点であるラダトーム城からすぐそこに見えるのが特徴。ただし、到達できるのは長い冒険の末である。

ドラゴンクエストⅡ

アレフガルドの周辺を含めた広い世界が冒険の舞台となっている。アレフガルドには中盤に訪れることになる。ゲーム中の面積はⅠの約四分の一となり、ほとんどの町やダンジョンがなくなっている。竜王のひ孫が住んでいる。

ドラゴンクエストⅢ

ゲームの最終盤に訪れることになる。

暗黒の大地


大魔王ゾーマの手により、永遠の夜に包まれており、「闇の世界アレフガルド」と称される。主人公によって光を取り戻すこととなる。
船を使ってもアレフガルドの外に出る事はできず、DQ7の石板世界のように世界から切り離され封印された状態になっている。

キャラバンハート

Ⅱと同じ世界が冒険の舞台であるが、数百年の時代を経ている。
アレフガルドは当初、封印され海没した状態である。

関連タグ

ドラゴンクエスト

関連記事

親記事

ロトシリーズ ろとしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アレフガルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75438

コメント