ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ここは、トランスフォーマー(G1)の概要…

1985年から86年にかけて放映された、ロボット生命体達の抗争を描いた海外アニメ『トランスフォーマー』シリーズの記念すべき第一作。米国のアニメ会社「マーベル・サンボウ・プロダクション」が製作、日本の東映動画が作画を担当した。


米国では一足早く1984~86年に『THE TRANSFORMERS』のシーズン1~2として放送された。キャラクターや組織の名前、エピソードの放送順、セリフの内容など、日本版とは細かな違いが

多数ある。


アメリカの放送規制により戦闘シーンや襲撃シーンでは一人も死者が出ず、乗り物が爆発する寸前に脱出する場面があるなど、誰でも気軽に楽しめる作風に仕上がっている。


また、その他には…


……等々、ネタ的な伝説においては枚挙に暇がない。

このためTFシリーズにあまり詳しくない人の間でも(主にネタ方面で)有名だったりする。

ただしこれらの演出は当時の「面白ければ勢いでなんでもOK」というアニメ制作の風潮が後押しした部分もある。

また、正義の味方の過激な発言や行動などは海外作品ではある意味当たり前の演出(ヒーローもまた一人の人間、個性を持つ者であるということ)であり、それが人間味を与えているとも言える。


TFシリーズのディープな好事家にとっては、作画・演出ミスが多いことの方が遥かに重要。

場面によってはナレーターまで変な発言をすることがあり、作品のカオスぶりに拍車をかけて

いる。


作風としてはバラエティ豊富なエピソードからシリアスなエピソードもあり、トランスフォーマーと人間、他の異星人たちとの交流、サイバトロン同士のいがみ合いと助け合いで芽生える友情、そして、各登場人物による群像劇が本作の基礎となり、以降のシリーズでも受け継がれていく。


トランスフォーマーのアフレコは基本的に二本撮りであり、政宗一成曰く、出演者は毎回ヘトヘトになって帰っていたという。また、堀内賢雄速水奨によると「男ばかりの現場」ということで、テンションが高いうえにみんなピリピリしていたため非常に印象に残っていたとのこと。


さて、今日のあらすじは……

はるか昔、超ロボット生命体「トランスフォーマー」が住むセイバートロン星では、平和を愛するサイバトロンと、武力による惑星の統治を目指すデストロンの2つの種族が永きに渡り戦争を続けていた。この戦争の影響によって、セイバートロン星のエネルギーは枯渇しようとしていた。


サイバトロンは総司令官コンボイの指揮の下、外宇宙へのエネルギー探索を開始。

デストロン軍団、破壊大帝メガトロンの指揮下で、これを妨害すべく追撃を開始する。

宇宙空間での戦闘中、双方の宇宙船が「とある惑星」の重力に引き寄せられてしまう。

両宇宙船はその惑星に墜落。彼らは全員、機能を停止した。


それから400万年後、火山の噴火のショックでサイバトロンの宇宙船アーク号のコンピューター

が再起動。生命再生装置により、「その惑星」の到る所にあるエネルギーを蓄えられ

た物体の姿を変え、復活を遂げた。

メガトロン等デストロン軍団が先に復活し、地球の資源を奪い、地球を我が物にしようと坑道を

開始する。が、ここでアクシデントが起きる。

デストロンの№2、航空参謀「スタースクリーム」の手により、不可抗力ながらサイバトロンも

復活したのだ。


メガトロン率いるデストロンの宇宙支配の野望を阻止するため、サイバトロンは立ち上がった。


こうして、サイバトロンとデストロンは、地球を舞台に戦いを再開する事になった。


さあ、戦いだ!!


登場人物

サイバトロン

総司令官コンボイ

CV:玄田哲章

誰もが知っているサイバトロン総司令官。

トレーラートラックに変形するが、実は本体は運転席の部分のみであり、

コンバットデッキ(荷台の部分)は毎回どこから来るのかは謎である。

「ほぉぉぉぉぉぉ!!」と悲鳴をあげながら崖から転がり落ちたり、

重傷を負って治療中なのにサイバトロンのザル警備をくぐり抜けてきたコンドルに強襲されて爆発したり、ビルドロン軍団に全身バラバラに解体されるなど、視聴者を飽きさせないために体を張ってエンターテイメントを提供する。

