ピクシブ百科事典

復活の呪文

ふっかつのじゅもん

ドラゴンクエストI〜IIに存在したパスワード。数々の悲喜劇を生み出した。
目次[非表示]

復活の呪文(ふっかつのじゅもん)とは、中断したゲームを再開するためのパスワードの、作中の呼び名。『ドラゴンクエスト』シリーズにおけるものが有名。他に、『月風魔伝』などでもそう呼ばれる。

概要

バッテリーバックアップによるセーブ機能がなかった『ドラゴンクエストⅠ』、『ドラゴンクエストⅡ』で採用された方式。特定の文字の羅列を入力することで、今まで進めてきた所から再開できる。復活の呪文自体は王様、教会の神父などから教えてもらう。

パスワードさえ知っていれば、突然のセーブデータの消失に悩まされず、好きな地点からやり直しできることと、SNSなどで共有も可能なのが唯一のメリットといえる。また、別のカセットでもゲームを再開できるので、友達の家で自分のゲーム進行を披露することもできる。
さらに、パスワード方式ならではの利点として、裏技的にいきなり強い状態からスタートすることもできる。中でも主人公の名前が「もょもと」になる復活の呪文は有名。

みんなのトラウマ
デメリットは何と言っても中断するたびに毎回長いひらがなの文字列を紙などに正確に写す必要がある点だ。
『ドラクエ1』では最大20文字であるが、『ドラクエ2』では最大52文字となっており濁点なども混じる中、それを正確にメモする必要があり、1文字でも間違うと「ふっかつのじゅもんがちがいます」と言われ、ゲームを再開できなくなる。

さらには当時のTV画面(RF入力)はアナログ信号故ににじみやすく((当時10万円以上した)パソコン用モニターなら滲まなかったが、初期のファミコンにはデジタル出力(RGB端子)がなかったので接続不可能)、ぱ行とば行などの同じ文字の濁点・半濁点の区別や、「ぬ・め」など形の似た文字の見分けが付きにくいのも書き間違いを起こす要因となっていた。

現在なら携帯電話とかで写真を撮ればいいという考えになるが、当時そんな技術があるぐらいなら冒険の書なんて要らないわけで…(ファミコン時代のドラクエはデジカメ写真1枚分=1MBにさえ満たない、小容量で作られている)。
当然、当時はノートなどに筆記する他はなく、写し間違えてせっかく進めた努力が無駄になるというトラブルは、当時リアルにやっていた人なら体験したことがあるだろう。

また、無事に書き止められたものの、そのメモをゴミと間違えた母親に捨てられてしまうと言うトラブルも多くの人が体験していると思われる。当時はメモに「チラシの裏」を使うことが多かったのも原因の一つだ。

待望のセーブ機能、そして…

ドラゴンクエストⅢ』からバッテリーバックアップにより、冒険の書というセーブ機能が付いた。メモを取る必要がなくなり、プレイするのが楽になった一方で、カートリッジ内のバッテリー切れや、「おきのどくですが」という新たなトラウマが発生した。

なお、『モンスターバトルロードビクトリー』のように、以降の作品にも特別要素として復活の呪文が登場している。

都市伝説

ドラゴンクエストが発売されたのは1986年(昭和61年)5月27日。しかしそれ以降に起こった出来事を予言したような復活の呪文を有志が次々と発見されている。
関連リンク
…まぁ実際は、無理やり探し当てたものだが。
現在はパスワードが完全に解析されており「ふっかつのじゅもんジェネレータ」を使えば、好きな言葉の入ったパスワードを作れるようになっている。「もょもと」もその一つ。

関連イラスト

復活の呪文が違います。



関連タグ

ドラゴンクエスト(DQ/ドラクエ) ドラゴンクエストⅠ ドラゴンクエストⅡ 
もょもと パスワード コンティニュー セーブ ロード
水上麻衣

表記ゆれ

ふっかつのじゅもん

関連記事

親記事

ロトシリーズ ろとしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「復活の呪文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247335

コメント