私にいい考えがある


マイスター副官

CV:片岡弘貴堀内賢雄

ビークルモードはポルシェ935ターボ。地球の文化に馴染んでいる。

コンボイ司令のフォローによく回っている。声がかっこいい。

「私達は神じゃないがね、もちろん助けてあげるとも!」


アイアンハイド

CV:速水奨

警備員を担当するが、ザル警備なのはご愛嬌。

デストロンは引きずりおろして細切れにするサイバトロン赤組筆頭。

日産チェリーバネットに変形する。

「赤いサイバトロン戦士は大体口が悪い」という法則を打ち立てた一人であり、「血祭り」で有名なクリフ以上に乱暴な台詞を吐きまくっている。

「デストロンめ、よぉし、引きずり下ろして細切れにしてやる!!」


ホイルジャック

CV:阪脩

サイバトロンの技術者で、関西弁で喋るマッドサイエンティスト。

ビークルはランチアストラトスターボ。

彼の発明品は役に立つものからはた迷惑なものまでなんでもござれ。

彼が主導で開発したダイノボットはサイバトロンの戦力として大いに活躍した。

「なめたらあかんぜよ!!」


ハウンド

CV:堀内賢雄

J59ウイリスジープに変形。地球の自然が好き。

自慢の鼻とセンサーでデストロンの匂いを察知して偵察し、さらにホログラムを利用して分身を投影したりすることも可能。

「この自慢の鼻で嗅ぎつけて見せますとも!」


リジェ

CV:喜多川拓郎

姿を消すことができる超A級のスナイパー。この透明化能力を最大限に利用して要所要所で活躍した。 一日も早いセイバートロン星への帰還を望んでいる。リジェJS11に変形。

「すみません司令官、船が満員だったモンで」


バンブル

CV:塩屋翼

小柄なミニボット部隊の一員で、スパイクの親友。

変形するビークルはフォルクスワーゲンビートル

メンバーの中では弟分のような存在で人間キャラと良く絡み、スパイク、スパークプラグと仲が良い。なお結構な毒舌家。

「そこで永遠に冷たくなってな!」


クリフ

CV:喜多川拓郎

小柄なボディに似合わず好戦的なサイバトロンの赤組。

深紅のボディや気性の荒さが似ているからか、時折アイアンハイドと同一視されることもある。

ポルシェ924ターボに変形する。

「デストロンの奴らを2、3人、血祭りにあげてきます!」


ランボル

CV:片岡弘貴島香裕

ラフファイトを好む赤組。

ビークルはランボルギーニカウンタックLP500。

背部のロケットブースターで飛行可能。「赤いサイバトロン」に比べると若干おとなしめな方。

「つまり村人達が邪魔をして通れないなら、その下を行けばいいって理屈だろ?違う?」


サンストリーカー

CV:堀内賢雄、喜多川拓郎(第7話)、難波圭一(第19話、第47話)、片岡弘貴(第31話)、城山知馨夫(第49話)

ランボルの双子の兄弟。カウンタック改造車に変形する。

かなりのナルシストで人間にはあまり好意的ではない。

「くそーっ、よくも塗装を剥がしてくれたな!」


ラチェット

CV:江原正士

口の悪い軍医。

アイアンハイドと同型の救急車仕様のチェリーバネットに変形する。

「怪我人は黙って、発声回路切っちまうぞ!」


スカイファイアー

CV:阪脩

スタースクリームの旧友。

大人の事情により、日本語版において登場するのは終盤となる。

「パーティーにお邪魔してもよろしいかな?あいにく招待状は持っていないが」


ダイノボット部隊

グリムロック

CV:喜多川拓郎

ホイルジャックによって造られたダイノボット部隊のリーダー。

T-レックスに変形。傲慢かつ自惚れが強いが、実際かなり強い。

「ヨワいリーダーイラナイ!ハカイする!」


スラッグ

CV:石井敏郎、江原正士(第29話)

ダイノボット部隊員

「オレ、スラッグ…敵と、戦いたぁい!」


スラージ

CV:堀内賢雄

ダイノボット部隊員

「オレ、スラージ……一番強いリーダーに……いつでも従うぅ」


スナール

CV:城山知馨夫

ダイノボット部隊員

「オレのナマエ、スナァァァァルゥゥゥ!」


スワープ

CV:塩屋翼

ダイノボット部隊員

「オレ、スワープ、イブクロなくてヨかった」


デストロン

破壊大帝メガトロン

CV:加藤精三

ワルサーP38に変形する。宇宙征服を企む悪の理想の上司

悪の親玉ではあるが大変心の広いお方で、スタースクリームの裏切りをこの愚か者め!!と一喝する程度で許す。通称「慈愛大帝」

「へなへなレーザー」「不細工なずんぐりむっくり野郎」などといった珍妙な発言している。

まったくこのスタースクリームめ!


防衛参謀レーザーウェーブ

CV:島香裕

メガトロンの忠臣にして留守番係。レーザーガンに変形。

「どうかお気をつけて、メガトロン様」


情報参謀サウンドウェーブ

CV:政宗一成

ポータブルカセットプレイヤーに変形。部下のカセットロンを胸部に収納している。

「メガトロンサマに言イツケル!」


光学情報兵リフレクター

CV:塩屋翼、難波圭一(第62話~)

口を開く時は常に一緒なスペクトロ、ビューファインダー、スパイグラスの三体が合体してカメラになる。影が薄い。

「「「サイバトロンたちが蘇ったそうだな」」」


ジェットロン

デストロンの航空戦力。F-15に変形。


航空参謀 スタースクリーム

CV:鈴置洋孝

ジェットロンのリーダー。

デストロンナンバー2(笑)の航空参謀。F15戦闘機に変形。

ジェットロン部隊の隊長も勤めるが、部下達には上官と思われていない。

野心家で隙あらばデストロンのニューリーダーになろうとしているが失敗ばかりで、メガトロンとのやり取りはもはやコント。

南の島に流された時に島に埋まっていた戦闘機や戦車を発掘してコンバットロン部隊を産み出した。

「今日から俺様がデストロンのニューリーダーだ!」


航空兵スカイワープ

CV:江原正士

ジェットロン部隊の紫の方で子供が苦手。その名の通り瞬間移動ができるが、あまり使わない。

「スカイワープ、ただいま参上ォ!これでもくらえーぃ!」


航空兵サンダークラッカー

CV:島香裕

ジェットロン部隊の水色の方。デストロンの宇宙征服には懐疑的。

「ああ、メガトロン様もそれを聞いて、驚きのあまりヒューズがぶっ飛びそうだったってよ」


地球人

スパイク・ウィトウィッキー

CV:速水奨

コンボイ達と知り合ったアメリカ人の青年。一般人のくせに、小さめのトランスフォーマーとそこそこ戦えるほど強い。サイバトロンの作戦行動にも同行し、バンブルに同乗する事が多い。

「あーっ!助けてぇぇぇ!!」


スパークプラグ

CV:石井敏郎

スパイクの父親。息子共々サイバトロンの良き協力者として活躍。

「ワシにはわからんよ!」


チップ・チェイス

CV:難波圭一

スパイクの親友。下半身不随で車椅子に乗っているが、天才的頭脳と行動力を持つ。

「大変だ、司令官は中枢部をやられた!きっと爆発してしまうよ!!」


カーリー

CV:高島雅羅

スパイクがゲームセンターで出会った行動力のある女性。

女だてらに強さと時にホイルジャックすら上回る天才的頭脳という、破格の能力を持つ。

「メガトロンが装置を改良するのを見てて、あのビーム射出システムが単純なワイヤークロス方式だってことがわかったの」


ラウル

CV:堀内賢雄

ニューヨークに住む車泥棒の青年。トラックスブロードキャストの友達。

「まったく、たいした友達だぜ」


Dr.アーカビル

CV:石井敏郎、城山知馨夫

かわいそうな悪の科学者。

「ワシは天才科学者アーカビル、ワシより偉い人間はいない、開け岩!」


各話リスト

話数サブタイトル
1地球への道
2ルビークリスタルの秘密
3地球脱出!
4スペースブリッジ作戦
5メガトロンの帰還
6SOS!サイバトロン
7ダイノボット誕生!
8謎の巨大隕石
9地球消滅計画
10セイバートロン星の掟
11フランケンシュタイン・スパイク
12ソーラーエネルギーを盗め!
13リジェの裏切り
14イモビライザー
15アトランティス浮上!
16ナイトバードの影
17対決!ダイノボットPART1
18対決!ダイノボットPART2
19マスタービルダー
20インセクトロン・シンドローム
21二人のコンボイ
22スチールシティ
23ネガベイターを奪え!
24ミクロの決死隊
25メガトロン地球征服作戦PART1
26メガトロン地球征服作戦PART2
27ダイノボットの逃亡PART1
28ダイノボットの逃亡PART2
29タイムトラベラー
30ゴールデンラグーンの秘密
31スカイゴッド
32戦士トラックス
33サバイバル作戦
34オメガ・スプリームの秘密
35ギャンブル惑星モナカス
36令嬢より愛をこめて
37パニック・ザ・クレムジーク
38トリプルチェンジャーの反乱
39チルドレン・プレイ
40アルファートリンを探せ!
41ベクターシグマの鍵PART1
42ベクターシグマの鍵PART2
43変身の泉
44ホイストハリウッドへ行く
45突撃エアーボット
46ヨーロッパ横断特急
47恐怖のコスミックルスト!
48デバスターを倒せ!
49ブロードキャスト・ブルース
50ターゲットはコンボイ
51ブロードキャストVSサウンドウェーブ
52スタースクリーム軍団
53ブルーティカスの攻撃
54ブルーティカスの復活
55ひきおこされた戦争
56マスカレード
57スカイファイアーの再生
58インカの秘宝
59インセクトロンの謎
60トランスフォームを止めろ!
61破滅の日PART1
62破滅の日PART2
63破滅の日PART3
64サイバトロンの逆襲
65コンピュータの反乱


関連イラスト

一枚絵

メガ様とクレムジーク\さあ!潜入だ!/

映画出たがり屋崖から落ちた司令官を助ける図

4コマまとめ詰め合わせ

戦え!超ロ〈略)トランスフォーマー4コマTFログ

4コマでわかるサイバトロンTFらくがき【TF】




関連タグ

トランスフォーマー ロボットアニメ

玩具 原点にして頂点 全ての始まり全ての元凶) カオスアニメ

初代ザ・ムービーor2010ザ・リバース

ザ☆ヘッドマスターズ(日本版)


G.I.ジョー・・・・・・世界観が共通しており、アメコミでは共演している。

関連記事

親記事

トランスフォーマー とらんすふぉーまー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1019575

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました